Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 02
HOME > アーカイブ - 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Cutthroat Island」、「Labyrinth」と「The Dark Crystal」

Cutthroat Island「カットスロート・アイランド」





1995年公開の海賊映画で、製作総指揮はマリオ・カサール、
監督はフィンランド出身で渡米後に『ダイ・ハード2』、
『クリフハンガー』を大ヒットさせたレニー・ハーリンで、
主演は監督の当時の愛妻、ジーナ・デイヴィスと
マシュー・モディーンという布陣の作品でした。
製作費は当時破格の一億ドルで、
海賊船や豪華で広大なオープンロケセットなどを登場
させていますが、公開してみるとまったく客が入らず、
製作費の1割程度である1000万ドル強しか回収できませんでした。
その為、ギネスブックに「最も興行赤字が大きい映画」
として記載された作品として有名です。

画質・音質は充分、綺麗で及第点以上でしょう。
この作品も国内盤ではBDのリリース予定がありません。

でも僕、この映画、そんなに嫌いじゃないですw。
風景は綺麗ですし、ハーリンらしい派手な海戦シーン
などのアクションシーンは良いデキだと思っています。
(まあ、嫌いならBDは買いませんよねw)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の映画化の話を
聞いた時に、真っ先に思い出したのがこの映画のことです。
同じく、大航海時代のカリブ海を舞台にした海賊映画
ということで、たぶんまた大コケするだろうと
予想していました。(苦笑)
映画界では長らく「海賊映画は当たらない」と
云われ続けて来ましたからねぇ。
しかし、フタを開けたら、あちらは世界中でメガヒットですw。
ゴア・ヴァービンスキー監督の手腕ももちろんありますが、
負け知らずの大プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマー
の凄さと、ジョニー・デップの人気に、恐れ入りましたw。

レニー・ハーリンは、これの次回作である
「ロング・キス・グッドナイト」でも
妻のジーナ・デイヴィスを主人公役に抜擢しましたが、
こちらもあまりパッとしない成績だった記憶があります。
(僕はLDで買いましたけどねw)
ジーナのあまりの「さげまん」ぶりに嫌気が差したのかw
この二人は1998年に離婚しています。

監督と、その妻が主役ってパターンの作品は、
ハリウッドではあまり成功例がない気がします。
「さげまん」ならぬ「あげまん」と云えばw、
伊丹十三監督ですが、伊丹監督が撮った、
奥様である宮本信子さんの主演作は、そのほとんどが
高い評価を受けています。しかし、これは世界的に見ても
かなり希有な例なのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 10:52 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

米国BD「Short Circuit」と「The Final Countdown」

以下の米国盤BDはすべてセール品で
安さのあまり注文したものですw。

Short Circuit「ショート・サーキット」





1986年公開のジョン・バダム監督作品です。
AIを積んだ軍事用ロボットが人間性に目覚める話ですが
中身は「ET」の異星人をロボットに置き換えたような
アクションコメディです。
スティーヴ・グッテンバーグが懐かしいですねw。
コメディが多かったので、日本での人気はそれほどでも
ありませんでしたが、80年代のアメリカでは非常に人気
のあったスターでした。

画質・音質は充分、及第点でした。
現時点では、国内盤でのBD発売の予定はありません。


The Final Countdown「ファイナル・カウントダウン」





カーク・ダグラス主演、ドン・テイラー監督の
1980年公開作品です。
[ 2010/01/31 10:50 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

2010年1月に購入したBDリスト

■国内盤



バニシング・ポイント [Blu-ray]
デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]
タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]
バロン [Blu-ray]
愛を読むひと (完全無修正版) [Blu-ray]

映画 バニシング・ポイント - allcinema
デイ・アフター・トゥモロー
タワーリング・インフェルノ - Wikipedia
バロン (映画) - Wikipedia
『愛を読むひと』公式サイト


■米国盤



The Hurt Locker [Blu-ray]
 「ハート・ロッカー」

Short Circuit [Blu-ray]
 「ショート・サーキット」

The Final Countdown [Blu-ray]
 「ファイナル・カウントダウン」

Cutthroat Island [Blu-ray]
 「カットスロート・アイランド」

Labyrinth [Blu-ray]
 「ラビリンス 魔王の迷宮」

The Dark Crystal [Blu-ray]
 「ダーククリスタル」


The Hurt Locker Movie - Official Movie Website
ショート・サーキット - Wikipedia
ファイナル・カウントダウン - Wikipedia
カットスロート・アイランド - goo 映画
ラビリンス/魔王の迷宮 - Wikipedia
ダーククリスタル - Wikipedia

