ANOHANA FES(あの花フェス)に行って来ました。(END) Cinema Kingdom Blog

ANOHANA FES(あの花フェス)に行って来ました。(END) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > ANOHANA FES(あの花フェス)に行って来ました。(END)HOME > あの花 > ANOHANA FES(あの花フェス)に行って来ました。(END)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ANOHANA FES(あの花フェス)に行って来ました。(END)

ANOHANA FES(あの花フェス)(その4)」からの続きです。

ANOHANA FES.
  in 秩父ミューズパーク 野外ステージ 2011.9.25 SUN


ANOHANA FES
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。| アニメ公式サイト
秩父ミューズパーク

◆出演者

 入野自由、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織 近藤孝行
Galileo Galile REMEDIOS

◆エンディング

キャストに加え、「Galileo Galilei」、
「REMEDIOS」のメンバーがステージに。
出演者全員が揃って、それぞれに今日の感想を述べて行く。
かやのんは感極まってずっと涙声。
この時、入野さんから「もしかしたら今日の映像がソフト化
されるかも(未定)」との発言があり、盛り上がる。
単なる勘(カン)だが、もし本当に出るとしたら
本編ソフトの映像特典ではなく、単品ソフトになるのだろう。

名残を惜しむしんみりとしたムードの中、
全員の挨拶が済んで、まずはバンドのメンバー、
続いて全キャストが手を振りながらステージ右袖に退場。

照明は暗いままでアナウンスもないが、
アンコールの拍手は起こらず、帰りの電車の時刻に間に合うようにと
徒歩で15分はかかるシャトルバス乗り場までダッシュで向かう人や
出口に近い後方の観客が席を立って会場を後にし始める。

S席の一部のファンが三本締めを始め、いよいよ終りのムードが漂い出す。
僕も後ろ髪を引かれながら席を立って、後方に移動し始める。
その時、S席の一部から「アンコール」のコールと手拍子が・・・。
キャストの退場からこの間まで、5分は経っていたと思う。

◆アンコール

突如、ステージ右上のテラスにスポットライトが当たって
めんまコスの櫻井さんが登場!
大歓声と拍手の中、何か大声で叫んで、脱兎の如く逃走。
僕も慌てて元の席に引き返す。

続いて、櫻井さん以外のキャストが、物販で売っていた
ANOHANA FES.限定Tシャツ姿で再登場。

かなりの人数が出口方面に動き出していたので、
「まだ帰らないで~!」と入野さんを始め、キャストの皆さん。
狭い通路を逆流し、慌てて席に戻ろうとする観客たち。
それを見た早見さんが前に出て、慌てないで~とジェスチャー。

少し遅れて、同じ姿の櫻井さんも加わり、
「僕のフェスTが見当たらなかったんで(遅れた)」。

引き返して来た人の多くが席に戻れないのを見て、
「もう立っちゃいましょうか!」と櫻井さん。
それを受けて、観客全員、スタンディング。

◆secret base ~君がくれたもの~ / 全キャスト・観客による合唱

24時間テレビか、とも思ったがw
全国から集まった5,000人もの「あの花」ファンと一緒に
聖地秩父で歌っているんだぁと思うと、ベタに鳥肌ものだった。
また、先ほどよりサイリュームを振る客の数が明らかに増えた。
帰宅後、ネットで得た情報によると
サイリュームを持って来ていた一部のお客さんが
余った分をまわりの人に配っていたらしい。なんとも良い話だ。

◆200発の打ち上げ花火が上がって大団円

トドメはこれ!
僕はまったく予想していなかったので、心底驚いた。

かなり本格的な花火で、時間も長く感じた。
会場を大歓声と拍手、感動が包み込む。
因みに「200発」というのは戸松遥さんの記事が情報源。

最後に、入野さんの合図で、
キャスト全員の「超平和バスターズは!」に、
観客全員が「ずっとなかよし~!!」と応えて、
堂々のフィナーレ!

