Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2010 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 11
HOME > アーカイブ - 2010年10月

『イングロリアス・バスターズ』の元ネタ、『追想』(1975)

【ATTENTION】
今回も我ながら呆れるほどの長文に
なってしまいました。
続きをクリックする場合はそのおつもりで・・・。

今月初旬、ネットをウロウロしているうちに、
EnterJamの「町山智浩のアメリカ映画特電」
に辿り着き、氏が配信するMP3音声ファイルを
いくつかDLして聴いてみました。
そのバックナンバーの中にタランティーノの
『イングロリアス・バスターズ』について語った
ファイルがあったのですが、そこでバスターズの
クライマックスシーンの元ネタになっているという
1975年公開のフランス(仏独合作)映画『追想』
(主演:ロミー・シュナイダー、フィリップ・ノワレ、
監督:ロベール・アンリコ)の存在を知りました。

コラム/町山智浩のアメリカ映画特電 | EnterJam
バックナンバー第81回~第95回 町山智浩のアメリカ特電 | EnterJam
第87回 2009/09/24 up
『イングロリアス・バスターズ』とナチへの復讐ロマン『追想』
(mp4ファイル)

映画ファンが『追想』という邦題を聞きますと、
イングリッド・バーグマン、ユル・ブリンナー共演の
「Anastasia」(1956)が真っ先に思い浮かぶと思います。
主演のイングリット・バーグマンは、
この作品が公開される数年前に、
人妻でありながらイタリアの巨匠、
ロベルト・ロッセリーニ監督に心酔して
すべてを捨ててヨーロッパに遁走し、
一度はハリウッドから追放されていました。
しばらくの間、欧州で女優活動を続けたのち、
この作品でハリウッドに復帰して、ロシアの皇女
アナスタシアだと名乗る謎の女性を演じて
二度目のオスカーを獲得しました。
しかし、これから触れる『追憶』という映画は、
原題を「Le vieux fusil」(「古い銃」)と云う、
まったく別の作品です。

町山氏によると、日本ではヒッソリと公開され、
さほど話題にもならなかったらしいですが、
本国では大ヒットしてセザール賞の作品賞、
主演男優賞、音楽賞を受賞しているとの事です。

あらすじは以下のようなものです。
フランス人医師(フィリップ・ノワレ)は
故郷の村の礼拝堂で村人たち数十人が
殺されているのを発見し、驚愕する。
そして、村の崖の上にある生家の古城に
疎開させていた愛妻(ロミー・シュナイダー)と娘も
やはりドイツ兵たちによって無残に殺された事を知る。
SS将校が率いるその小隊は、古城に駐屯して
次の命令を待っている様子だった。
復讐の鬼と化した主人公は、
まず城に通じる橋を崩してドイツ兵たちを足止めし、
勝手知ったる古城の構造を利用しながら
奴等を一人、一人と殺して行くのだった・・・。

主人公のフィリップ・ノワレは、
ジュゼッペ・トルナトーレ監督のイタリア映画
『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)で
映写技師のオヤジさんを演じていた男優さんで、
その妻役のロミー・シュナイダーは、
ヴィスコンティの『ルードウッヒ 神々の黄昏』(1972)や、
一時は婚約までしていた仲だったアラン・ドロンと
共演した『暗殺者のメロディ』(1972) 、
遺作となった『サン・スーシの女』(1982)などで
知られる、当時かなり人気のあった女優さんです。

あらすじを聞いているうちに
どうしても観てみたくなったのですが、
検索してみましたら、この映画の国内盤は未発売で、
米国盤のDVDも廃盤らしく、現在でもDVDが入手可能
なのは、本国フランスとドイツだけのようでした。
そこで、フランスのアマゾンに飛んでみると、
なんと、数日後に公開35周年記念のニューマスター版
DVDが発売されるではありませんか!
「これはどう考えても呼ばれているだろ」とw、
速攻で仏アマゾンに予約を入れました。

ドイツやフランスのアマゾンは送料が高いので
一枚だけ頼むのも勿体ないと思い、日本語字幕が付く
「クレイジー・ハート」のBDも一緒に注文しました。

■仏盤



Le vieux fusil - Edition limitee : Livret inclus
 「追想」
(PAL DVD)
Crazy heart [Blu-ray]
 「クレイジー・ハート」
(日本語字幕付)

追想(1975) - goo 映画
映画「クレイジー・ハート」公式サイト

スポンサーサイト



[ 2010/10/24 13:04 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)