「ほっとすぽっと秩父館」で秩父乳業の牛乳ビンを購入! Cinema Kingdom Blog

「ほっとすぽっと秩父館」で秩父乳業の牛乳ビンを購入! Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 「ほっとすぽっと秩父館」で秩父乳業の牛乳ビンを購入!HOME > あの花 > 「ほっとすぽっと秩父館」で秩父乳業の牛乳ビンを購入!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ほっとすぽっと秩父館」で秩父乳業の牛乳ビンを購入!

昨日の5月5日(土)、秩父の芝桜を観たついでに
半月ぶりの「あの花」巡礼をして来ました。
久々の晴天でゴールデンウィークの最後の土曜日
ということもあって、秩父市内の幹線道路は大変な混雑でした。
「あの花」の聖地スポットにしても、定林寺や旧秩父橋などは
今まで行ったうちで最高の人出で、かなり混んでいました。
放送から一年も経っているにも関わらず、
改めて「あの花」人気の高さを実感してしまいました。

芝桜とその件については、また別の記事で書くつもりですが、
5月分のあの花クイズラリーの最後に「ほっとすぽっと秩父館」
に寄った際に、ずっと欲しかった秩父乳業の牛乳ビンが
売られているのを発見してしまいましたので、取り急ぎ
この分だけ記事にしてしまいます!



ご覧のように劇中の花に似た造花が挿してあって
透明の袋でラッピングしてあるものが、630円でした。
その時点(午前10時半頃)で2本しか置いてなかったので、
速攻でレジへ持って行きましたw。
レジで「これははじめて見ました。前から欲しかったんですよ」
と云いましたら「お客さんはお目が高いですよw。
意外と皆さん、気が付かないようなんですよね」と
おっしゃっていました。
上の写真は僕が買ったあとの残りの一本を撮影したものです。
もしかしたら裏に他にも何本か在庫があったのかもしれませんが、
最初に寄った秘密基地がある本町の「知々夫ブランド館」は
開館から30分も経っていないのにファンでかなり混雑して
おりましたので、売り切れる前に買えてラッキーでした。



因みに、5月分のあの花クイズラリーの景品ポスターは
こちらの絵柄でした。

秩父乳業の牛乳ビンが手に入ったのが嬉しくて、
秩父橋と旧秩父橋を望む荒川河川敷で記念写真を撮って来ました。
紅葉の頃にも一度撮りに行った場所なんですが、
新緑の風景も撮りたくて再度寄ったのです。
10話のAパートで数秒だけ映るカットが撮れるスポット
なのですが、ここまで来るのは余程のファンだけなので
橋の上や定林寺とは違い、誰もいませんでした。(苦笑)



帰宅後、早速、PCデスクの「あの花祭壇」に飾りましたw。



この牛乳ビンは第一話の冒頭と第5話のBパート、
それから最終話のエンディングに登場します。
この瓶が置いてあるのは、めんまが逝った場所であり、
ぽっぽが、めんまの供養にと花を供えるのに使っていました。
つまりこの牛乳ビンは、ぽっぽ、強いては
超平和バスターズ全員のめんまへの想いと、罪悪感、
トラウマを象徴するアイテムとして描かれていたのです。
しかし、それが最終話のラストの再登場では、
純粋に、めんまの成仏と生まれ変わりを願う、
バスターズ全員の祈りの象徴、贖罪の象徴として
描かれていました。(と、僕は受け取りました)
僕にとって、この秩父乳業の牛乳ビンは、
「あの花」という物語のイコンとも云うべきものだったのです。
そんなわけで、長いこと、レプリカでもいいから
ぜひ欲しいものだと思っていましたが、
今回、それをやっと手に入れることが出来て、
本当に嬉しく思っていますw。
630円なんて安すぎるくらいですよw。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/06 12:10 ] あの花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。