[ 2010/01/31 10:47 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式

コンデジや動画の話題ばかり続きましたが、
こちらは本来、映画とホームシアターの話題を
メインにしたBlogです。(苦笑)
そろそろ映画やBDソフトの話題に戻りましょう。

さて、大幅に遅ればせながらですが(汗)、
第67回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が
2010年1月17日(日本時間18日)にロサンゼルスの
ザ・ビバリー・ヒルトンで行われました。



受賞結果は以下の通りです。

■作品賞
(ドラマ部門)
アバター
ハート・ロッカー
プレシャス
イングロリアス・バスターズ
マイレイージ、マイライフ



(コメディ/ミュージカル部門)
ハングオーバー
(500)日のサマー
恋するベーカリー
ジュリー&ジュリア
NINE


[ 2010/01/28 10:53 ] 映画 | TB(0) | CM(3)

TZ7の後継機、パナソニック 「LUMIX DMC-TZ10」

注目のフルHD動画撮影可能な高倍率ズーム・コンデジ、
ソニー「サイバーショット DSC-HX5V」の日本発売が
3月5日に決定しました。

DSC-HX5V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
ソニー、GPS搭載・AVCHD対応の「サイバーショットDSC-HX5V」 - デジカメWatch
価格.com - SONY サイバーショット DSC-HX5V 価格比較





短いですがテスト動画も出ました。↓

Sony HX5 HD Video Testing
Sony DSC-TX7 討論區 - 型薄潮機.旅行達人
 Sony Cyber-shot TX7、HX5V 聯合登場- 第1頁 - DC先看 ePrice 香港



また、16日にはパナソニックから、
TZ7の後継機で「HX5V」の最大のライバルになると
思われる、「DMC-TZ10」の発表がありました。



ニュースリリース
DMC-TZ10|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic
GPS搭載の“旅カメラ”LUMIX、パナソニック「DMC-TZ10」 - ITmedia +D LifeStyle
パナソニック、GPS機能搭載の12倍ズーム機「LUMIX DMC-TZ10」 - デジカメWatch
価格.com - パナソニック LUMIX DMC-TZ10 価格比較

仕様だけを見ますと、明らかにTZ7のマイナーチェンジ版
といった感じで、正直「HX5V」のスペックと比較しますと
ちょっと見劣りのする内容で残念でした。
「HX5V」に明らかに勝っている点は、
「HX5V」の光学10倍ズーム(25mm~250mm相当)に対して
「TZ10」のほうはTZ7と同じ12倍ズーム(25~300mm相当)
である点と、動画撮影時の最広角が「HX5V」の約30mm
(静止画では25mm)に対して、より広角な25mmであること、
くらいでしょうか。


※冷静になって追記※

両モデルを細かく比較検証してみますと、
「HX5V」の23万画素液晶モニターに対して
「TZ10」のほうは46万画素液晶モニターと、より高精細
だったり、「超解像技術」で最大記録画素数撮影時でも
iAズームで16倍まで光学ズーム並みの解像感が保たれる点や、
多段虹彩絞り、新・手ぶれ機能、マニュアル撮影機能、
動画の分割編集&削除がカメラのみで出来るレタッチ機能、
写真用の多彩な撮影モードが動画撮影時にも反映する点など、
「TZ10」にも「HX5V」には無い魅力、機能がありますね。
少なくともTZ7からは確実に進化している印象です。

かなり気が早い話ですがw「TZ10」の次期モデルで
「裏面照射型CMOSセンサー」が搭載され、動画解像度が
フルHD(1080/60fps)に対応すれば、世間の評価は
簡単にひっくり返るでしょう。
TZ7の愛用者やLUMIXファンは、それまで買い換えを待つのも
ひとつの手だと思います。
(冷静に考えると、それが一番賢明な気がw)

強力なスペックという点で、
「HX5V」のほうにどうしても目が行きがちですが、
やはり評価は、購入者の写真サンプルや動画サンプルが
ネットに上がった時点からが本当の勝負なのでしょうね。


勘違い?のお詫び

前の記事に以下の追記をしたのですが、
どうやら勘違いのようなので一応削除しました。
お騒がせして、お恥ずかしい限りです。(汗)

★【追記】重大なミス発覚!(大汗)★

上の文に取消線を入れましたが、実は
取り込んだ元のファイルの詳細を調べたところ、
なんと、480×720の30フィールドの動画ファイルに
なっているではないですか!!!
これでは見た目の解像度が低いのも無理ありません。(汗)
「HDR-HC1」の画面上では「HDV1080i HDVin iLINK」と
表示されていますが、もしかしたらHDVではなく、
実際はDV映像で出力されているのかもしれません。
(下に書いていますが、僕のHC1が最近不調の為)

また、「Windows Live ムービーメーカー」で
「デバイスからの読み込み」を指定しますと、
「Windows Live フォト ギャラリー」が起動して取り込む
のですが、このソフトには、読み込む元のファイルの
解像度を表示する機能や、取り込む解像度を自由に指定する
オプションはないようです。(ほぼ自動処理)
で、その取り込み画面でも「HDで読み込む」という文字が
出ているのですが、出来上がったdvr-msファイルは
480pなのですよ。
もう本当に訳が分かりません…。(???)

