2012年夏の「あの花イベント」(ANOHANA FES.)について Cinema Kingdom Blog

2012年夏の「あの花イベント」(ANOHANA FES.)について Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 2012年夏の「あの花イベント」(ANOHANA FES.)についてHOME > あの花 > 2012年夏の「あの花イベント」(ANOHANA FES.)について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012年夏の「あの花イベント」(ANOHANA FES.)について

最近、今夏(2012年)に開催予定の「あの花イベント」
(ANOHANA FES.)について検索していらっしゃる方が多いので、
現時点で分かっている情報は限られておりますが、
想像や推測を含め、ちょっと書いてみたいと思います。

2012年夏の「あの花イベント」の詳細については、
決まり次第、「ノイタミナ」とCAMPFIREのコラボ企画である
めんまからのスペシャル案内状」を通して
真っ先に告知されることになっております。
この案内状を送ってもらうにはCAMPFIREでパトロン登録をして
500円を支払わなければなりませんでした。(既に申し込みは終了)
僕自身はこの企画を知るとすぐに申し込みました。

その後、長いこと放置プレイでしたが、4月の半ばに
「5月中旬以降、郵送する」とのお知らせメールがあり、
CAMPFIREのメールフォームから発送に必要な住所・氏名等の
返信を致しました。

今月中旬以降、僕も毎日郵便受けを気にしているのですが、
いまだにそれらしきものは届いておりません。
しかし、もうすぐ6月ですから、さすがにそろそろ届くでしょう。
でもこの調子だと、夏イベントと云いながら、
また9月末か10月始めくらいにズレ込みそうな気もしますねぇw。



ここからは僕の勝手な予想なのですが、
今度の「あの花イベント」は秩父のミューズパークではなく、
5,000人から1万人クラスのキャパがある都内のホール
(例えば「東京国際フォーラムAホール」や「有明コロシアム」)
でやるような気がしています。
個人的にはまた秩父でやってほしい気持ちがありますが、
多くの人にとって便が良いのは、圧倒的に都心のホールでしょう。

昨年のイベントを企画した若いプロデューサー達は
初の野外ステージで大規模なアニメイベントを行うに際し、
解決しなければなかなかった設備上の問題や
運営面での段取りで、大変な苦労をされたとお聞きしましたし、
野外と云うことで天候への気苦労も相当なストレスだったはずです。
もし、また秩父ミューズパークの野外ステージを使用するとして
天候に恵まれ、花火まで打ち上げた昨年の感動を上回るイベントを
今年も行うのは、ほとんど不可能なんじゃないかと、
スタッフ側が真っ先に危惧して、「どこか都内のホールで」と
安易な方に日和っちゃうような気がするんですよねぇ。

宣伝担当のツイさんが「Anohana Fes.」直後のWebラジオで
「本当に大変だった。(今後)3年くらいは寝かしておきたい」
と冗談めかして語っていたくらいですから、それはそれで
無理もないと思うんですよ。
それに都心のホールの方が、
昨年のイベントとの趣向の違いが出しやすくなって、
結果的には「良かった」となるような気もしています。

それと、「5,000人から1万人クラスのキャパがある都内のホール」
と書いた根拠は、4月1日にニコ生で配信された「あの花ラジオ」
の中でツイさんが、「昨年よりも多くの人に楽しんでいただきたい」
というようなことをポロッとおっしゃっていたからです。
秩父ミューズパークの野外ステージの定員はパイプ席を含めて5,000名
ですから、もしこの野外ステージを使うとしたらもうこれ以上は入りません。
それもあって都内のホールを想定した上での発言なのかなと思ったわけです。
しかし、都内のホールでも5,000席を越えるキャパのあるところは
非常に限られています。
調べてみましたら、6,000、8,000、と云う客席のホールは存在せず、
5,000席の次は、いきなり「有明コロシアム」の10,000席でした。

また、こんなパターンも考えられます。
イベント自体は、昨年同様、ミューズパークの野外ステージか、
震災前の当初の企画ではANOHANA FES.会場となる予定だった
秩父の市民ホール「秩父市 秩父宮記念市民会館」(約1,100席)、
あるいは、都内の1,500席から5,000席くらいのホールで行い、
その模様を衛星を使って全国数カ所の映画館やイベント会場で公開、
あるいは個人向けにネット(「ニコ生」あたり)で生配信する
プランがあるのかもしれません。(もちろんどちらも有料で)
これなら会場の座席数を越えて、多くの人に楽しんでもらえますし、
またソフト化する可能性を考えても好都合でしょう。


まあ、そんな勝手な想像、妄想をする前に
「はたしてチケットは取れるか?」が、一番の問題なんですけどねw。




追記
6月6日に公式サイトのツイッターで
「めんまからの案内状」についてのお知らせがありました。
以下、転載です。

【お知らせ】「あの花2012夏イベント(仮)」ノイタミナ×CAMPFIRE企画「めんまからの案内状」をお申込頂いた皆様、お待たせして誠に申し訳ございません。今月中旬~下旬には発送できる見通しで現在鋭意制作中です。今暫くお待ち頂きますようお願い申し上げます。

6月中旬から下旬と云う事でまた1ヶ月、
夏イベントの詳細の発表が延びたかたちです。
これではマジに、イベント開催は早くて8月末、
普通に考えれば9月か10月頃になりそうですね。
イベントチケット優先販売申込券が封入されていた
「あの花」第一巻のDVD&BDが発売されたのが昨年の6月29日で、
フェス開催が9月25日でしたから、今年も9月末くらいに開催
されると考えて、まず間違いないのではないでしょうか。

追記
6月20日、「めんまからの案内状」が届きました。
詳しくは以下のページへ。

あの花夏祭「めんまからの案内状」やっと到着!

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/27 15:04 ] あの花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。