Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2010 101234567891011121314151617181920212223242526272829302010 12
HOME > アーカイブ - 2010年11月

BDレコーダー「パナソニック DIGA DMR-BWT2100K」を購入

昨日の27日土曜日、アバック主催の
ホームシアター大商談会2010ウィンター」を覗くため
池袋まで行って来ました。

主な目的はプロジェクタ-・シュートアウト
でしたが、個別デモは、三菱の「MODEL-X(仮名)」
のものしか参加出来ませんでした。
その「MODEL-X」の映像も素晴らしかったですが、
シュートアウトではエプソンの「EH-R4000」と
ソニーの「VPL-VW90ES」のコントラスト比と
精細度の高さ、色数の多さが印象的でした。
エプソンは3Dに未対応というのが残念ですが、
シュートアウト会場での2D映像では「EH-R4000」が
一番印象がよかったです。
一方、ビクターの「DLA-X9」は
いくらか緑カブリしているように観えました。
他にDLPの「三菱 LVP-HC4000」も観ましたが
カラーホイールが4倍速ということで僕には時折、
字幕などにブレイキングノイズ(虹)が観えました。
ただ、価格が10万円代ということを考えますと
コントラストや精細感ではかなり健闘していたと
思います。暗部の階調性も反射型液晶の高級機と
比較しなければ、充分という感じでした。

「MODEL-X」の3Dデモではパナがキャンペーンで
プレゼントしている、非売品の「アバター 3D」を
観ることが出来ました。
3D映像自体は素晴らしかったですが、
メガネをかけると多少暗くなるので、やはり
スクリーンゲインがそこそこ高くないと厳しい
気がしました。
(デモではスチュワートのゲイン1.0を使用)
「MODEL-X」自体は機能的には
究極のプロジェクターと云っても良い豪華な内容で
これで仮に「VPL-VW90ES」と大差ない価格であれば
かなりお買い得だと思います。

スポンサーサイト



[ 2010/11/28 07:54 ] ホームシアター | TB(0) | CM(5)