つまり、上の「YouTube」にUPした富良野の動画は
480pのものを720pにアプコンした映像という事になります。
まことに申し訳ありません。
今更削除するのもなんなのでこのままにするつもりですが
何時間もかけて仕上げたのに、ガッカリですよ…。(苦笑)

僕もいろいろ調べてみるつもりですが、やはり、
有料の動画編集ソフトを買わないとダメですかね…。
しかし「HDR-HC1」側の不具合だったら無駄になりますしねぇ。
「HDVのPC編集」は、いきなり出だしから躓きましたよw。
困りましたねぇ…。
詳しい方がいらっしゃったら、ぜひご教授下さい。

★【追記終了】★

これを書いた後に調べていた過程で
HDVの取り込みフリーソフト「HDVSplit」というのを発見し
DLして試しにHC1から取り込んでみましたが
保存された「m2ts」ファイルのプロパティには
サイズ表示がありませんでした。
「Windows Live ムービーメーカー」やGOMなどのプレイヤー
でも試したのですが、やはりサイズがハッキリしません。
で、ある書き込みを参考に、「Windows ムービーメーカー」
でファイルを開くと右クリックのプロパティでサイズが分かる
というので、「Windows Live フォト ギャラリー」で取り込んだ
例のファイルを開いて見てみましたところ、なんと、
HDVサイズの「1440×1080」になっているではないですか!
この数時間の大騒ぎは何だったのでしょう。(涙)

結局、よく分からないままですがw、
「Windows Live フォト ギャラリー」で取り込んだHDVのデータ
を保存した「dvr-ms」ファイルは、プロパティには480×720
と表示される、そういうバグか、仕様なのかもしれませんw。
もう面倒なので、そう考えますw。

因みに「dvr-ms」ファイルは対応プレイヤーソフトなら
そのままでも再生出来ますが、「YouTube」などの動画サイトに
UPする際は、「ムービーの保存」でwmvファイルに変換する必要が
あります。その時に1080pから480pまで好きな解像度(画面サイズ)
を選べるようになっています。
ここが一番時間がかかりますので、画質とエンコ時間のバランスが
良さそうな720pを選んで上げました。
「YouTube」は最近1080p動画のアップロードに対応しましたが
ネットで見るぶんには720pくらいが丁度良いでしょうしねw。

この大騒ぎにもひとつだけ収穫がありましたw。
上に書いた「HDVSplit」は、
「Windows Live フォト ギャラリー」の取り込みでは出来ない、
動画をカット単位に自動分割してくれる機能があるのです。
富良野の動画は、カット毎にすべて手動で切り分けを
しなければならず、えらい手間でした。
今後、HDVの動画編集は、「HDVSplit」で取り込み、
出来上がったカット毎のm2tsファイルを
「Windows Live ムービーメーカー」で開いて編集する、
というパターンにしたいと思います。

「HDR-HC1」で撮りためた動画をPC編集

「YouTube」にUPしたお台場と浅草寺の動画が
kakaku.comの「Lumix DMC-TZ7」のクチコミで
ご紹介した事もあってか、予想以上の多くの人に
ご覧いただいているようです。
これに気をよくしてw、ここ数年、旅行先で
「HDR-HC1」を使って撮影して来た動画を
順次、PC編集してUPして行こうかと考えています。


とりあえず、2006年の夏に行った北海道旅行の
DVテープの中の一巻分をPCに1080iで取り込みまして、
そのデータを元に、富良野のラベンダーをテーマ
にした5分30秒の720p動画を編集してみました。
よろしかったらご覧下さい。



HDR-HC1」は「HDV 1080i方式」()のビデオカメラです。
2005年の夏に買いました。

基本的に1440×1080画素、秒間59.94/50フィールド(NTSC/PAL)
のインターレース映像を約25MbpsのMPEG-2ビデオで
圧縮、記録。音声は、基本的にサンプリング周波数
48kHz、16ビットステレオオーディオを、384kbpsの
ビットレートでMPEG-1 Audio Layer-2として圧縮、
記録する。

