Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 09
HOME > アーカイブ - 2009年08月

小三治師匠目当てで池袋へ

昨日の記事に書いた通り、池袋演芸場の
8月上席初日に行って来ました。

開場1時間半前の10時半に着きましたが
すでに長蛇の列が出来ていて慌てました。
パッと見で軽く100人前後は並んでいそうです。
「楽勝で座れる」なんて書いていたのが
恥ずかしいです。(苦笑)



それでも結局、僕は100人ギリギリで滑り込み、
どうにか補助椅子を確保することが出来ました。
立ち見になってもほとんどの人は帰らず、
開場後すぐに狭い場内は、立錐の余地もない
混雑ぶりでした。
通路まで人がビッチリ詰まっていますので
気軽にトイレにも行けない状態です。

ほとんどが中年以降のファンとは言え、
いや~、改めて小三治人気の凄まじさを
実感致しました。


2009/08/01 池袋演芸場 番組表

【昼の部】12時開場 12時30分開演
12:30 落 語    柳 家 ろべえ 「元犬」
   漫 才    ホンキートンク
13:00 落 語    柳 家 はん治 「背なで老いてる唐獅子牡丹」
   落 語    柳 家 喜多八 「長屋の算術」
   奇 術    花 島 世津子
   落 語    柳 家 小里ん 「碁泥(ごどろ)」
14:00 落 語    入船亭 扇 橋 「麻のれん」
   紙きり    林 家 正 楽
   落 語    金原亭 伯 楽 「夢の酒」

メモを取らなかったので
一部演題を違えている可能性がありますが
おそらく、これで合っていると思います。
はん治師匠の「背なで老いてる唐獅子牡丹」と
小里ん師匠の「碁泥(ごどろ)」が特に印象的でした。

15:00   ―お仲入り―
   落 語    柳 家 禽太夫 「(漫談)」
   落 語    柳 家 小袁治 「長短」
   漫 才    昭和のいる・こいる
16:00 落 語    柳 家 小三治 「野ざらし」

小三治師匠の「野ざらし」は、八っつぁんの
活き活きとしたはた迷惑な脳天気ぶりが素晴らしく
爆笑に次ぐ爆笑ですごく良かったですが、
前フリ20分(恒例wの扇橋師匠イジリから始まって
高齢者向けの自動車免許教習の話や政権交代の話など)
に対してネタは18分程度で、最後までやらずに
釣りの場面までで終わりでした。
(つまり、野ざらしのドクロに酒を撒く場面や
 オチに繋がる太鼓持ちは登場せずに省略)

最近、寄席やTVで「野ざらし」をやる場合は、
ここまでで終える噺家が多いとのことですが、
下のリンク先で聴ける小三治師匠の「野ざらし」は
最後のオチまでキッチリやっています。
残り時間は十分ありましたし、あと10分もかからない噺
なのですから、どうせなら最後までやってほしかったです。

落語 「野ざらし」 柳家小三治 nicomimi - にこみみ -

スポンサーサイト



[ 2009/08/02 02:35 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(6)