Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05
HOME > アーカイブ - 2013年04月

酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution

今月始めにネットをウロウロしていた時、偶然、
「酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution」
という写真集が出ていることを知りました。
「酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution」3月28日(木)発売!! | れポたま!

酒井ゆうじ氏はゴジラのフィギュア原型師の第一人者として知られ、
その作品群は、希少であることもあって常にプレミア価格で取引されています。
2005年に氏の過去の作品を掲載した「GODZILLA DREAM ~酒井ゆうじ造形作品集~」
という写真集が今回の出版元と同じホビージャパンから出ていますが、
現在は絶版で、その中古品にも高値が付いていました。
そんな訳で、今回はこの情報を知ったと同時にアマゾンに飛び、速攻で注文、入手しましたw。
それとほぼ同時期に、氏が造形を務めたモスゴジの「S.H.MonsterArts ゴジラ(1964)」が
ただいま予約受付中だと知り、こちらも速攻で予約しました。







酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution
(2013/03/28)
酒井 ゆうじ

商品詳細を見る




S.H.MonsterArts ゴジラ(1964) | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
(予約締め切り:2013年5月7日(火)23:00まで。価格6,090円(税込)+送料他)

スポンサーサイト



[ 2013/04/28 10:37 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

『劇場版 あの花』ヒット祈念 高画質・秩父聖地巡礼 写真・壁紙

アニメが放送された11年の夏にデジイチ「Nikon D5100」を買って以来、
僕の「あの花」聖地巡礼は常にこのカメラと共にありました。
ネット上の「あの花」聖地巡礼写真を個人的に見た範囲では、
あまり高画質な写真や壁紙は無かったので、自分で上げる事にしました。
(※画像をクリックすると別窓で壁紙用の画像が開きます)





[ 2013/04/28 09:32 ] あの花 | TB(0) | CM(3)

『劇場版 あの花』特典付き全国共通劇場前売券第一弾と『秩父芝桜』再び

昨日の4月27日(土)から全国の上映館で発売開始になった
特典付きの全国共通劇場前売券第一弾を朝イチで買って来ましたw。





<発売情報>
◆特典付き劇場窓口前売券 第1弾発売決定!!
販売期間:2013年4月27日(土)より
販売場所:全国の上映劇場
特典:めんまからの手紙&あの花咲かそうシードペーパー(花の種)
※特典は数に限りあり。無くなり次第前売券のみの販売となります。
価格:1,500円(税込)
※当日一般 各1,800円(税込)の処

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』公式サイト

特典の“めんまからの手紙”は、アニメ本編のものとソックリですごく良いデキです。
“あの花咲かそうプロジェクト”と連動した“あの花咲かそうシードペーパー(花の種)”
については、まだ計画の詳細、全貌が明かされていないのでなんですが、
公開の何ヶ月も前に前売り券を買うような熱心なあの花ファンだったら、
この手のグッズは手元に残しておきたいと考えるのが普通だと思いますから、
アニプレさんが旗振りしても、果たしてどれだけの人数が参加する気になるのかなと、
多少、疑問に思ったりもします。

公開日、8月31日(土)の全国公開館数も発表になりました。
全国64館だそうです。
アニプレさんの劇場公開規模としてはかなり多めの館数で、
意外と力が入ってるんだなぁとちょっと驚きました。(苦笑)

[ 2013/04/28 09:08 ] あの花 | TB(0) | CM(0)

『アルゴ』、『96時間 リベンジ』、『ライフ・オブ・パイ』、『ジャッジ・ドレッド』

Argo (Blu-ray)[Region Free]




アルゴ - ワーナー エンターテイメント ジャパン

ご存じの通り、今年のアカデミー作品賞を受賞した、
ベン・アフレック監督・主演の実話を元にしたサスペンス映画です。
自ら「フィルム撮影にこだわる最後の映画監督」と公言しているだけあって
ソフトの画質もフィルム独特のグレインノイズ(粒子)感を残した仕上がりでした。
まあ、題材になったイランのアメリカ大使館人質事件が起こったのが
1979年から1980年ですから、その頃のサスペンス映画のテイストを再現する意図も
あったのかもしれません。
実際にあった事件が基になっている分、リアルな描写が中心なので、
CAI局員が主人公とは言え、派手なスパイアクション映画を期待して観ると
多少肩すかしを食らうことになります。
まあ、実話とは云いながら、嘘のような本当の話であることと、
当時のハリウッド業界の裏側が描かれている点で映画人にはより受けたのでしょうね。
もちろん、けしてデキの悪い映画ではありませんが、
実際、純粋にサスペンス・スリラーとしての面白さだけで云ったら、70年代に公開された、
『ジャッカルの日』や『オデッサ・ファイル』、『マラソンマン』の方が数段上でしょう。

[ 2013/04/28 08:18 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

『エクスペンダブルズ2』と『黒部の太陽 ノーカット完全版』

3月に購入したBDのレビューをずっとほったらかしなので、
そろそろパッケージ写真のご紹介と共に簡単に触れておきます。

エクスペンダブルズ2 [Blu-ray]




『エクスペンダブルズ2』オフィシャルサイト

前作は豪華版のほうを買いましたが、
続編のほうは、一応、特典映像もあるしと、安い通常版を買いました。
ただ、前作のヒットを受けて製作費は確実にアップしている印象でしたし、
前作では主演の他に監督も務めたスタローンでしたが、今回は
『コン・エアー』、『トゥームレイダー』のサイモン・ウェストに
監督を任せたこともあってか、アクション映画のまとまりとしては
明らかに今作の方が上だったように思います。
肉片と血糊が飛び散るアクション描写は前作以上に派手でグロく、
『ランボー 最後の戦場』のCGを使った殺戮描写の進化形といった感じでした。
相変わらずストーリー的には、キャストの死亡フラグが分かりすぎだったり、
予想を裏切らない弱さでしたがw、アクションシーンは一見の価値ありかと。
これなら前作を通常版、今作を豪華版と、逆のパターンにすべきだったかもしれませんw。

[ 2013/04/28 06:51 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)