Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 09
HOME > アーカイブ - 2009年08月

「TA-DA5400ES」設置完了

連休初日の昨日、面倒で先延ばしにしていた
「TA-DA5400ES」の各種配線と本設置をすべく
午後4時半頃からスピーカーケーブルの
端末処理を始めました。
両側の皮膜を剥いてから一方はバナナプラグに、
もう一方はそのままの状態にします。

ウチのSPシステムは、近所迷惑を考慮して
サブウーファーなしの5.0Ch構成ですが、
フロントSPのバイアンプ接続用に4本、
センターSPのバイワイヤリング接続用に2本、
サラウンド用は以前から持っていた10mm径の
4芯ケーブルをそのまま2芯ずつのバイワイヤリング
に使うつもりで2本作って、合計8本の両端を
処理するのに、休み休みで2時間以上は
掛かったでしょうか。(苦笑)
アンプ側のSP端子にはバナナプラグを使いました
ので、今までよりは遙かに楽に済みましたが、
それでも「TA-DA5400ES」と各スピーカーへの
接続が終わった頃には、7時過ぎになっておりました。

今度はHDMIケーブルの接続ですが、これは
今までセレクターに繋げていたDVDP、PS3、
BDP、BDレコーダー、HD DVDPのケーブルを
アンプの入力に、そしてVW60への出力ケーブルを
アンプに繋ぎ替えるだけですので、すぐ済みました。
HDMIの入力端子が6つもあるとやはり便利ですw。
その代わり、今までデジタル音声の送信に使ってた
光ケーブルが5本も無用になりました。(苦笑)

因みに、最も高音質とされる「for Audio」の入力5
には「PS3」をとりあえず繋ぎました。
(PS3のCDアップサンプリング機能の176.4kHzの音を
 入力5で聴いてみたかったのでw。余談ですが、
 その場合、PS3の設定画面で映像出力をHDMIの1080p
 から最低の480pに、あるいは面倒ですがコンポジットに
 手動で切り替えてから聴くとベストです)
両モデルとも「かないまる氏」が音決めに関わって
いますので、ある意味、純正コンビです。(苦笑)

2009年かないまる印商品の関連情報ページ

最後にコンセントを繋いで
やっと「TA-DA5400ES」に灯を入れました。
各機器のHDMI出力設定の音声オプションを
「入」に再設定して、はじめての音出しです。
まずはGUI画面のセッテングから自動音場補正機能の
「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」
を呼び出し、付属のマイクを接続してテストです。

テストは30秒程度であっという間に終了しました。
各スピーカーから出るのは「ポポポポポッ、ポポポポポッ」
という感じのパルス音で、そこそこの音量ですが
大音響という訳でもありませんし、時間も短いので
深夜や早朝でなければ大丈夫でしょう。

ここで早くも接続ミスが露わに。(汗)
右手のサラウンドSPを逆相で繋いでいました。
この手のミスはなかなか気が付きにくいので
「D.C.A.C.」の精度の高さは非常に便利ですね。
逆相の修正は、該当SPケーブルのバナナプラグを
逆に繋ぎ替えるだけですから簡単です。
これもいちいち手で繋ぎ替えるとなると
かなり面倒なんですよねぇ。
AVアンプのSP端子というのは数が多い上に
接続を阻止するかのようにw密集していますから。
1度、バナナプラグの便利さを体験してしまうと
もう面倒な手での繋ぎ替えには戻れませんね。
スポンサーサイト



[ 2009/08/29 23:04 ] ホームシアター | TB(0) | CM(2)