2012年4月中に購入したBDソフト Cinema Kingdom Blog

2012年4月中に購入したBDソフト Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 2012年4月中に購入したBDソフトHOME > DVD、BD、HD DVD > 2012年4月中に購入したBDソフト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012年4月中に購入したBDソフト

4月中に購入したBDをメモしておきたいと思います。
今月は海外盤にこれといって欲しいタイトルが見当たらず、
結局、国内盤4タイトルのみの購入となりました。
そのうち3タイトルは「Blu-ray 3D」ソフトでした。

■国内盤





インモータルズ 神々の戦い 3D&2D(デジタルコピー付) [Blu-ray]
一命 【2D&3D】 プレミアム・エディション [Blu-ray]
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D&2Dブルーレイセット
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット

『インモータルズ-神々の戦い-』2012.4.13 on ブルーレイ&DVD
映画「一命」公式サイト
映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト
映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』オフィシャルサイト

インモータルズ/神々の戦い








インモータルズ 神々の戦い 3D&2D(デジタルコピー付) [Blu-ray]
『インモータルズ-神々の戦い-』2012.4.13 on ブルーレイ&DVD

「ザ・セル」 (2000)、「落下の王国 The Fall」 (2006)
で知られる、インド出身のターセム・シン監督作品です。
コッポラの『ドラキュラ』(1992)で
アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した石岡瑛子が
「ザ・セル」、「落下の王国」に引き続き、
衣装デザインを担当しています。

ターセム・シンと云えば、スタイリッシュな映像センスと
映像美で知られる監督です。
その監督がギリシャ神話をアクションを絡めて描くとあって
かなり期待して観たのですが、これがとんだ凡作でした。
カリスマ感たっぷりだった「落下の王国」のあの構図と
映像美はどこに行ってしまったのでしょう。
3D効果や画質はかなり優秀でしたが、中身がこれでは・・・。

一命






一命 【2D&3D】 プレミアム・エディション [Blu-ray]
映画「一命」公式サイト

三池崇史監督が手掛ける本格時代劇の第二弾は、
滝口康彦の小説『異聞浪人記』を映画化した
小林正樹監督作品『切腹』のリメイクであります。
また、時代劇としては初の3D映画でもありました。

1962年に公開された小林正樹監督の『切腹』は、
脚本を橋本忍、音楽を武満徹が担当し、
仲代達矢と丹波哲郎が共演した傑作時代劇でありました。
この「切腹」については2003年に国内盤のDVDを
買った際に、本家サイトの当時のメインBBSに
感想をあげた記憶があるのですが、どうもBBS閉鎖時に
こちらのブログにログを残すのを忘れたらしく、
消去されてしまったようです。
その時は「最後の決闘シーンの黒雲が凄い」的なことを
書いた覚えがあります。
ちなみにこの『切腹』は国内盤でも米国盤でも
BDソフトが出ています。

切腹 [Blu-ray]
Harakiri (The Criterion Collection) [Blu-ray] (1962)

この「一命」も海外版のタイトルは
オリジナルの英題同様「Hara-kiri」のようですw。

ネタバレになりますが、このリメイク版には
オリジナル版で最も盛り上がるその最後の決闘シーンが
ずっぽり削られていました。これには驚きました。
観ている途中、オリジナル版の丹波哲郎とリメイク版の
役所広司のキャラ設定が微妙に違う
のが気になっていた
のですが、「まさか・・・」という感じでした。
【追記 訂正】
その後、久々に小林正樹監督の『切腹』を見返したのですが
上の部分は僕の勘違いでした。(汗)
オリジナル版で丹波哲郎が演じた沢潟彦九郎は、
「一命」では青木崇高さんが演じており、
「一命」で役所広司が演じた井伊家の家老、
斎藤勘解由を「切腹」で演じたのは、三國連太郎でした。
役が違うのですから印象が違いのは当然で、
何ともお恥ずかしい限りです。(汗)
以上、お詫びして訂正させていただきます。
【追記終了】
主演の市川海老蔵の演技は意外なほど良かったですが、
やはり時代劇に最後の決闘シーンがないというのは
何とも寂しくw、残念ながらオリジナル版は越えていない感
が強かったです。
また、全編3Dカメラでデジタル撮影したらしいですが、
この手の動きの少ないドラマ主体の時代劇を3D化する必然性が
果たしてあったのか?という気がどうしてもしてしまいます。
セット主体の撮影で、奥行き感を出すのが難しいシーンが
続きますので、尚更、そう思いました。
デジタル撮影だけあって、画質はかなり優秀な印象でしたが、
3D効果については、終盤に降ってくる雪がリアルに見えた程度で
終わっていましたw。
時代劇を3Dでやりたいのであれば、どう考えても
ロケ主体でアクションバリバリの『十三人の刺客』の時
だったでしょうw。

長くなったので、続きはまたにします。

▼続きを読む▼

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/30 14:27 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。