友人がタダで「iPhone 3GS 16GB」を譲ってくれました♪ Cinema Kingdom Blog

友人がタダで「iPhone 3GS 16GB」を譲ってくれました♪ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 友人がタダで「iPhone 3GS 16GB」を譲ってくれました♪HOME > あの花 > 友人がタダで「iPhone 3GS 16GB」を譲ってくれました♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

友人がタダで「iPhone 3GS 16GB」を譲ってくれました♪

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」公式サイト
関連グッズ・コーナーで紹介されていた、「あの花」の電子有料書籍、
『あの花』公式ビジュアルブック(Android版、iPhone/iPad版)と
『あの花』公式コンプリートブック(Android版、iPhone/iPad版)を
以前から見てみたい、読んでみたいと思っていたのですが、
あいにく僕は、iPhoneもiPadもスマホも持っておりませんでした。

公式サイト 関連グッズ:「あの花」電子書籍

そこでこの間、現在「iPhone 4」を愛用する友人
(近いうちに「iPhone 4S」に買い換えそうw)に会った際に
「お金は払うから、僕の代わりにアプリをダウンロードして
見せてくれないか?」と頼んでおりました。
その友人と4日(金)に榛名山まで紅葉を観に行ったのですが
会った途端、彼が「これ、3GSだけど、よかったらあげるよ」と
「iPhone 3GS 16GB」のケースを取り出しながら言いました。

いやぁ~、持つべきものは良き友でありますw。
2009年6月に発売された二世代前の「iPhone」とは云え、
売れば、まだそれなりの値は付くでしょうからねぇ。
まあ、僕も過去に買い換えで不要になったスピーカーなど、
いくつかのAV機器をその友人に譲ったことはあったのですが、
「情けは人のためならず」、ありがたく頂戴することに致しました♪



SIMはありませんので、「iPod touch」状態ではありますが、
帰宅後、すぐにWi-Fi(無線LAN)のkeyを入力してネットに接続し、
アプリのダウンロードを行う準備を致しました。

まず、PCから削除していた「iTunes」を再びダウンロードし、
そのインストールと、会員登録及びクレカの登録を行いました。
あとはお目当ての「あの花」アプリを落とすだけです。

アップル - iTunes -
 あなたを楽しませるすべてのエンターテインメントが、ここに。


ネットで「iPhone」や「iPod touch」の初心者向けの解説サイトを
いくつか覗きながら各種設定を行い、無料版の「ファンブック」と
ふたつの有料版「あの花」アプリの他に、無料の定番アプリを
いくつか落として入れました。




電子書籍版 『あの花』公式コンプリートブック




電子書籍版 『あの花』公式ビジュアルブック



両方ともさっそく読みましたが、イラスト部分はともかく、
記事は所々、フォントのサイズが小さかったり、
色が見にくかったりで、ちょっと読みづらかったです。
(読みにくい時は部分拡大すればいいのですが・・・)
「iPad」ならちょうど良くても「iPhone」の液晶サイズで
あのフォントとサイズではちょっとツライですねw。
しかし、まあ、ファンなら価格ぶんは
充分楽しめる内容になっていると思います。

『あの花』公式コンプリートブックで特に印象的だったのは
「「あの花」制作秘話(岡田磨里×長井龍雪×田中将賀)」
の中での田中将賀さん(キャラデザ)の発言でした。
主要キャラの瞳のハイライトの数に、意外な裏設定がある
ことを知りました。

『あの花』公式ビジュアルブックの方は、
該当箇所(例えば秩父橋や定林寺)の最後のページから
Google マップのその地点にリンクが張られているので、
秩父を聖地巡礼する際に活用すれば、とても便利でしょう。


最後に、PSP用に変換していた「あの花」全話の動画ファイルを
「iTunes」経由で入れました。





チェックも兼ねて、最初の数話と最後の数話を
またまた見直してしまいました。(苦笑)
何度見ても泣けますし、最近は歳のせいなのか、
最終話のシーンを思い出すだけで、ED曲や挿入歌を聴くだけで
涙が出て来て困りますw。

「あの花」が好きすぎて、自分でも怖いくらいですw。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/06 11:33 ] あの花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。