木曽路 馬籠宿から妻籠宿へ(馬籠宿編) Cinema Kingdom Blog

木曽路 馬籠宿から妻籠宿へ(馬籠宿編) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > 木曽路 馬籠宿から妻籠宿へ(馬籠宿編)HOME > 旅行・聖地巡礼 > 木曽路 馬籠宿から妻籠宿へ(馬籠宿編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

木曽路 馬籠宿から妻籠宿へ(馬籠宿編)

ちょっと時間が経ってしまいましたが、
「あの花」龍勢花火の打ち上げが行われた
10月9日の秩父市吉田「龍勢祭2011」の前日の8日、
地元からの日帰りバスツアーで木曽路を代表する観光地
である「馬籠宿」と「妻籠宿」に行って参りましたので
その記念に撮って来た写真を掲載しておきたいと思います。

圏央道が出来るなど高速道路網が発達した結果、
長野県と岐阜県の県境にあるこのふたつの宿場町まで
埼玉からでも日帰りで行けるようになったわけですが、
その分、滞在時間は50分と60分と合わせても2時間弱と
かなり忙しない旅となりました。
とてもゆっくり散策している暇などなく、撮影しながら
歩いて行くとあっという間に集合時間という感じでした。

はじめに寄ったのは、坂の町「馬籠宿」の方でした。
こちらは文豪・島崎藤村の生まれ育った町であります。

木曽路.com
木曽馬籠宿 -馬籠観光協会-
馬籠宿 - Wikipedia
ようこそ馬籠脇本陣史料館へ
藤村記念館

以下に「馬籠宿」で撮って来た写真の一部を16枚
貼り付けさせていただきます。
(かなり重いと思います。興味のない方はスルーを)
なお、クリックすると大きな画像が別窓で開きます。

馬籠宿


































大きな地図で見る

バスも駐められる大きな駐車場があるのは坂下ですが、
坂の傾斜はかなりのものなので、下から往復するとなると
お年寄りの足などではかなり厳しい気がします。
バスツアーの観光客は坂上の臨時駐車場で降りて、
下の大駐車場に向かう下りのルートを通るのが一般的
なようで、明らかに下りの観光客の方が多かったです。
土曜日だったこともあったのでしょうが、ご覧のように
たいへん混雑していて、撮影するのもなかなか大変でした。


「妻籠宿」編に続きます。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/13 05:08 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。