2011年、印象に残った日帰り温泉施設 Cinema Kingdom Blog

2011年、印象に残った日帰り温泉施設 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
HOME > スポンサー広告 > 2011年、印象に残った日帰り温泉施設HOME > 日常の雑記 > 2011年、印象に残った日帰り温泉施設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年、印象に残った日帰り温泉施設

ローカルな話題で申し訳ありませんがw、
「映画 けいおん!」を観に行った太田イオンの隣には
日帰り温泉施設の「安眠の湯」があります。





:::天然温泉:太田:安眠の湯:::

こちらでは、平日限定ですが、
お風呂と食事がセットになった入場券が
1,000円で販売されているので、休みが不定期で
平日に暇にしていることが多いwこの友人と
最近、ちょくちょく通っていますw。
しかも食事は食堂の全てのメニューが対象なので、
一番高い800円の定食を頼むと、お風呂代はたった200円
ということになり、かなりお得感があるのです。
今回、「映画 けいおん!」を県南の映画館ではなく
太田のイオンシネマに観に行ったのは、こちらに寄るついでw
だったから、と云ってもいいくらいです。

太田には「安眠の湯」の他に
「コロナの湯」という日帰り天然温泉施設もあります。

温泉 | 日帰り天然温泉コロナの湯 | コロナワールド

群馬県と云いますと草津や伊香保など、
全国的に有名な温泉地が多い温泉王国wであります。
まあ、山間部の温泉地と太田とは距離的にはかなり離れている
のですが、同じ群馬県ということでか、太田のこのふたつの
日帰り温泉施設も甲乙付けがたい、かなり充実した施設を誇ります。
個人的には「コロナの湯」の施設の方が好みなのですが、
ただ、この平日限定の入浴・食事セットのお得感で、最近は
もっぱら「安眠」を贔屓(ひいき)にしているのです。


日帰り温泉施設の話題のついでに、今年の後半にはじめて行った
埼玉県内の日帰り温泉施設の話もさせて下さい。

まずは、お茶処として有名な狭山丘陵近郊の日高市にある
「サイボク天然温泉 まきばの湯」のご紹介です。



サイボク天然温泉 まきばの湯

こちらは養豚とソーセージ、ハム製造の専門会社として
県内では有名な「サイボクハム」が経営する
変わりダネの日帰り温泉施設ですが、施設面では
県内屈指の豪華さなのではないでしょうか。
精肉会社さんが経営している為、ショップでは
ハムやソーセージを大々的に販売しておりましたし、
レストランでもとんかつなど肉料理が人気となっています。
ただ、地元からはちょっと距離があるのと、
入浴料などが他に較べるとちょっと割高な価格設定なので、
そこが難かなと・・・。
しかし、露天風呂などはちょっとした豪華温泉旅館並みで
本当に素晴らしかったです。


次にご紹介するのは、飯能市の宮沢湖畔の高台に建つ
「宮沢湖温泉 喜楽里 別邸」であります。



宮沢湖温泉 喜楽里 別邸

こちらは数年前にオープンした日帰り温泉施設で
良い評判しか見聞きしていなかったので
春頃からずっと行きたいなぁと思っていたんです。
地元でもかなりの人気のようで、平日にも関わらず、
女性客を中心にかなり混雑していました。

ちょうど紅葉が始まった頃に行ったのですが、
男湯の露天風呂では湯船に浸かりながら
眼下に宮沢湖の一部が眺められる設計になっていて
その非日常感が素晴らしかったです。
宮沢湖の向こうには秩父連山が望める絶好のロケーション
ということもあって、かなり距離の離れた温泉地に
来ているような、旅情すら感じましたw。
また、レストラン、四季菜ビュッフェ『湖畔茶寮』では、
90分・おとな1,480円でバイキングが楽しめました。
僕らも食べましたが、デザート、ドリンク類も充実
していて、料理もかなり美味しかったです。
また、このビュッフェからの眺めがまたなかなか良くて
座れるようなら窓際をお薦めしたいです。

帰りに何十年ぶりに宮沢湖を見に行きました。



大昔に友人達とハイキングのゴール地として訪れたのが
最後なのですが、まあ小ぶりな人工湖という印象は
変わらないものの、以前来た時と較べると湖畔の印象が
かなり違いました。
単に同じ湖畔でも場所が違ったのかもしれませんが、
昔は個人商店の寂れた土産物屋や小さな旅館の一画が
あったような記憶があるのですが・・・。

湖畔から「喜楽里 別邸」を見上げると、ビュッフェ
『湖畔茶寮』の窓と、庭先のベンチが見えました。



もうちょっと近いと気軽に行く気になるのですがw、
どちらにせよ、また再訪することになると思います。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/18 04:38 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。