2012年4月中に購入したBDソフト(その二) Cinema Kingdom Blog

2012年4月中に購入したBDソフト(その二) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 2012年4月中に購入したBDソフト(その二)HOME > DVD、BD、HD DVD > 2012年4月中に購入したBDソフト(その二)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012年4月中に購入したBDソフト(その二)

ちょっと時間が空いてしまいましたが、
2012年4月中に購入したBDソフト」の続きです。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船






三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D&2Dブルーレイセット
映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト

アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』を原作とした、
『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督の
3Dアクションです。
ポール・W・S・アンダーソンの映画らしく
今作も所々、派手な見せ場はあるものの、
既視感があるシーンが多く、全体的には大味な作品でした。
しかし、彼の作品としては古典的原作がある分、
それほど悪いデキではなく、平均点は越えていたと思います。
まあ、いかにもシリーズ狙いの思わせぶりなラストシーンは
いつものウザさではありましたが・・・。(苦笑)

「三銃士」は過去に何度も映画化・舞台化されてきました。
三銃士 - Wikipedia
映画化作品でよく知られているのは、
レオナルド・ディカプリオが主演した、
ランダル・ウォレス監督の1998年公開作『仮面の男』
あたりでしょうが、我々オヤジ世代にはビートルズ主演の
「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! 」や
「ヘルプ! 4人はアイドル」を演出したことで知られる
リチャード・レスター監督の『三銃士』(1973)と
『四銃士』(1974)が真っ先に思い浮かぶと思います。
今回の「王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の後半部分は
原作に大幅なアレンジを加えておりましたが、レスター版の
ストーリー展開は、お笑いの要素は加えているものの、
かなり原作に忠実な西洋チャンバラ映画でした。
この『三銃士』と、そのカットシーンを再構成・再利用して
製作したことで、キャストから不満や批判が出た『四銃士』
(このことは映画マニアの間では有名なエピソード)のBDが
最近、独盤でリリースされました。
これがなんと日本語字幕付なんですよねぇ。
そこで久々にドイツ・アマゾンに注文しちゃいましたw。
あそこは送料が一定なので、一枚だけではもったいないと
他に以下の3タイトルも一緒に注文しています。
すべて日本語字幕(吹替)付きのリージョンフリー盤です。

★Die Musketiere - Einer fur alle - Alle fur einen! [Blu-ray]
 『三銃士』(1973)、『四銃士』(1974)
★Poseidon Inferno [Blu-ray] 『ポセイドン・アドベンチャー』
★Die zehn Gebote [Blu-ray] 『十戒』
★Cleopatra [Blu-ray] 『クレオパトラ』



最後の一枚は「Blu-ray 3D」ソフトではなく、通常のBDソフトです。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル




ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット
映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』オフィシャルサイト

「Mi:4」については劇場公開時に感想を書いています。
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル Cinema Kingdom Blog
ただ、本編とメイキングをBDで見て、思い違いがありましたので
ちょっと修正しておきたいと思います。
まず、映画館のフィルムの印象では画質が荒い感じがしたのですが
BDで観たらメチャクチャ高画質でした。(汗)
プリント状態が悪かっただけだったようです。(苦笑)
特にIMAXキャメラで撮ったブルジュ・ハリファのスタントシーン
などは凄い解像感でした。
また、砂嵐のチェイスシーンは大半はCG処理なのだろうと
想像していましたが、メイキングでは、昔ながらの大扇風機で
砂に見える何かw(口や目や鼻から体内に入っても安全な
砂に見える何かなのでしょう)を大量に吹き飛ばしながら
撮影していました。
もちろんCG処理で砂の増量はしているのでしょうが、
あのリアル感は実際に砂が飛んでいたからだったのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/06 08:48 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。