当時、ハイビジョン撮影可能な家庭用ビデオカメラ
としては、最も小型軽量なモデルでしたが、現在の
ハンディカムのコンパクトさや軽さと比較しますと
まるで業務用ビデオカメラのようですねw。
肝心の画質も、今や「Lumix DMC-TZ7」で撮った
720p動画と比較しても、色調や見た目の解像度感、
コントラスト比などで、ちょっと見劣りがします。(苦笑)

ハイビジョン・ハンディカム「HDR-HC1」購入
(記事)カテゴリー「HDR-HC1」

「HDR-HC1」とPCの接続は、買ったまま放置していた
4pin・6pinのiLINKケーブル(IEEE1394ケーブル)で
行いました。
HDVのPC取り込みと編集について検索してみましたら
最新のOS、Windows 7 は当然出来ますが、
Vistaですと、Home Premium または Ultimate
でないと扱えないようです。
僕のOSは「Vista Home Premium」なので問題は
ありませんでした。
iLINKケーブル(IEEE1394ケーブル)でPCと「HC1」
を繋いで、取説の指示通りに「HC1」の電源を入れ
「再生/編集」の画面を出しまして、コントロールパネル
のデバイスマネージャを開いてみますと、
「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」
に「HDR-HC1」が表示されました。
ドライバは自動でインストールされますので、
自分で用意する必要はありません。
次にiLINKで取り込むための動画編集ソフトですが、
これも手持ちの「Windows Live ムービーメーカー」の
「デバイスからの読み込み」で行えました。
「HDR-HC1」を買った当時は、HDVを扱えるような
ハイスペックPCや動画編集ソフトはどれも高額で
かなり敷居が高かったものですが、5年も経ったら
10万前後のPCとフリーソフトで簡単に編集出来ちゃう
んですから、驚きます。
データを保存する大容量のHDDも安くなりましたしね。

旧友と再会し、お台場へ

年賀状のやりとりがきっかけで
ここ数年没交渉だった旧友と会うことになりました。
16歳の頃にバンド活動を通して知り合い、
この歳になるまで、お互いつかず離れずの関係を
続けて来た、腐れ縁とも云うべき悪友です。(苦笑)

とりあえず、都内のどこかで会おうということになり、
では温泉にでも入ろうと、お台場の「大江戸温泉物語」
に行くことにしました。
そんな訳で、休日だった昨日の15日(金)の昼前に
乗り換え駅のホームでその旧友と落ち合い、
りんかい線の「東京テレポート駅」へ向かいました。

時間に余裕を持って出掛けたのは、コンデジ、
Panasonic「Lumix DMC-TZ7」でお台場の動画と写真を
撮るためであります。
友人もかつては写真を趣味にしていたこともあり
僕のわがままに付き合ってもらいました。



お台場 - Wikipedia

「お台場海浜公園」をブラブラした後に
「フジテレビ」の球体展望室「はちたま」に登り、
台場駅からゆりかもめで「大江戸温泉物語」の
最寄り駅であるテレコムセンター駅へ。



「大江戸温泉物語」でたっぷり温泉を楽しみつつ、
お互いの近況など、積もる話をしながら
飲んだり食べたりしたのち、夕方、台場駅まで戻り、
「お台場海浜公園」の夜景を楽しんでから
行きと逆のルートで帰宅しました。



という訳で、今回も撮って来た動画と写真を
「Windows Live ムービーメーカー」で編集しまして
6分45秒程の動画にまとめました。
今回は、「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」に
付いていた、著作権フリーだと思われる音楽ファイル
を全編に使っております。
それをまた「YouTube」にUP致しました。

前回と同様、今回も手持ち撮影ばかりでブレが酷く
お見苦しい限りですし、静止画でも事足りる映像ばかりで、
あまり動画としての価値は高くありません。(汗)
我ながら凡作だなぁと内心忸怩たるものがありますがw、
よろしかったらご覧下さい。


強力な「TZ7」キラー出現!「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」

現地時間の6日、ソニーUSAは、ラスベガスのCES会場で
光学10倍ズーム搭載でフルHD動画の撮影が可能なコンデジ
「DSC-HX5V」の発表を行いました。





DSC-HX5V/B | Cyber-shotR Digital Camera HX5V/B | Sony | Sony Style USA
ソニー、海外でGPSと電子コンパス搭載の「DSC-HX5V」発表 - デジカメWatch

