Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2012 101234567891011121314151617181920212223242526272829302012 12
HOME > アーカイブ - 2012年11月

「ディズニー、ルーカスフィルムを買収」の報に触れて

映画好きの皆様ならすでにご存じでしょうが、
10月30日(現地時間)に発表になった
「ディズニー、ルーカスフィルムを買収」の報には驚きました。

==============================
米娯楽大手ウォルト・ディズニーは30日、「スター・ウォーズ」などを手掛けた映画制作会社ルーカスフィルムを40億ドル(約3200億円)相当の現金と株式で買収すると発表した。

買収は、現金20億ドルとディズニー株約4000万株によって行う。これにより、ルーカスフィルム経営者のジョージ・ルーカス監督はディズニーの大株主となる。

ルーカスフィルムの特殊効果事業インダストリアル・ライト・アンド・マジックと、音響スタジオのスカイウォーカー・サウンドもディズニーの傘下に入る。
ルーカス監督は、「スター・ウォーズを新世代の映画制作者に託すべき時が来た」「私は常に、スター・ウォーズは私を越えて生き続けると信じており、自分が生きているうちに引き継ぐことが大切だと考えた」との談話を発表した。

ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は電話会見で、スター・ウォーズの新たなシリーズ3部作の第1作目となる「エピソード7」の制作に着手していることも明らかにした。ルーカス氏はこの作品でクリエーティブ・コンサルタントを務めるという。

スター・ウォーズの新作は2005年の「エピソード3・シスの復讐」以来。エピソード7は15年の公開を目指す。

新たな3部作の後も、ディズニーは2~3年ごとにスター・ウォーズ・シリーズの新作を公開していく方針。必ずしも続編に限らず、これまでの作品に脇役として登場したキャラクターにスポットを当てる可能性もあるという。さらにテレビシリーズを制作する可能性にも言及した。

アイガー氏によると、ルーカス監督は数年前から自身の引退に向けた引き継ぎの計画を練っていたという。同監督の今後の作品への関与について、アイガー氏は「彼の意思は引退することだ」と述べている。

※「CNN.co.jp : ディズニーがルーカスフィルム買収、スター・ウォーズ新作に着手」より転載※
==============================



『スター・ウォーズ』新作が2015年に全世界公開へ!
 ディズニーがルーカスフィルム買収を発表 - シネマトゥデイ

映画/ディズニーが『スター・ウォーズ』を買収
 エピソード「VII」を2015年に公開 - cinemacafe.net

ディズニーがルーカスフィルムを買収
 『スター・ウォーズ』第7作、2015年に公開!? - Fabloid[ファブロイド]

傘下の映画会社間で競争激化も
 ディズニーのルーカスフィルム買収 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com

[FT]スター・ウォーズ買ったディズニーの野望  :日本経済新聞
『スター・ウォーズ』が教育に貢献?
 ジョージ・ルーカス、会社売却の収益は寄付する予定 - Fabloid[ファブロイド]


スポンサーサイト



[ 2012/11/03 04:24 ] 映画 | TB(0) | CM(4)