第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」 Cinema Kingdom Blog

第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」HOME > DVD、BD、HD DVD > 第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」

もうひと月以上も前に発表されたブルーレイ大賞ですが
グランプリがまさかの「山猫」(IMAGICA TV/紀伊国屋書店)
ということで、唖然としたままスルーしてしまいました。
しかし、去年も取り上げた話題ですし、遅ればせながら
今年もごく簡単に触れておく気になりましたw。

第3回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイディスク大賞 Cinema Kingdom Blog



第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」受賞作品発表|DEGジャパン
DEGジャパンのブルーレイ大賞発表、グランプリは“旧作”? - ITmedia +D LifeStyle
麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:グランプリ「山猫」の衝撃
 ――ブルーレイ大賞の舞台裏(前編) (1/3) - ITmedia +D LifeStyle

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:ノミネートする部門で明暗が分かれる?
 ――ブルーレイ大賞の舞台裏(後編) (1/4) - ITmedia +D LifeStyle


第4回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」グランプリ
山猫 Blu-ray (同時受賞「ベストレストア賞/名作リバイバル賞」)



山猫【イタリア語・完全復元版】
山猫 (映画) - Wikipedia
山猫 Blu-ray山猫 Blu-ray
(2011/06/25)
バート・ランカスター、アラン・ドロン 他

商品詳細を見る

映画マニアならご存じでしょうが、「山猫」は
1963年に製作されたルキノ・ヴィスコンティ監督の
代表作の一本であります。

このBDのリリースについては知っていましたが、
同時期にWOWOWでHV放送され録画したこともあって、
このBDを買う気にはまったくなりませんでした。
特典映像は予告編程度なのに、やたらと高額だった点も
購入意欲が湧かなかった一因です。

その後、HiVi辺りのA&V雑誌の記事によって、
8Kスキャン、4K編集と徹底的なレストアが行われた
超高画質BDだと知りました。

しかしこの「山猫」は、
没落して行く運命のイタリア貴族たちの黄昏を描いた
2時間半以上もある芸術作品で、いくら映画好きとは云え、
何度も気軽に見返す気になるタイプの映画ではありません。
僕個人で言っても、去年放送されたWOWOW版の「山猫」は
録画したままでまだ観ておりませんし(苦笑)、
その前に観たのは20年くらい前になると思いますw。

そんな映画ですから、どんなに高画質で蘇ったとしても
この価格と特典では、ちょっと手を出しづらいし、
人にも勧めにくいというのが正直なところです。
いい歳をした映画好きの僕ですらそうなのですから
今年の「ブルーレイ大賞グランプリ」に選ばれたから
という理由で、今時の若者や一般人が購入したとしたら
どんな反応になるかは、推して知るべしでしょう。
想うに、これを選んだ評論家さん達の大半は
「山猫」の日本初公開時に国際版を観ているような
爺さんばかりだったのでしょうねぇ。(苦笑)

そもそもこの賞の目的は何ですか???
一般層への「ブルーレイ」の認知と普及が
大きな目的なのではないのですか?
そのグランプリに「山猫」を満場一致で選ぶなんて、
ただの老害じゃないですかw。

選者さんたちの選考理由は
一般人の感覚とはだいぶ乖離していますよ。
確かに「山猫」は映画史に残る名作ではありますが、
選ぶ視点があまりに専門的(マニアック過ぎ)なんです。
画質が良いから、レストアが素晴らしいから
売価が高額でも仕方がないなんて一般人は考えませんし、
50年も前の芸術映画を無闇にありがたがる趣味も
一般人にはないんじゃないでしょうか。
(少なくとも、僕のおふくろや弟妹なら
 おそらく30分と観ていられないでしょうw)

この「山猫」のBDに大きな価値を見出すような方々は、
すでに、DVDやTV放送では得られない「ブルーレイ」の魅力について、
人一倍理解されているマニアさんばかりだと思います。
つまり、このBDが「ブルーレイ大賞グランプリ」を取ることが、
一般層へのブルーレイのアピールになるとはとても思えません。

まあ、とは云え、受賞発表後、
amazonのカートには入れてあるんですけどね・・・w。


それから20世紀フォックスが
恒例の廉価版ブルーレイキャンペーンを始めました。



■20世紀フォックス 廉価版ブルーレイキャンペーン
ブルーレイを買うと、お得になれる 1、2、3枚目タダァー!キャンペーン

前にもどこかの記事に書いたはずですが
何枚か、応募券となる「\2500シール」を取ってあるので
僕も応募してみるつもりです。
でも、もらえるBDは30タイトルだけですし、
すでに持っているものも多いので、
欲しいタイトルを選ぶのが大変ですね。(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/17 09:59 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。