主な仕様は以下の通りです。

◎裏面照射型CMOSセンサー搭載
◎35ミリ換算25~250ミリ 光学10倍ズーム
◎有効画素数1020万画素
◎フル解像度(10メガ)秒間10コマ高速連写
◎新・スイングパノラマ撮影
◎3型/23万画素液晶
◎GPSと電子コンパス搭載
◎バックライト補正HDR
◎1080/60i AVCHD形式フルHD動画撮影
◎手ブレ補正機能「Active Mode」搭載
◎Transfer Jet対応
◎メモリースティックとSDHCの両方に対応

なんですか、この最強スペックは!(苦笑)

このスペックで、米国での予約価格は
ソニーUSAの直販ショップで「$349.99」だそうです。
SONYは、こんなコンデジをこんな価格で出して、
自社のフルHDハンディカムをどうやって売るつもり
なんでしょうかw。

36歳児声優、金田朋子さん

1年半前くらいから突如、
深夜TVアニメにハマリ始めた岩窟王ですが、
その過程でアニメ声優さんがパーソナリティーを
務めるネットラジオやネット動画などを
頻繁に聞くようになりました。
ブログの記事を書いている時などの作業用BGMとして
ネットラジオ局や「YouTube」や「ニコニコ動画」に
上がっているものを流しているのです。

例えば、ちょっと前ですと「みなきけ」とか
「とらドラジオ!」、「とあるラジオの禁書目録」、
現在なら「さよなら絶望放送」、
「まりあ†ほりっく Webラジオ 天の妃放送部」、
「とある“ラジオ”の超電磁砲」、
「ひだまりらじお×☆☆☆」、「A&G超RADIO SHOW
~アニスパ!~」などの番組を聞いて、
阿澄佳奈さん、豊崎愛生さん、小林ゆうさん、
新谷良子さん、井口裕香さん、伊藤かな恵さん、
佐藤利奈さん、井上麻里奈さん、茅原実里さん、
真田アサミさん、浅野真澄さんなどの女性声優さんが
ラジオ・パーソナリティとしても非常に人気がある
という事を知りました。

そして、遅ればせながら、
この年末に今までに体験したことのない程、
強力なインパクトを持った一人の女性声優さんに
遂に出逢ってしまいましたw。
その人は、金田朋子さんと云います。

[ 2010/01/10 06:27 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

今年になってから注文した米国盤BD

国内盤と同様、米国BDの新譜も
今月はあまりめぼしいタイトルがありませんで、
オスカーの有力候補だと云われる「ハート・ロッカー」
くらいしか見当たりませんでした。
「ハート・ロッカー」は、イラクでのアメリカ軍の
危険物処理班を描いたドラマで、「ハートブルー」
のキャスリーン・(アン・)ビグロー監督の最新作
であります。



The Hurt Locker [Blu-ray]「ハート・ロッカー」



The Hurt Locker Movie - Official Movie Website

キャスリーン・ビグローは女性監督ながら
並の男の監督よりも漢(おとこ)らしい映画を
撮る人でw、ジェームズ・キャメロン監督の
2番目の奥さん(※)だった方でもあります。
キャメロンがターミネーター・シリーズの
リンダ・ハミルトンと浮気をしたのが原因で
結婚からわずか2年で別れています。

[ 2010/01/09 04:46 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

2010年1月リリースの国内盤BD

セール品のBDを注文したついでに、
今月出る新譜の予約もしようと思ったのですが、
ザッと見渡したところ、それほど欲しいタイトルが
見当たりませんでした。
(それでセール品の購入を増やしましたw)

話題の「マイケル・ジャクソン THIS IS IT Blu-ray」は
一旦、限定のブリキ版のほうを予約したのですが、
年末にキャンセルしてしまいました。
彼の最盛期の頃のCDは人並みに何枚か持っていますが、
別段、熱心なファンだったという訳でもなく、
亡くなったからと云って勢いで注文して、
購入後に何度も見る気になるのか、
甚だ疑問だった為ですw。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


6日発売の「ノウイング [Blu-ray]」は米国盤で買い、
飛行機の墜落シーンと地下鉄の脱線シーンのSFXと
SEは、心底リアルで凄いと思いましたが、
全体的には後半のあの展開は無いだろぉという事で
国内盤のほうはとりあえずパスしました。

ノウイング [Blu-ray]ノウイング [Blu-ray]
(2010/01/06)
ニコラス・ケイジチャンドラー・カンタベリー

商品詳細を見る

[ 2010/01/08 23:26 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

amazonのBDセール、1月11日まで!

amazonが行っているBDセールが今月11日まで
ということで慌てて前から気になっていた
以下の3タイトルを注文しました。

デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]
タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]
バロン [Blu-ray]

まだBD自体は観ておりませんが
すでに3タイトルとも到着しております。
今晩にでも観るつもりです。





[ 2010/01/08 23:04 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)

