ベルボンの三脚『ULTRA LUXi L LUXiL』、一脚『ULTRA STICK V50』、自由雲台『QHD-51Q』を購入 Cinema Kingdom Blog

ベルボンの三脚『ULTRA LUXi L LUXiL』、一脚『ULTRA STICK V50』、自由雲台『QHD-51Q』を購入 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > ベルボンの三脚『ULTRA LUXi L LUXiL』、一脚『ULTRA STICK V50』、自由雲台『QHD-51Q』を購入HOME > カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100 > ベルボンの三脚『ULTRA LUXi L LUXiL』、一脚『ULTRA STICK V50』、自由雲台『QHD-51Q』を購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベルボンの三脚『ULTRA LUXi L LUXiL』、一脚『ULTRA STICK V50』、自由雲台『QHD-51Q』を購入

三脚は旅行用のコンパクトな「SLIK Travel Sprint GM」、
HC1購入時に一緒に買ったビデオ用のリモコン三脚「VCT-870RM」
を持っていたのですが、「SLIK Travel Sprint GM」はコンデジ用
でとてもデジイチには使えませんし、コンパクトなだけあって
脚を全部伸ばしても高さがちょっと足りません。
また、「VCT-870RM」は高さ的には充分なのですが、サイズ的に
ちょっとカサバり、ファインダーを覗くとリモコン付のパン棒が
ジャマになることがありました。
そこで、旅行や三脚を使えない混雑したイベントなどで便利そうな、
伸縮性や携帯性が高く、尚かつ、デジイチでも充分使える耐重量
のある三脚と一脚が欲しくなりました。

スリック」と「ベルボン」のものを候補に、いろいろ悩みましたが、
手頃な値段と、デイパックや旅行バッグにも余裕で入る携帯性、
身長170cm後半の僕でも屈まずにファインダーを覗ける高さになるもの
という条件を最優先した結果、Velbon の『ULTRA LUXi L LUXiL』と
『ULTRA STICK V50』しか残らず、結局この二つに決めました。
それと、一脚『ULTRA STICK V50』にはクイックシュー付の自由雲台
があった方が便利だろうということで『QHD-51Q』も同時購入しました。
また、出先で撮影中にレンズに指紋などが付いた時に便利そうな
ハクバの「レンズペン」(定番)も一緒に注文しました。



Velbon 三脚 ULTRA LUXi L LUXiL
Velbon 自由雲台 QHD-51Q
Velbon アルミ 一脚 ULTRA STICK V50
HAKUBA レンズペン メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP2M

ベルボン株式会社 ULTRA LUXi L
価格.com - ベルボン ULTRA LUX i L 価格比較
ベルボン株式会社 QHD-51
価格.com - ベルボン QHD-51Q 価格比較
ベルボン株式会社 ウルトラスティックV50
価格.com - ベルボン Ultra Stick V50 価格比較
保管・メンテナンスアイテム - レンズペン - ハクバ写真産業




実物は想像以上に軽量、コンパクトでこれは旅行に便利そうです♪

ただ、自由雲台『QHD-51Q』のカメラネジがコインを使わないと
いけないタイプだったのが残念でした。
『ULTRA LUXi L LUXiL』付属の雲台『PHD-41Q』の方は
普通に指で回せるネジだったんですけどねぇ。
自由雲台だけはスリックにしておいた方が良かったかもw。


なお、付属の雲台『PHD-41Q』を『QHD-51Q』に交換すると、
より軽量、コンパクトな三脚になるので、これも便利そうです。



「ベルボン」の一脚、三脚の脚の延ばし方は独特な機構で、
ちょっと慣れが必要と云う事で心配していましたが、
試してみるとなんという事はなく、延ばすのも収納するのも
素早く出来て、かえって便利だと思いました。
ただ、軽量・コンパクトだけあって、強風時などの安定性
という点で多少不安が残ります。
しかし、それはストーンバッグを使ったり、紐か何かで
直接荷物を釣るしたりして重量を増やせば対応可能でしょう。
(ポールにフックが付いていると便利だったんですが…)
なにより、手軽に持ち運ぶ気になるこの携帯性の高さには
代えられません。

