Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 01
HOME > アーカイブ - 2009年12月

『アバター』の3D・日本語吹替版を観ました

地元のデジタルシアターで
『アバター』の3D・日本語吹替版を観て来ました。



映画「アバター」オフィシャルサイト

当初は「109シネマズ菖蒲」のIMAXデジタルシアター
で観るつもりでいたのですが、往復2時間もかけて行って
もし、つまらなかったらかなり凹みますのでw、
とりあえず、まずは5分で行ける地元のシアターで観て、
その結果次第で菖蒲行きを考えることにしたのです。

僕は普段、ほとんどの洋画を字幕で観ますが、
今回は3D映像だと字幕が浮きそうだし、煩わしい
だろうと考えて、吹替版を選びました。

で、感想ですが、やはり凄かったです。(笑)
長編好きのキャメロン作品と云うことで上映時間が
162分もありますが、まったく退屈しませんでした。
2D版と3D版で上映されていますが、
どうせ観るなら絶対に3D版をお奨めします。
奥行きのある映像と臨場感が素晴らしかったです。

これは予告編から予想していた事ですが、
ストーリー自体の骨格は、比較的シンプルで
馴染みのあるものでした。
「未開の地を訪れた白人男性がインディアンの娘と
恋に落ち、野蛮な人種と考えられていた彼らの文化や
伝統、精神性の高さに触れて、やがて彼らと共に、
侵略者たる白人と戦うことになる」という、
『折れた矢』(1950)、『馬と呼ばれた男』(1969)、
『ダンス・ウィズ・ウルブス』(1990)などの西部劇や
ディズニーアニメ『ポカホンタス』(1995)などで
描かれた物語のパターンとほとんど同じ流れです。
因みに、このネイティブ・アメリカンを日本の侍に
置き換えると『ラスト・サムライ』(2003)
になります。(苦笑)

ただ、そのストーリーの背景の作り込みが
ハンパではありませんでした。
惑星パンドラの設定の細かさには驚きます。
取り巻く環境からその生態系、ナヴィ族の文化と言語など
まさにひとつの宇宙を創り上げてしまった感が
ありました。

スポンサーサイト



[ 2009/12/26 03:42 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

第67回ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表!

現地時間の12月15日、アカデミー賞の前哨戦
として注目される「第67回ゴールデン・グローブ賞」
のノミネーションが発表されました。
映画主要部門のノミネートは以下の通りです。


■作品賞
(ドラマ部門)
アバター
ハート・ロッカー
プレシャス
イングロリアス・バスターズ
マイレイージ、マイライフ


(コメディ/ミュージカル部門)
(500)日のサマー
ザ・ハングオーバー
恋するベーカリー
ジュリー&ジュリア
NINE


■主演女優賞
(ドラマ部門)
エミリー・ブラント「ヴィクトリア女王 世紀の愛
サンドラ・ブロック「The Blind Side
ヘレン・ミレン「The Last Station
キャリー・マリガン「17歳の肖像
ガボレイ・シディビー「プレシャス」

(コメディ/ミュージカル部門)
サンドラ・ブロック「あなたは私の婿になる
マリオン・コティヤール「NINE」
ジュリア・ロバーツ「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~
メリル・ストリープ「恋するベーカリー
メリル・ストリープ「ジュリー&ジュリア」

■主演男優賞
(ドラマ部門)
ジェフ・ブリッジス「クレイジー・ハート
ジョージ・クルーニー「マイレージ、マイライフ」
コリン・ファース「A Single Man
モーガン・フリーマン「インビクタス/負けざる者たち
トビー・マグワイア「ブラザーズ

(コメディ/ミュージカル部門)
マット・デイモン「インフォーマント
ダニエル・デイ=ルイス「NINE」
ロバート・ダウニー・Jr 「シャーロック・ホームズ
ジョセフ・ゴードン・レヴィット「(500)日のサマー」
マイケル・ステュールバーグ「A Serious Man

[ 2009/12/26 00:26 ] 映画 | TB(0) | CM(0)