国内盤BD「バニシング・ポイント」

そろそろ映画ソフトの話をしましょう。

今年になってはじめて買った映画ソフトは、
2日にTSUTAYAで購入した「バニシング・ポイント」
のBDでした。

ブルーレイ2,500円(税込) - TSUTAYA online
- 今月のキャンペーン ~TSUTAYAに行くと何かある?!~


amazonが今月11日までの期間限定で行っている
BDセールのページをはじめて物色した時から
気になっていたタイトルだったのですが、
年末に改めて覗きましたら、既に売り切れており、
再入荷の予定もないようでした。(廃盤?)
2日に鈴本演芸場から上野駅に向かう途中にある
「TSUTAYA」の前を通った時に、以前、記事にした
TSUTAYAの2,500円BDセールのことを思い出し
もしかしたらあるかもしれないと寄って覗いたところ、
一枚だけ発見したのでありますw。

クエンティン・タランティーノの「デス・プルーフ」
を観て以来、もう一度、「バニシング・ポイント」を
ちゃんと観てみたいと思っていたんですよねぇ。
ラストシーン以外はほとんど忘れていましたから、
今回のBD版は、かなり新鮮な気持ちで観れましたw。







バニシング・ポイント [Blu-ray]

映画 バニシング・ポイント - allcinema
[ 2010/01/07 18:35 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(6)

チワワのミミちゃん

昨夜、毎年恒例の家族新年会がありまして
実家に帰りました。
弟、妹達とその連れ合いに大勢の甥っ子、
姪っ子たちが一堂に会して、楽しくやりました。

その話は置いておいて、
このチワワのミミちゃんを見て下さい。
生後1ヶ月経たないうちに実家にやって来て
今、生後5ヶ月です。

チワワのミミちゃん

可愛いでしょう~?

でも会うのは今回が二度目ですから
全然慣れてくれませんでしたw。
正面から写真を撮るのが大変でしたよ。(苦笑)

秋にはじめて会った時は片手の手のひらに
乗るくらいに小さかったものです。
大きめのマグカップに入れたり、丼に入れて
「チワワ丼w」が出来る位だったのですが、
その時はあいにく、コンデジはおろか、ケータイも
忘れて来ていて、写真が撮れなかったんですよねぇ。
ずっと気になっていて、妹に写メールしてくれと
頼んでいたのですが、無視されていました。(苦笑)
今回やっと写真を撮ってご紹介出来ますw。

でも、たった3ヶ月ぶりなのに、
結構大きくなっていて驚きました。
顔のサイズはあまり変わりませんが、
胴と四肢がかなり長くなりました。
もうマグカップには入りませんねw。
でも、もうこの先はずっとこのサイズのまま
なのでしょうね。


実家にはもう一匹、今年で13歳になる老犬、
マルチーズのチロちゃんもいるのですが
こちらは昨年病気で開腹手術をしまして
その傷跡を口で開いて血だらけになり、
再手術をするはめになってからこの方、
首の回りに保護用の透明な囲いを装着されており
あまりに情けない姿なので写真は載せません。(苦笑)

[ 2010/01/04 10:35 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(3)

上野・鈴本演芸場の初席

秋葉原の駅はリニューアルを終えて、
すっかり綺麗になりましたねぇ。
今では、昔からお馴染みの「電気街口」周辺よりも
ヨドバシAkiba店のある新しい中央改札口周辺のほうが
人通りが多いような気すらします。
近頃、各方面から虐げられている愛煙家にとっては
喫煙スペースの「オアシス」がある事も嬉しいです。



ここでの撮影後、高架の下を中央通り方面に行き、
これまた真新しい「秋葉原UDX」のイルミを撮影し
中央通り沿いの昔ながらのアキバの風景を撮ってから
御徒町で夕食にちょっと奮発して鮨を食べましたw。

その後、鈴本演芸場に向かい、
動画や写真を撮ることも忘れて切符売り場へ。
すると「立見 2,000円」の札が出ています!
初席は特別料金で大人ひとり3,500円です。
第三部は5:20分に始まりましたが、その時は
まだ6時でした。
これはお得と、すぐに入りました。(笑)

立ち見客は思ったほどの人数ではなく、
舞台はよく見えました。
去年行った5日から10日までの初席は
当日券のみなので、かえって混雑していました。
それに比べれば楽勝ですw。

[ 2010/01/04 07:12 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

浅草寺に初詣

2日の朝に「LUMIX DMC-TZ7」の動画と写真のテスト撮り
を兼ねて、どこかに初詣に行ってこようかと
思い立ちました。
無宗教であることもあり、いつもは初詣なんて
まず行きませんがw、お正月で絵になるイベント
と云えば初詣だろう、と考えたのですw。

