信州ビーナスライン 霧ヶ峰で避暑 Cinema Kingdom Blog

信州ビーナスライン 霧ヶ峰で避暑 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
HOME > スポンサー広告 > 信州ビーナスライン 霧ヶ峰で避暑HOME > 旅行・聖地巡礼 > 信州ビーナスライン 霧ヶ峰で避暑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

信州ビーナスライン 霧ヶ峰で避暑

8月4日、炎暑酷暑が続く地元を離れて、友人と
信州ビーナスラインに避暑に出掛けました。
海がなく、海水浴場までも遠い埼玉県に
住んでいることもあって、盛夏には、
海よりも涼しい高原に向かいたくなる性分です。
お隣の群馬県や長野県は高原の宝庫ですからねw。

帰宅後、過去の旅行記を検索してみましたら
ビーナスラインを訪れたのはちょうど5年ぶりでした。

■2007年8月1日~2日
信州ビーナスライン 美ヶ原
信州ビーナスライン 八島ヶ原湿原と霧が峰
白樺湖・女神湖・蓼科

今回は友人が買い換えたばかりの車で出掛けたのですが、
上信越自動車道に入る前の上里PAで一休みした時に
車のナビで「美ヶ原」を検索して、以後はその指示に従い
向かいました。

美ヶ原スカイライン


八ヶ岳中信高原国定公園「信州 美ヶ原高原」
美ヶ原自然保護センター

その後、初めて走る山道を経由して
美ヶ原自然保護センターとドライブインのある
駐車場に着きました。
しかし、ここから先は「一般車両通行禁止」の
標識が出ていて、車では直接ビーナスラインに
抜けられないことが分かり、愕然としました。

ここは僕が過去に何度か来たことがある、
ビーナスライン側の美ヶ原(山本小屋)の駐車場
ではありませんでした。
美ヶ原自然保護センター側の駐車場は、
ビーナスライン側の山本小屋の駐車場と
ちょうど対局の位置にあり、両者を結ぶのは、
一般車両は通行禁止の未舗装の砂利道だけで、
王ヶ頭ホテル前や牧場を通って行き来は出来るものの、
それは徒歩の場合に限られるのです。

改めてグーグルマップで調べてみますと、
美ヶ原高原美術館などがあるビーナスライン側の美ヶ原
に行くには、今来た美ヶ原スカイラインを逆戻りして
いったん山を降りて大回りしなければなりません。
佐久や小諸ICではなく、その先の東部湯の丸ICで降りろと
指示が出た時点で、おかしいなとは思っていたのですが、
往復で二時間以上の無駄走りを強いられることになりました。
馬鹿ナビのおかげでえらい災難です。
友人によると、ナビを信じて同じ災難に逢った方が
駐車場で愚痴を言っていたのを聞いたそうです。
美ヶ原からビーナスラインを霧ヶ峰・白樺湖方向に
向かおうとして、ナビで「美ヶ原」を検索したばかりに、
同じ被害に逢っている方が相当数いらっしゃるのでは
ないかと想像します。
検索結果でいくつかの候補が出てきた場合は
よくよく確かめて指示しないとえらい目に遭うと
実感しました。(苦笑)

この一件でナビを信用できなくなった僕らは
ナビをオフにして来た道を引き返しました。
ところが今度は曲がるべき峠道を曲がらずに直進
してしまい、松本郊外の美鈴湖畔に出て来て
しまいました。(汗)
ここまで来てしまっては、松本市街は目と鼻の先です。
友人に訊いたところ「松本は初めて」と云いますし、
当初の計画にはまったくありませんでしたが、
「では、松本城を観てからビーナスラインへ戻ろう」
ということになりました。

国宝 松本城


松本市公式観光情報ポータルサイト 「新まつもと物語」
 松本観光情報 : 国宝 松本城 by 塩原


国宝に指定されている城郭・天守閣はわずか四つだけで、
姫路城、犬山城、彦根城と、こちらの松本城になります。
僕が松本城を訪れるのは2006年以来になります。

松本で「ポセイドン」を観る(2006/06/05)

炎天下の松本城を後にし、市街地から国道67号を
ひたすら進んで、ビーナスラインとの合流点である
扉峠を目指しました。
途中、昼食に信濃蕎麦を食べたのですが、その時に
「もう美ヶ原は裏から見たからw、ビーナスラインに
入ったら、すぐに(反対方向の)霧ヶ峰に向かおう」と
相談がまとまりました。

霧ヶ峰

霧ケ峰のドライブイン「霧の駅」の駐車場に車を駐めて
牛乳ソフトクリームを舐めていますと、向かいの丘
(霧ヶ峰スキー場)を結構な数の人が登って行くのが
見えました。
思えば、あの丘の上には上がったことがありません。
そこで、友人を誘って登ってみることにしました。
丘の頂上へ続く道はゆるやかで、思ったほど苦では
ありませんでした。



霧ヶ峰自然保護センター

霧ヶ峰のこの辺りは標高約1,700mで、
真夏でも最高気温が25度程度にしかなりません。
すでに一日でもっとも暑い時間帯になっていましたが、
丘を抜ける風は、涼しく爽やかで、最高でした♪

頂上まで来ると、数機のグライダーと滑走路が見えました。
想像もしていなかったので驚きました。
グライダーは無音で滑空していますので、
今まで気付きませんでしたが、周囲や上空を注意して
眺めてみますと、飛行中のグライダーもありました。
帰宅後に調べてみましたら、霧ヶ峰高原は、国内における
「グライダー発祥の地」なのだそうです。





霧ヶ峰高原とグライダー | お知らせ | 諏訪市

シシウド


夏の霧ヶ峰と云えば、黄色いニッコウキスゲが咲き乱れる
ことで有名ですが、今年はすでにあらかた枯れた後でした。
5年前の8月1日の時点ではけっこう咲いていたのですが・・・。
そのかわり、今回は背の高いシシウドが目立ちました。
地味な花ですが、接写すると高原に咲く花火のようにも
思えて、結構綺麗でした。

霧の道


霧ケ峰高原道路ドライブイン - 霧の駅

車山


車山高原公式ホームページ

白樺湖


白樺湖,ビーナスライン周辺の観光サイト | 白樺湖ネット
信州/蓼科白樺高原観光協会

陽が傾く頃に白樺湖まで降りて来ました。
白樺湖では前回来た時に寄った日帰り温泉施設、
白樺湖温泉 すずらんの湯』で汗を流してから帰ろうかと
思っていたのですが、駐車場がひどく混んでいたので
佐久市周辺の温泉に入ることにして白樺高原経由で
下山しました。
本当は夜まで時間を潰して星を観たかったのですが、
雲が出て来て、あまり良い条件で見られそうになかった
ので、早めに引き上げることにしたのです。


ネットで佐久周辺の日帰り温泉施設を検索し、
今度こそナビを有効活用してw、近くの「布施温泉」へ
向かいました。

佐久 布施温泉


布施温泉 [ 信州佐久 望月 日帰り温泉 格安400円のくつろぎの湯 ]

こちらはなかなか立派な施設の割に、大人の入浴料が
たったの400円で、思わず二度見してしまいましたw。
山々と田園風景が望める露天風呂でたっぷり一時間以上
入浴してから帰路に着きました。
佐久南ICまでもすぐなので、白樺湖からの帰り道に
ひと風呂浴びるには最適な日帰り温泉ではないでしょうか。

失敗や思わぬ寄り道もありましたが、
やっぱり「暑けりゃ高原!〆に温泉!」ですよw!


大きな地図で見る


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/17 15:13 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。