■三脚用アクセサリー ストーンバッグ
Velbon ネオ ストーンバッグVelbon ネオ ストーンバッグ
()
ベルボン

商品詳細を見る

バンガード SB-100 ストーンバッグバンガード SB-100 ストーンバッグ
()
バンガード

商品詳細を見る

スリック 三脚アクセサリー ストーンバッグDX 444202スリック 三脚アクセサリー ストーンバッグDX 444202
()
スリック

商品詳細を見る


それと、先月記事にしたカメラ・レンズ保存用の自作ドライボックス
ですが、どうせなら湿度計が欲しいと思いまして、
100円ショップで探したり、店員さんに訊いてみましたが
結局見付からず、仕方がないのでアマゾンで入手しました。
それと一緒に、買い忘れていた、『AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G』用の
52mm径のレンズプロテクターも追加で注文しました。



シンワ 湿度計 T-3 丸型 6.5cm 72668
DIGITAL KING デジタルキング スーパースリムプロテクター 52mm

届いてすぐにドライボックスに湿度計を入れて計ってみましたら
一時間後くらいから30%程度で落ち着きました。
カメラやレンズの保存に最適な湿度は40%から50%という事で
これではちょっと乾燥しすぎだなと、それまで入れていた除湿剤
を取り出して、100円ショップで買い増していたタンス用の
2枚シート分のシリカゲル(除湿剤)に入れ代えてみたところ、
一時間も経たないうちに湿度「0%」になっていて慌てましたw。
シリカゲルって、意外と強力なんですねw。
そこで、ハサミでシートを切り分けて、写真にある大きさにして
入れてみたところ、湿度50%程度に落ち着きました。
エアコンを入れていると部屋自体の湿度もこのくらいなので
(人が快適と感じる湿度は50%から60%前後)、早くもパッキンが
弱まって外気と同じ湿度になっているのかもしれませんがw、
今はこのサイズのシートを二枚入れて40%から50%になるように
コントロールしております。
なお、湿度計は三年程度で買い替えが必要とのことなので
湿度計付のドライボックスを買うよりもバラで揃えて正解だった
のかもしれません。


その後、またまたネットで知った「D5100」と三脚をプチ改造
する為のグッズが欲しくなり、アイカップの「VYC0973」と
雲台『PHD-41Q』のサイドティルトノブと交換できる
「445B用」ノブを注文しました。
amazonには無かったので、カメラ用の備品が充実している
ヨドバシ.comで買いました。
ただいま全品送料無料ということだったので、ついでに
安かったレンズクリーニングペーパーも注文しています。


サイドティルトノブ [イージーブラック445B用]
パナソニック VYC0973 [マグニファイヤーアイカップ DMC-L10 LUMIX用]
富士フイルム(FUJIFILM) レンズクリーニングペーパー(50枚入り) 3点

Velbon の『ULTRA LUXi L LUXiL』は、
三脚を付属の三脚バッグにしまう時、一旦、雲台『PHD-41Q』から
サイドティルトノブを外さなければ、袋に入りません。
それが、このノブと交換すると、そのまま袋に入るようになると共に、
尚更、コンパクトになり、持ち運びが楽になります。
これは『ULTRA LUXi L LUXiL』のオーナー達の間では定番の
プチ改造らしいです。


また、「D5100」のアイカップはちょっと薄くて、
ファインダーを覗くと鼻がバリアブル液晶のヒンジ(蝶番)
部分に当たって、気になっていました。
その対策として、このパナソニックのLUMIX DMC-L10用
マグニファイヤー『VYC0973』を買いました。
これを使ってもまだ鼻の先は付くのですがw、それでも
前よりはかなり気にならなくなりました。(苦笑)
過度な期待はしないほうが良いですが、純正より値段が安い
ですし、無いよりはあった方が快適ですね。
なお、装着後もバリアングルモニターは問題なく開きます。


今月もかなりの金額をデジイチ関連のカメラグッズに
注ぎ込んでしまいました。(汗)
さすがに今月はこれで打ち止めだと思っていたのですが・・・。

続きますw。(苦笑)



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。