2012年12月に購入した全ソフトリスト Cinema Kingdom Blog

2012年12月に購入した全ソフトリスト Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 2012年12月に購入した全ソフトリストHOME > DVD、BD、HD DVD > 2012年12月に購入した全ソフトリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012年12月に購入した全ソフトリスト

ちょっとご無沙汰致しました。
忙しかったり、眠かったり、ちょっとトラブったり、面倒だったりで、
二週間更新しておりませんでした。(汗)
気が付けば、早くも大晦日、落語で云えば「大晦(おおつごもり)」ですよw。

さて、今月も購入したソフトをメモっておきます。

■国内盤










太陽の帝国(2枚組) [Blu-ray]
テルマエ・ロマエ Blu-ray豪華盤(特典Blu-ray付2枚組)
ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊
 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]

落語研究会 柳家小三治大全 上(DVD)

太陽の帝国 - Wikipedia
映画『テルマエ・ロマエ』公式サイト
映画『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』

「太陽の帝国」はフィルムの質感が色濃い、そこそこのレストアぶりでした。
僕がはじめて買ったLDがこの「太陽の帝国」でしたw。
その後、DVD版も買いましたが、BD版もメイキング映像が豊富で嬉しかったです。
この作品のロケが行われた頃の上海は、
どこから撮ってもほとんど戦前の上海のままの風景でしたが、
この後に中国共産党の改革開放政策が始まって、市場経済(もどき)が導入された結果、
現在の上海は、奇抜なデザインの摩天楼が林立する、
まるでSF映画に登場する近未来都市のような様相ですから、
まったく変われば変わるものですよねぇ・・・。
(最近の映画ですと『007 スカイフォール』で最新の上海が見れます)
ただ、この作品のために建設された戦前・戦中の上海の町並みは
現在も撮影所のセットとして保存されており、その後も多くの撮影に使われています。
例えば、邦画だけでも「帝都大戦」や、織田裕二主演の「T.R.Y.」、
金城武主演の「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 」、堤真一主演の「魍魎の匣」などで、
戦前の上海や(飾り付けを変えて)昭和初期の東京として使われました。
今作は、まだ12歳前後だったクリスチャン・ベールの世界デビュー作ですが、
彼の最新作である「ダークナイト ライジング」と同じ月に観ますと
なかなか感慨深いものがありますw。

次は、昨年の実写邦画で上半期最大のヒット作となった「テルマエ・ロマエ」です。
先月発売のソフトですが、購入を迷ってカートに保存していたのを
良い評判を信じて思い切って買いました。
どうせならと、安い通常版ではなく、特典映像満載の豪華版にしました。
原作のマンガはすでに全巻読んでおりましたし、アニメ版も見ておりました。
映画版は中盤までは原作の3巻くらいまでの印象的なエピソードを
比較的忠実に実写化している印象でしたが、中盤以降は映画版ならではの
オリジナルな展開にアレンジされていました。
ギャグ満載の前半部分の評判は良かったですが、後半部分は賛否両論だったようです。
ただ、現在のマンガ版は、映画版の後半に影響を受けたかのようなストーリー展開に
なっていますので、原作者的な評価は高かったのではないかと想像します。
見終わっての感想は、「予想していたより面白かった」でしたw。
正直、チネチッタの古代ローマセットが使えていなければ、
TVドラマに毛が生えた程度の作品になっていたでしょうが、
チネチッタが使えたことで辛うじて「映画」になっていましたね。
本作のヒットは、チネチッタロケと主演を阿部寛が務めたことが勝因の全てでしょう。
原作者のヤマザキマリを含んだコメンタリーやメイキング映像が楽しかったです。

また、「ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊 3D & 2D」は
まだ未見なのですが、セールで半額になっていたので衝動買いしてしまいました。

今月は「アベンジャーズ 3Dスーパー・セット」(米国盤は購入済)と
「バイオハザードV リトリビューション ブルーレイIN 3D」も欲しかったのですが、
「落語研究会 柳家小三治大全 上」を予約した時点でキャンセルしちゃいました。
今年買った唯一のDVD-BOXですが、これだけで3万もしましたのでねぇ・・・。(苦笑)
まあ、元旦以降に注文し直すつもりですがw。

このままの調子でやっているとかなりの長文になりそうなので、
以下はタイトルのみ簡単に。(なんせ、年の瀬です)

■英国盤




The Dark Knight Rises (Blu-ray + UV Copy)
 「ダークナイト ライジング」(日本語字幕付)

Dial M for Murder (Blu-ray 3D + Blu-ray) [1954]
 「ダイヤルMを廻せ! 3D&2D 」(日本語字幕付)

The Sting Limited Edition Digibook [Blu-ray] [1973]
 「スティング」(日本語字幕付)


映画『ダークナイト ライジング』公式サイト
ダイヤルMを廻せ! - Wikipedia
スティング (映画) - Wikipedia


■ドイツ盤




Prometheus - Dunkle Zeichen (Blu-ray 3D Collector's Edition)
 「プロメテウス」(日本語字幕付)

Total Recall (Steelbook Edition mit Extended Cut) [Blu-ray]
 「トータル・リコール」(日本語字幕付)(特典ディスクには無し)


映画「プロメテウス」オフィシャルサイト
トータル・リコール - オフィシャルサイト

英国盤3タイトルと独盤2タイトルはすべて見終わりました。
いずれも基本的には国内盤と同じ仕様で、日本語音声と字幕が収録されておりましたが、
「トータル・リコール」の特典BDディスクのみ、どちらも未収録でした。
ただ、ドイツ盤だとは云え、リージョンフリーでしたので再生は出来ました。
それぞれの感想はまた改めて・・・。(苦笑)


【〆にちょっと反省(と後悔)】
今年は、書くタイミングを逸してしまったり、
書こうと思っていながら時間がなかったりで、
記事に出来なかったネタが結構残ってしまいました。
AV機器やソフト、映画のレビューはもちろんですが、
例えば、旅では6月の河口湖一泊旅行(山中湖、河口湖、朝霧高原、白糸の滝、富士五合目)と、
その帰り道に寄った「昇仙峡(しょうせんきょう)」と「ほったらかしの湯」の話や、
9月に行った「鎌倉・江ノ島」、11月に行った「軽井沢、鬼押ハイウェイ」から
数年後には八ッ場ダムの底に沈む「川原湯温泉」と「吾妻峡谷」を巡るドライブ、長瀞の紅葉、
などの記事と写真を上げることが出来ませんでした。
このままというのも残念なので、来年中には上げたいと思っております。
(写真中心の簡単な記事になるかもしれませんが・・・)

また、2012年の夏には終わらせようと思っていた
「あの花」全話分の巡礼記事の続きも結局4話分までで止まったままです。
主な写真は撮り終わっており、あとは記事を書くだけだったのですが、
なんだかんだと時間だけ流れてしまいました。
アクセス解析で、「あの花」関連の記事を書く度に、
アクセス数が落ち込んで行くのが分かるせいもあったのですが(苦笑)、
2013年の夏には劇場版も公開になりますし、数字なんか気にせずに、
どうにか春くらいまでには全話分上げたいと思っております。(苦笑)
一般人にはソップを向かれても、「あの花」好きの方々の中には、
僕の記事を楽しみにして下さっている方もいらっしゃいますのでw。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/31 07:55 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。