ノイタミナショップ in アクアシティお台場 Cinema Kingdom Blog

ノイタミナショップ in アクアシティお台場 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > ノイタミナショップ in アクアシティお台場HOME > あの花 > ノイタミナショップ in アクアシティお台場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノイタミナショップ in アクアシティお台場

超平和バスターズの秘密基地 in アクアシティお台場
からの続きです。

歴代の「あの花」ショップで展示されて来た、
「しゃべるめんま」等身大パネルが笑顔でお出迎えですw。
お腹の部分に茅野愛衣さんの直筆サインが入っています。



公式サイトには、『いままでのセリフに追加セリフが加わり、
アクアシティお台場年末バージョン・年始バージョンを用意』
とありましたが、電池が切れていたのか、故障していたのか、
残念ながらこの日はボタンを押しても声は流れませんでした。

「しゃべるめんま」等身大パネルの左奥には、
めんまとゆきあつのめんまコスプレの衣装が飾られていました。
これらは既製品ではなく、一点モノの特注品だそうです。



因みに、「あの花」のWebラジオ「あの日聞いたラジオの名前を
僕達はまだ知らない。
」の「楽屋裏ラジオ」でアニプレックスの
「あの花」宣伝担当のツイさんが喋っていたと記憶していますが、
「ANOHANA FES.(あの花フェス)」のアンコール時に櫻井孝宏さんが
着けていたのは、この衣装とウィッグだそうです。

「めんまぁ~!俺ももちろん大好きだぁ~!!」と叫んで
櫻井さんが走り去った時、スポットライトに照らされた
この銀髪のウィッグが、きらめきながら靡(なび)いていた様が
とても印象に残っています。(苦笑)
実際の櫻井さんは脱兎の如く駆け戻っておられたのですが、
僕にはそれがまるでスローモーションのように見えたものですw。

「ANOHANA FES.」の開催当時、このゆきあつコス・バージョンは
大阪の「心斎橋パルコ」に展示中だったそうですが、
フェス直前にゆきあつ分だけ宅配便で秩父に送ったので、
フェスから戻って来るまでは、めんまの衣装とウィッグだけの
展示になっていたそうです。
各地のパルコや「東京アニメセンター」で開催された
過去の「あの花」SHOPでは、長井龍雪監督の絵コンテや
キャラデザ・作監の田中将賀さんの複製原画などの製作資料が
展示されていました。
当然、今回の「ノイタミナショップ in アクアシティお台場」でも
展示されるのだろうと思い込んでいたのですが、真に残念ながら
これは僕の勘違いに終りました。
やはり昨夏に多少無理をしてでも「東京アニメセンター」に
行っておけばよかったと後悔しております。


「あの花」の物販コーナーも撮らせてもらいました。









物販コーナーの作品の割合は、半分以上が「あの花」グッズで、
3割程度が「ギルティクラウン」、残りが「UNGO」などその他の
ノイタミナ・アニメ、という感じでした。
いまだに「あの花」人気は高いようですね。

また、お正月ということで、ワゴンで「あの花」グッズの
福袋も販売されていました。



全ての袋にTシャツ等の衣類が入っているらしく、
サイズ別のシールが付いていました。
計7千円以上のグッズが入って3,000円ということで
かなり後ろ髪を引かれたのですが、荷物になりますし、
何が入っているのか分からない(「福袋」ですから
当然なのですがw)のは嫌だなと、結局、買いませんでした。
前の記事にも書きましたが、僕はバカ高いわりに
チャチ(低品質)な作りで子供だましなイメージがある
アニメ関連グッズを買う事自体にかなりの抵抗感があるんですよ。
(ただし、デキの良いフィギュアは別ですw)
それにアニメTシャツを着て歩ける歳ではありませんしね。(苦笑)
例えば、倒産してしまって入手が困難な「秩父乳業」の牛乳瓶
のレプリカでもあれば、数千円でも飛び付くんですがw。

なお、余談ですが、「ギルティクラウン」のコーナーで、
めんま役の茅野愛衣さんが声を担当している「楪いのり」の
グッズを探してみたのですが、ほとんど売り切れていましたw。
いのり以外も女性キャラのものはほぼ完売状態でしたね。

ショップの一番奥の壁沿いに
その「ギルティクラウン」関連の展示コーナーがありました。



ギルティクラウン [ GUILTY CROWN ]

コスプレ衣装はともかく、「楪いのり」の(痛w)キャリーケースは
かなりキレイな仕上がりで、税込29,800円という売価を度外視すればw、
マジで欲しいと思いましたw。