当初は、「葛飾柴又寅さん記念館」が12月5日に
何度目かのリニューアルオープンをしたと知って、
明治神宮あたりと比べれば遥かに空いているであろう
柴又の帝釈天に初詣に行こうかと思ったのですが、
どうせ行くなら浅草寺の方が絵になるかなと思い直し、
結局、浅草に出掛ける事にしました。

そう思ったものの、根っからの出不精ということで
ダラダラとネットをしていたら午後になってしまい、
やっと重い腰を上げたのが1時半過ぎでした。
上野を経由して地下鉄銀座線で浅草へ。
ご存じの通り、この上野・浅草間は日本最古の
地下鉄路線であります。

浅草に着いたのは午後3時頃でした。
晴れてはいましたが、すでにもう陽がかなり傾いていて
「こりゃ、まずかったかなぁ。やはり朝から出てくれば
よかったか」と思いましたが、すでに後の祭りです。
夕景や夜景のテストにはなると諦めるしかありません。

浅草寺に向かう前に駅から行くと逆方向になる
隅田川を覗きに行きました。
有名な金のウ●コのあるビル方向に向かい、
吾妻橋で動画と写真を撮影しました。

次に、お目当ての浅草寺に向かいました。
午後なら少しは空いているかなと考えていましたが
とんでもなくw、雷門から参道である仲見世は
初詣客で大混雑していました。

雷門

参道は一方通行になっておりましたが、それでも
立錐の余地もない感じで、とんでもない状況です。
仕方なく最後列に並びましたが、すごい人混みで
写真や動画を撮るのも一苦労でした。

[ 2010/01/04 07:09 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

LUMIX DMC-TZ7で初動画 「浅草寺初詣、秋葉原」

2日の午後に年末に買った
LUMIX DMC-TZ7」の動画と写真のテスト撮り
を兼ねまして、浅草の浅草寺に初詣に行って来ました。
(ついでに秋葉原の夜景も撮って来ました)

「DMC-TZ7」では、設定で動画のフォーマットを
「AVCHD Lite」と「Motion JPEG」(Quick Time)から
選べますが、今回は「AVCHD Lite」で撮っています。
また画質モードは「SH(17Mbps)」、「H(13Mbps)」、
「L(9Mbps)」の3つ(いずれも720P解像度のみ)から
選べますが、今回は一番高画質な「SH」にしています。
フレームレートは60pですが、CCDからの出力は30pなので
実質は30Pの動画ということになります。

単純な動画再生のみでしたら
本体での再生の他、付属のHDMIケーブル()経由で
TVと繋いだり、SDカードを対応するBDレコーダーや
BDプレイヤーなどのSDスロットに挿せばそのまま
再生出来ますが、動画の編集をPCで行う場合は、
別途、動画編集に耐えられる性能(スペック)を
持ったPC()と、動画編集ソフトが必要になります。

※追記※
「付属のHDMIケーブル」と書きましたが、
これは誤りです。(汗)
付属しているのはアナログ用の「AVケーブル」
と「USB接続ケーブル」になります。
TVのHDMI端子に繋ぐには別売りの「HDMIミニケーブル」
が必要です。これの純正品が高額とかで、価格.comの
クチコミで、それのみを理由に「TZ7」をボロクソに云う
KYがおりましたが、純正でなければ、1,500円程度
で買えることを知らないのでしょう。

720p動画の編集に必要なPCスペックの目安ですが
「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」の動作条件から
考えますと、「Intel(R) Core(TM)2 Duo 2.16GHz/
PentiumD 3.2GHz以上(動画再生時)」、
「Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.6GHz以上(動画編集時)」
と、そこそこ高スペックなPCが要求されています。
また、CPUだけでなく、ビデオカードの性能と
メモリーをどのくらい積んでいるかも問題になります。

因みに僕のPCは一年前に買ったもので
・ Windows Vista Home Premium with SP 1 正規版
・ インテル(R) Core(TM) 2 Quad Q9400(2.66/6/1,333)
・ 4GB DDR2 SDRAM (800MHz,4DIMM)
・ 750GBハードドライブ(SATA, 7,200rpm)
・ ブルーレイ再生/DVDスーパーマルチドライブ
・ NVIDIA(R) GeForce(R) 9600GS(768MB)
・ Creative Sound Blaster X-Fi Xtreme Audio PCI Express x1
というスペックです。
ハイビジョンの動画編集をする上ではギリギリ
といった感じですが、これといったトラブルもなく
快適に編集出来ました。
※追記終了※