最初の(その1)の記事
「プアなパンフが1,000円もした」と書いたが、
考えてみると、あの価格設定の内訳には
最後の花火代がかなりの割合を占めていたのではないだろうか。
200発の打ち上げ花火ともなれば、結構な費用になるはずだ。
だとすれば、あの花火は会場の多くの「あの花」ファンが購って
打ち上げたのも同然ということになる。
まるで超平和バスターズの面々がめんまの成仏を祈って
バイトに励み、龍勢花火の資金を出し合ったように。
であるならば、あのペラペラなパンフが1,000円もしたのも
許す気になるというものだ。

また、願わくば、最後の花火が開いた瞬間、茅野さんに
あっ!お空にお花咲いた!」と言って欲しかったw。
それと「めんま、見~付けた!」を叫べなかったことが、
少々心残りだw。

■イベント・リポート終了


「あの花」でヒロインめんま役を演じた茅野愛衣さんは、
ついこの間まで、美容関係のリラクゼーションの仕事
(ダイエット指導やイヤーセラピストとして耳つぼの
マッサージなどをやっていたらしい)をする一般人でした。
演劇経験などまったくないまま、仕事をしながら
プロ・フィット声優養成所に入学して週一回のレッスンに通い、
卒業後、同事務所の正所属声優となったのだそうです。
そして端役でデビューしたのは、なんと、たった1年半前の
2010年4月のことだそうです。

それが今では、最も勢いに乗る期待の新人声優として、
「あの花」以降も人気女性声優が揃うアニメ作品で
主要キャラを演じられています。

ステージで輝くこの日の彼女を観ていて
「今日、茅野愛衣さんは、声優になってからはじめて経験する
大きな到達点に立っている気分なんだろうな」と勝手に考えていました。
「人気女性声優、茅野愛衣」誕生の場に居合わせたような、
そんな気分に浸りながら観ていました。

最近は、声優に憧れる若い人が増えているようです。
現実としては、非常に狭き門でありながら、
ほんの一握りの人気声優さんを除けば、
そう稼げる商売ではないように思いますが(苦笑)、
そんな彼女、彼らにとって、茅野愛衣さんはひとつの理想像、
憧憬の対象として映っているのではないでしょうか。
ご本人にそんな自覚があるかは分かりませんが、
茅野愛衣はそのくらい、極めて希で奇跡的な存在だと思います。
かやのんはまさに声優界のシンデレラ・ガールそのものです。


話は変わりますが、秩父にあの花巡礼に行く場合、
電車を使うと非常に時間がかかるのが一番の難点だと思います。
西武線にしても秩父線にしても特急や急行が少ない上に
時間あたりの本数も通勤時間帯以外は非常に少ないのです。
また、出入りのルートが池袋か埼玉県内の駅経由に限られるので
例え隣県である山梨、長野、群馬から向かう場合でも
ありえないほどの遠回りを強いられてしまいます。

この日、アンコールを待たずに、
歩くと15分はかかるほど離れたバス乗り場に
ダッシュされた方がけっこういらしたようです。
その原因は、遠方からいらした方ほど、
もしも、バスを待つ列に長時間並ぶような事態になって、
指定席を予約している特急や、2、30分に一本しかない普通電車に
乗り遅れたら、確実に今夜のうちに地元に帰れなくなる、
という心理が強く働いたからだと想像します。
西武線で池袋に行くにしても秩父線で熊谷に行くにしても
8時過ぎに秩父を出たら、おそらく最終の新幹線には
間に合わないでしょうからね。

実際は帰りのシャトルバスは35台も用意されており、
アンコールをすべて観終わってから出ても
西武池袋線の次の池袋行きの特急に
充分間に合ったらしいのですが・・・。

アンコールの大合唱と花火の時が
イベント中で一番盛り上がったことを考えると、
それを体験出来なかった方々は、さぞ無念だと思います。
十分な情報を事前に伝えなかったのは主催者側の落ち度であり、
翌日が休みで、最悪、秩父に泊まればよい土曜日の午後ではなく、
日曜開催にした点も含めて、東京や埼玉県内以外の地域から
電車で往復する場合のアクセス環境の悪さ(本数が少ない上に
座席も少ない)をイベンター側はちゃんと理解した上で
開催日時を決定したのかな? と、多少疑問に思います。
日曜開催ならあと1、2時間、早く開演していても
良かったのではないでしょうか。

余談ですが、西武鉄道や西武バスの職員は、
西武ライオンズ球場での試合の度に
大量の観客を輸送することに慣れていますから
ノウハウや経験値がそこらの鉄道会社やバス会社とは
段違いなのでしょうね。
因みに、秩父ミューズパークの管理運営をしているのも
西武系列の会社のようです。


