英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > 英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]HOME > DVD、BD、HD DVD > 英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

■国内盤
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]








英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

今年の第83回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞(コリン・ファース)、
監督賞(トム・フーパー)、脚本賞(デヴィッド・サイドラー)
を受賞した作品です。

普通に良く出来た映画でしたけど、
もの凄い傑作!!というわけでもなかったような・・・。(苦笑)
ちょっと小粒感がありました。

吃音症に悩む英国王ジョージ6世を描いていますが、
王族や貴族ですら苦悩する凡庸な人間として描いてしまう
あちらの映画はすごいですね。
唯一絶対で完璧な存在なのは神だけで、
人間の方は王だろうが平民だろうが多かれ少なかれ
未熟な存在であるという認識があるからでしょうね。

しかし、天皇が神道信仰と密接な関係にある日本では、
邦画がこの手のテイストで皇室(天皇家)を描くことは
絶対にないでしょう。
終戦直前・直後の数日間における昭和天皇の苦悩を描いた
レクサンドル・ソクーロフ監督(ロシア)、イッセー尾形
主演の映画「太陽」(2005)も日本では公開するのすら
賛否両論あって、結局、単館規模での公開に終わりましたし。
皇太子徳仁親王妃 雅子様なんて、映画の絶好の素材に
なりそうなのですが・・・。



商品の説明
内容紹介

第83回アカデミー賞作品賞受賞! 主要4部門独占!!
困難に立ち向かっていく英国王の真実の物語に全世界が熱狂した2011年最高の話題作!!

子供の頃から悩む吃音のために無口で内向的、大勢の前でスピーチをするなんてとんでもない。そんな弱気な男が、国王になってしまった。現エリザベス女王の父、ジョージ6世だ。
折しもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされ、揺れる国民は王の言葉を待ち望んでいた。王は国民の心をひとつにするべく、渾身のスピーチに挑むのだが―。

ジョージ6世に扮するのは、『シングルマン』でアカデミー賞主演男優賞にノミネート、本作で遂にアカデミー賞主演男優賞を獲得したコリン・ファース。
セラピスト、ライオネルには『シャイン』のオスカー俳優ジェフリー・ラッシュ、妻のエリザベスには『アリス・イン・ワンダーランド』のへレナ・ボナム= カーターという、名だたる演技派が顔を揃えた。

監督はエミー賞やゴールデン・グローブ賞に輝くトム・フーパー。本作でアカデミー賞作品賞、監督賞を受賞。
脚本はベテラン脚本家デヴィッド・サイドラー。本作ではアカデミー賞脚本賞を受賞。

【ストーリー】
スピーチができない男が、国王になった―。
吃音に悩む英国王ジョージ6世が自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の実話。

ジョージ6世は、王になどなりたくなかった。兄のエドワードが、王室が認めない愛のために王冠を捨てたことから、予期せぬ座についたのだ。しかも彼には、吃音という悩みがあった。スピーチで始まり、スピーチで終わる公務の数々に、いったいどう対処すればいいのか? 心配した妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家、ライオネルの診療所に自ら足を運ぶ。堅く閉ざした心に原因があると気付いたライオネルは、ユニークな治療法で王の心を解きほぐしていくのだが ―。

【キャスト】
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン

【スタッフ】
監督:トム・フーパー 、製作:イアン・カニング/エミール・シャーマン/ギャレス・アンウィン、脚本:デヴィッド・サイドラー、音楽:アレクサンドル・デスプラ

【初回生産限定特典】
豪華アウターケース&ブックレット+スピーチ原稿付き








【特典映像】(約65分)
メイキング、監督・キャストへのQ&A、予告編集、キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
ジョージ6世によるスピーチ[開戦スピーチ(音声のみ)/終戦スピーチ]
我が祖父ライオネル・ローグ

【音声特典】
オーディオ・コメンタリー(トム・フーパー監督)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『シングルマン』のコリン・ファース主演による伝記ドラマ。子供の頃から吃音のために無口で内向的なジョージ6世が国王に即位。折しもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされる中、王は国民の心をひとつにすべく渾身のスピーチに挑む。

内容(「Oricon」データベースより)
人前で話せない男が、国民の望む“真の王”になるためにマイクへ向かう―。困難に立ち向かっていく英国王の真実の物語を描いた伝記ドラマ!子供の頃から吃音に悩む内向的なジョージ6世が、国王になってしまう。折しもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされ、揺れる国民は王の言葉を待ち望んでいた。王は国民の心をひとつにするべく、渾身のスピーチに挑むのだが…。第83回アカデミー賞作品賞など主要4部門受賞。


トゥルー・グリットの記事へ続く

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/01 15:18 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。