フジテレビe!ショップ
  限定「楪いのり キャリーケース」〔名入れネームプレート付〕


一泊かせいぜい二泊程度の小旅行にしか使えなさそうな、
ちょっと小ぶりなサイズの(痛w)キャリーケースですし、
もし買ったとしても部屋に飾っておくのがせいぜいで、
とても外で使う勇気はありませんが…w。
帰宅後にネットで調べてみましたら、
「フジテレビe!ショップ」限定の完全受注生産商品だそうです。

それにしてもこの作品でキャラクター原案を担当した
redjuiceさんの才能は近年希にみるもので素晴らしいですね。
「プロダクションI.G」のオリジナル作品であるアニメ自体も
毎週「さすがだなぁ~」と感心しながら観ております。


店内では他に、2月からノイタミナ枠で放送される
「ブラック★ロックシューター」のフィギュア展も
やっていました。
単に記録のつもりで、何も考えないで撮ったせいで
ろくな写真がないのですが(汗)、とりあえず、
その一部をご紹介しておきます。





アニメ「ブラックロックシューター」公式サイト / BLACK★ROCK SHOOTER WEBSITE.

ブラックロックシューター - Wikipedia」から
「概要」を引用させていただきます。

元々はhukeが2007年12月26日に
pixivや自身のブログにおいて発表していたキャラクターイラスト。
注目を集めるきっかけとなったのは
supercellのryoがこのキャラクターに着想を受けて
音声合成ソフト「初音ミク」を用いて曲を作り、
hukeが映像を付けて2008年6月13日に
『初音ミクがオリジナルを歌ってくれたよ「ブラック★ロックシューター』
として動画投稿サイトニコニコ動画で発表した動画である。



ニコニコ動画上では累計の再生数が
2008年末までに100万回以上を記録するなど、
曲自体が多大な反響を得ると共に、
キャラクターにも注目が集まるようになった。
楽曲は動画と共にsupercellのデビューアルバム
『supercell』にも収録され、hukeのイラストを立体化した
PVC塗装済み完成品フィギュアが
「1/8スケールフィギュア ブラック★ロックシューター」として
グッドスマイルカンパニーにより発売されたのを始め
キャラクターの商品化も行われるようになった。
2010年にはアニメーションが公開され、
2011年にはプレイステーション・ポータブル用としてゲーム化が決定、
同年の8月25日に発売。また、2011年6月に月刊ヤングエースにて、
デザインやストーリーをオリジナルのものにした漫画が連載を開始する。
※引用終了※

「ギルティクラウン」でも主題歌と挿入歌を担当している
supercellのryoさんですが、もちろん、僕もこのPVは
ニコ動で見聞きしていましたし、山寛が監修したOVA版も
観ています。
それがいよいよTVアニメシリーズとして放送になるわけですね。
一緒に行った友人はOVA版が気に入り、
来月からのTV放送をかなり楽しみにしているそうですが、
個人的には友人ほどの関心はなかったりします。(汗)
(シリーズ構成は「あの花」の岡田磨里さん)


それ以外では、店内にプロジェクターと
100インチか120インチのスクリーンが設置されていて、
「UN-GO」、「ギルティクラウン」、「ブラック★ロックシューター」
の映像を常時、無料上映しているとのことです。
僕等が行った時は「UN-GO」の「因果日記」が流れていましたが、
あまりじっくり観ている時間はありませんでした。
余談ですが、プロジェクターは液晶の業務用モデルだったようで
見たことのないデザインでしたし、メーカーも分かりませんでしたw。


さて、「ノイタミナショップ in アクアシティお台場」の
レポートはこんなところです。
店内はかなりの広さで、展示物と物販コーナー、それに
レジ以外の場所には、テーブルとイスが並んでいました。
はじめて行ったのでよく分かりませんが、元々は飲食店
だったスペースを期間限定で借りているのでしょう。
その為か、アクアシティ内の店舗マップに
「ノイタミナショップ」の文字はありませんでしたので
訪問される方はご注意下さい。

ノイタミナショップがお台場に出張!!
「ノイタミナショップ in アクアシティお台場」開催|
ノイタミナグッズ販売のノイタミナショップ 公式サイト

ノイタミナ「あの花」ショップ 最新情報


「ノイタミナショップ in アクアシティお台場」で
30分ほど過ごし、レストラン街で昼食を取った後、
12時10分の出航時間ギリギリにお台場海浜公園の
水上バスのりばに停泊していた「ヒミコ」に乗り込み
浅草に向かいました。





出来れば、隅田川からの風景を撮りたかったのですが、
ご覧のように窓越しからしか撮影出来ず、途中で諦めました。
肉眼で見ますと透明なガラスなのですが、カメラを通すと
汚いムラが出てしまったからです。

浅草編は、次の記事でご紹介するつもりです。


最後に、オマケをw。
元旦に「あの花」公式サイトのトップページに上がった
お年賀用の書き下ろし新イラストです。



ちゃんと「めんまフォント」が使われていますねw。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/20 11:46 ] あの花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。