※10/1追記※
今更なのですが、なぜ僕を含め
観客からアンコールの拍手が起きなかったか
あの時の観客心理を想像してご説明しておきたいと思います。

すでに書きましたように第二部のライブパートの構成は
「あの花」のOPから最終話Aパートまでの
ダイジェスト映像と共に進み、ついには最終話Bパートの
音声付きノーカット上映へと至りました。
その後、朗読による書き下ろしの後日談の披露があって、
ED曲「secret base ~君がくれたもの~」の生歌があり、
この緻密に計算された構成の流れにより、「あの花」の世界観は
見事に完結してしまっていたのです。
あとは出演者の挨拶があってお開きというのが、至極、
順当な流れに思え、ほとんどの観客はこれで終わって当然と、
しんみりとした空気の中で名残惜しさは感じていても
イベント自体に大きな過不足は感じていなかったのだと想像します。

つまり、あまりにもカチッと完結した見事な構成だったので
軽々しくアンコールの声を出しにくい空気だったのですよw。

その上、先述のように混まないうちに会場を後にして
早い時間に帰宅したいと思っていたお客さんが多かったことと、
普段はあまりアニメを観ない層にも支持された
「あの花」というアニメ特有の現象として、
この手のアニメイベントにはじめて参加した人が多かったのも
拍手が起きなかった要因だったのでしょう。

でも、今になって思うんです。
なぜ、アンコールの代わりに「もう、いいかぁ~い!
と叫べなかったのかとw!

勇気を持って、あの時、これを叫んでいれば、
僕は今頃、ネ申として語り草になっているはずですよw。
惜しいことをしたなぁ~・・・。
でも正直、あの時は思い浮かびもしなかったんですけどね。(苦笑)
※10/1追記終了※


野外ステージを出てからメッセージボードを見に行きました。
その寄せ書きを写真に収めて、ミューズパークを後にしました。

■メッセージボード


※クリックすると別窓で大きな画像が開きます。


笑いあり、感動ありで、忘れられない一日となりました。
秩父への「あの花」聖地巡礼もこの日が三度目となり、
ますます秩父が好きになっております。
昔からお遍路さんを暖かく迎入れてきたこともあってか、
秩父人は皆さん、見知らぬ外来者にも親切でやさしいなぁと
訪問の度に思います。
この日県外から訪れた全国の「あの花」ファンの皆様も
そう思って帰られたのなら、埼玉県人として嬉しいですw。


大震災以来のこの不況と自粛ムードの中、
秩父には全国から多くのファンが連日押しかけ、
地域にお金を落し、活性化を促しています。
それはなにより「あの花」という作品に大きな魅力があるからです。
そして、その魅力は、原作と脚本を担当された秩父市出身の
岡田麿里さんの力によるところ大でしょう。

岡田麿里さんとそのご家族の功績に、
自治体は何らかのかたちで報いるべきだと思います。
「あの花」が地域にもたらした経済効果の大きさを考えれば、
名誉市民の表彰くらいしてもらっても当然でしょう。
久喜秩父市長さん、期待していますよ。


■「あの花」最新情報■

========================================================
ノイタミナ特別編
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
フジテレビにて10月4日(火)より四夜連続全話一挙放送!


■2011年10月4日(火) 26:55~
第1話「超平和バスターズ」/第2話「ゆうしゃめんま」

■2011年10月5日(水) 26:30~
第3話「めんまを探そうの会」/第4話「白の、リボンのワンピース」
/第5話「トンネル」

■2011年10月6日(木) 26:30~
第6話「わすれてわすれないで」/第7話「ほんとのお願い」
/第8話「I wonder」

■2011年10月7日(金) 26:30~
第9話「みんなとめんま」/第10話「花火」/最終話「あの夏に咲く花」

※放送内容は予告なく変更となる場合がございます。
========================================================

ツイさんのツイートによると
「サプライズ企画あり」とのこと。 必見!&チェ~ック!

========================================================
「あの花」一挙放送記念凱旋!

10月4日(火)より東京 渋谷パルコにて
“超平和バスターズの秘密基地「あの花」SHOP in 渋谷パルコ”
の開催が決定!
特別記念凱旋となりますので、
まだ御覧になられていない方はこの機会にいかがでしょうか。
皆様のご来場を心からお待ちしております!