撮影して来た動画は一回動画ボタンを押してから
もう一度動画ボタンを押したところまでの動画
(つまりワンカット)がひとつのファイルとして
記録されています。
付属のPCソフト「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」を
使いますと、AVCHD編集画面でIN点とOUT点を
指定してやれば、部分削除は出来るのですが、
何より重要な複数のファイルの統合(カット毎ではなく、
ひとつの作品に統合する事)が出来ません。

そこで無料の動画編集ソフトを探してみました。
調べた結果、Vistaには入っていない
「Windows Live ムービーメーカー」をダウンロード
すれば編集が出来ることが分かりました。

http://download.live.com/moviemaker

なお、この「Windows Live ムービーメーカー」と
Vistaに入っている「Windows ムービーメーカー」とは
まったく別のソフトです。(最新の「Windows 7」には
始めから収録されているようです)
また、「AVCHD Lite」の動画再生と動画編集には、別途、
コーデックパックをインストールする必要があります。
僕の場合は、すでに「ffdshow」を入れていましたので
「GOM PLAYER」や「Windows Media Player」で
何の問題もなく再生出来ましたし、「Windows Live
ムービーメーカー」でもスムーズに編集が出来ました。

「DMC-TZ7」のSDのファイル内の「m2ts」ファイルが
カット毎の動画ファイル()になります。

※追記※
実はこの記述は、僕の勘違いです。(汗)
僕はTZ7ではじめて撮った動画ファイルを
一旦、「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」で扱ってから
新しいフォルダを作ってその中に保存し直しました。
その後、「Windows Live ムービーメーカー」をDLして
展開し、最終的な仕上げ作業を行ったのです。
その時のフォルダ内の動画ファイルの形式が
「m2ts」ファイルでしたので、SDカードに収納されていた
動画ファイルも「m2ts」ファイルなのだと思いました。
しかし、後日、別の動画を撮影して、SDカードを直接開き、
「Windows Live ムービーメーカー」で編集しようと
「m2ts」ファイルを探したところ、動画はSDカードの中では
「MTS」ファイルとして保存されていました。
(SDカードの中身を直接開きますと、三つのフォルダが
 あります。この中の「PRIVATE」フォルダを開きますと
 更に「AVCHD」と「MODELINF」の2つのフォルダがあります。
 その「AVCHD」内の「BDMV」フォルダ内の「STREAM」
 フォルダ内にお目当てのカット毎の「MTS」ファイル
 があります)
ですから、正しくはSDカードに保存されている時点では
「m2ts」ファイルではなく、「MTS」ファイルという事に
なります。以上、お詫びして訂正致します。 m(_ _)m
※追記終了※

これを「Windows Live ムービーメーカー」で指定して
「オートムービー」機能を使って編集をしたところ、
約7分30秒の動画になりました。
これを「Windows Live ムービーメーカー」で保存すると
16:9の720p解像度(HD)のまま、PCでの扱いに便利な
「wmv」ファイルに自動変換して保存してくれます。
また、この保存したwmvファイルを「YouTube」に
アップロードする機能も付いています。
というわけで、今回作った動画ファイルを
「YouTube」で公開することに致しました。
すべて手持ち撮影ですし、音楽などもない為、
お見苦しくてお恥ずかしい限りですが、
よろしければご覧下さいませ。(汗)
(最後のクレジットで「Windows Live ムービーメーカー」
の「メーカー」の部分を書き忘れました。
また、途中に出る文字に「つくばエキスプレス 浅草駅」
とありますが、正しくは「つくばエクスプレス」です。(大汗)
どうもすみません)



感想としては、
これは買う前から分かっていたことですが
やはり、CCDが原因のスミアが酷いですね。(苦笑)
スミアというのは強い光源を撮影すると縦に入る
棒状のノイズのことです。
また、昼間の映像はそこそこ良いとして、
夜景ではノイズが増えますし、見た目の解像度や
色の階調も落ちるようです。
でも、まあ、この値段で、このサイズのコンデジで
ここまでの動画が撮れれば、マニアのように
細かいことを気にしなければ、充分という気もします。


次の記事では写真と動画の中身について
詳しく語るつもりです。
実は、動画撮影後に夕食をとって、秋葉原から上野まで
ブラブラ歩いて、鈴本演芸場の初席を立ち見で
観て来たんです。トリはもちろん、小三治師匠でしたw。
ま、その話はまたw。


新年あけましておめでとうございます

訪問者の皆様、
よき新春を迎えられたことと謹んでお喜び申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、
大変ありがとうございました。
本年も引き続き、よろしくお願い致します。

2010年 元旦      管理人・岩窟王


[ 2010/01/01 08:20 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。