Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2010 01123456789101112131415161718192021222324252627282010 03
HOME > アーカイブ - 2010年02月

「DVDO EDGE」やっと到着

「DVDO EDGE High-Definition Video Processor」
が先ほど、やっと到着しました。

注文したのは6日でしたが、
ご覧のように業者の発送は現地時間の8日でした。

■Track your package

February 15, 2010 11:10:00 AM
 Beaverton OR US Delivered
February 15, 2010 04:55:00 AM
 Tualatin OR US Out for delivery
February 15, 2010 04:30:00 AM
 Tualatin OR US Arrival Scan
February 15, 2010 02:06:00 AM
 Portland OR US Departure Scan
February 13, 2010 02:09:00 AM
 Portland OR US Arrival Scan
February 9, 2010 03:40:00 PM
 New Stanton PA US Departure Scan
February 9, 2010 10:57:00 AM
 New Stanton PA US Arrival Scan
February 9, 2010 06:10:00 AM
 Harrisburg PA US Departure Scan
February 8, 2010 07:28:00 PM
 Harrisburg PA US Shipment received by carrier
February 8, 2010 05:04:21 PM
 US Shipment has left seller facility and is in transit

それがオレゴン州の代行業者の元に届いたのが15日
でした。しかし、あいにくその15日は
アメリカの祝日(President's Day)だったため、
代行業者の発送業務がお休みで、発送は
振り込み確認後の16日の夕方になりました。
その荷物が米国ヤマト運輸のポートランド支店に
到着したのは17日でした。

■貨物状況

荷受 2010/02/17 米国ヤマト運輸 ポートランド支店
出荷 2010/02/18 米国ヤマト運輸 ポートランド支店
到着 2010/02/20 成田小口オペレーションセンター
輸入通関 2010/02/20 成田小口オペレーションセンター
国内発送 02/20 19:05 国際宅急便サービスセンター
配達中 02/21 08:30 (地元)センター

そして本日午前10時半前にやっと到着致しました。
結局、発注から到着まで半月かかったことになります。



代行業者の転送サービスの代金と
宅急便の送料の総額は、6千円ちょっとでした。
これとは別に関税+通関手数料が1200円かかりました。
僕が買った時の売価は499ドルでしたので、
込み込みの総額は5万5千円くらいでしょうか。
(ただ、今はもう100ドル以上値上がりしてしまった
ようですが…)

ちょっと心許ないサイズの外箱でしたが
早速、開封してみました。



ラルフ・ローレンの何かの箱だったんですねw。
スポンサーサイト
[ 2010/02/21 11:56 ] ホームシアター | TB(0) | CM(3)

呆れ果て、すでに諦めています

ちょっとご無沙汰しました。
サッカー日本代表の「東アジア選手権」の体たらくと
意図不明な指揮を執り続けた岡田監督の厚顔な弁明と
サッカー協会幹部の無能、怠慢、無責任ぶりに
怒り狂っておりましたw。
無理にブログを更新しても
罵詈雑言だらけになるのは火を見るより明らかwで
しばらくクールダウンする必要があったのです。

僕は明らかにライト層のサッカー好きです。
スタジアムに足を運んだこともありませんし、
興味があるのは日本代表チームだけのニワカです。
しかし、ニワカはニワカでも「ドーハの悲劇」も
「ジョホールバルの歓喜」もリアルタイムで観戦し、
時に泣き、歯ぎしりし、狂喜乱舞しながら、
今まで途切れることなく応援して来ました。
しかし、ここ半年ほどは代表戦があっても
TV観戦すらしなくなっていました。
岡田ジャパンには、可能性や魅力をまったく感じなく
なったからであります。
監督が解任されるか、辞任でもしない限り、
もうW杯まで観戦するつもりはありませんでした。

そんな訳で、「東アジア選手権」も後追いで
ニュースや動画サイトでダイジェストを見た程度で、
他はスポーツ紙やネット上の記事を読んだだけです。
しかし、国内のベストメンバー(あくまでも
岡ちゃん版のですが)で戦っても二軍の韓国相手に大敗し、
東アジア四カ国で三位という結果には、さすがに呆れ果て
怒り狂いましたw。
いよいよ馬脚を現し始めた岡田采配に
協会も重い腰を上げるのかと期待しましたが、
奴等は無責任にも岡田と心中することを選択しました。
「いま監督を代えるのはリスクが大きい」と云いますが
南アで惨敗する以上に大きなリスクなどありません。
少なくとも僕は負け試合でも「選手も監督も精一杯、
よくやってくれた。ありがとう」と感動できる試合を
して欲しいだけなのです。
今の岡田ジャパンのままでそんな試合が見られるとは
とても思えません。
本当にガッカリしましたし、
もう救いようがないと早くも諦めています。
[ 2010/02/21 03:48 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)