~特別凱旋~
超平和バスターズの秘密基地
「あの花」SHOP in 渋谷パルコ


渋谷パルコ パート1 5階
「ノイタミナショップ」

2011年10月4日(火)~
10:00~21:00
========================================================
ノイタミナ「あの花」ショップ 最新情報|
 ノイタミナグッズ販売のノイタミナショップ 公式サイト



■あなる役・戸松遥さんとぽっぽ役・近藤孝行さんのブログ
☆ANOHANAFES☆|戸松遥オフィシャルブログ「ハルカレンダー」
あの花|近藤孝行の『とっとと鳥取トリッキーボーイズ』~鳥取からどうですか~?

■久喜邦康の市長ブログ(久喜秩父市長のブログ)
あの花フェス/秩父市

最後に、ANOHANA FES.へ参加された
他のブロガーさん達のレポートや感想記事を拝見して
忘れていた部分や、現場では気付かなかったことも
脳内補完出来ましたw。ありがとうございました。

(※ケータイ、iphone等では文字が見えない箇所があった為、
 10/06に一部修正致しました)


※追記※
10月18日、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の
公式サイトにて、「ANOHANA FES. MEMORIAL BOX【完全生産限定版】」
のリリース情報が発表になりました!

ANOHANA FES. MEMORIAL BOX【完全生産限定版】
2012年1月25日(水)発売

【価格/品番】
Blu-ray:10,290円(税込)/ANZX-3701
DVD:9,240円(税込)/ANZB-3701
・本編DISC+特典DISC 2枚組

ANOHANA FES.MEMORIAL BOX【完全生産限定版】 [Blu-ray]ANOHANA FES.MEMORIAL BOX【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/01/25)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

ANOHANA FES. MEMORIAL BOX【完全生産限定版】 [DVD]ANOHANA FES. MEMORIAL BOX【完全生産限定版】 [DVD]
(2012/01/25)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る


★DVD通常版同時発売
イベントDVD「ANOHANA FES.」
【価格/品番】6,090円(税込)/ANSB-3701
・本編DISCのみ

イベントDVD 「ANOHANA FES」イベントDVD 「ANOHANA FES」
(2012/01/25)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る



ANOHANA FES.MEMORIAL BOX【完全生産限定版】 [Blu-ray]



商品の説明
内容紹介

【完全生産限定版特典】
本編DISC+特典DISC 2枚組
■キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろし豪華BOX仕様
■本編DISC(120min)
■特典DISC(メイキング30min + 新録ピクチャードラマ「めんまへの手紙」ほか)
■B5判ブックレット(100P)
■「めんまへの手紙」イラストピンナップ20枚
■イベントレプリカPASS
■ANOHANA FES半被ストラップ
※特典は告知なく変更になる場合がございます。

【決行日】2011年9月25日(日)
【開催地】秩父ミューズパーク
【出演】入野自由・・・じんたん(宿海仁太)役、 茅野愛衣・・・めんま(本間芽衣子)役、
    戸松 遥・・・あなる(安城鳴子)役、  櫻井孝宏・・・ゆきあつ(松雪 集)役、
    早見沙織・・・つるこ(鶴見知利子)役、  近藤孝行・・・ぽっぽ(久川鉄道)役
【収録内容】
●名場面振り返り:超平和バスターズ BEST SHOT
●「secret base ~君がくれたもの~ 10 years after ver.」合唱
●書き下ろし“後日談”:めんまへの手紙
●フィナーレ:花火200連発
※Galileo Galileiの演奏パートは収録されません。
※REMEDIOSの演奏パートは録音状況によっては収録されない可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

■公式HP → http://www.anohana.jp/event/
ANOHANA PROJECT

※追記終了※


月刊アニメスタイル 第6号 (ねんどろいどぷちめんま付属)月刊アニメスタイル 第6号 (ねんどろいどぷちめんま付属)
(2011/12/25)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る

ピュアニーモキャラクターシリーズ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 めんま (本間芽衣子)ピュアニーモキャラクターシリーズ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 めんま (本間芽衣子)
(2011/10/10)
アゾンインターナショナル

商品詳細を見る

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 本間芽衣子 (めんま) (1/10スケール PVC塗装済み完成品)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 本間芽衣子 (めんま) (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
(2012/02/28)
Wave

商品詳細を見る

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/09/21)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/26)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

青い栞青い栞
(2011/06/15)
Galileo Galilei

商品詳細を見る

secret base ~君がくれたもの~ 【初回生産限定盤】secret base ~君がくれたもの~ 【初回生産限定盤】
(2011/04/27)
本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥) 他

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/28 18:04 ] あの花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。