Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 08
HOME > アーカイブ - 2009年07月

2008年7月に購入した全ソフト

すでにすべて記事でご紹介済ですが、
一応、晦日の恒例にしておりますので、
今月も購入したソフトをメモしておきます。

■国内盤

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2枚組) [Blu-ray]
ワルキューレ [Blu-ray]

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」オフィシャルサイト
トム・クルーズ主演 『ワルキューレ』


■米国盤

Watchmen (Director's Cut)
 (Amazon Digital Bundle + Digital Copy and BD-Live) [Blu-ray]
 「ウォッチメン」

Knowing [Blu-ray]
 (Amazon Digital Bundle + Digital Copy) [Blu-ray]
「ノウイング」

Inkheart (Blu-ray/DVD Combo +
 Amazon Digital Bundle + Digital Copy and BD-Live) [Blu-ray]
「魔法の声(原作邦題)」

Coraline (Blu-ray/DVD Combo + Digital Copy) [Blu-ray]
 「コララインとボタンの魔女(原作邦題)」

Hellraiser [Blu-ray]
「ヘルレイザー」

Fargo [Blu-ray]
「ファーゴ」
(日本語収録)

映画『ウォッチメン』オフィシャル・サイト
『ノウイング』オフィシャルサイト
INKHEART - Official Movie Website
Coraline Movie- Enter The World Of Henry Selick's Coraline Movie
ヘルレイザー - Wikipedia
ファーゴ (映画) - Wikipedia

米国盤BDは28日に無事到着しております。
ただ、現時点で観たのは「ノウイング」だけです。
今夜にでも「ウォッチメン」辺りを観ようかと思っています。
詳しくはまた改めて触れるつもりですが、
一応、ジャケ写真だけUPしておきます。







スポンサーサイト



[ 2009/07/31 13:45 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

池袋演芸場 8月の上席

池袋演芸場の8月の上席(1日~10日)
昼の部のトリ(主席)は、恒例の
柳家小三治師匠であります。

池袋演芸場

去年の夏にこの番組で初めての寄席体験をし、
それ以降、小三治師匠を追いかけて、
10月と正月の鈴本演芸場、そして4月に
前橋での独演会に行きました。

はじめて寄席に行く(Cinema Kingdom Blog)
柳家小三治師匠目当てで「鈴本演芸場」へ
新型プロジェクタのデモの感想と寄席
柳家小三治独演会 2009/04/04 前橋

と言うわけで、今年は明日の初日と
出来れば来週の週末の二度、行ければと
思っています。 (小三治師匠は3、6、8日休演)

昼の12時開場で12時半から開演ですが、
昨年はゆっくり行って混雑に泣いたので、
今年は早めに並ぶつもりです。
ただ、どのくらい前に行けばいいのか悩みますね。
なんせ、90席ちょっとしかありませんからね。
おそらく1時間半も前に行けば、楽勝で座れる
とは思いますが…。


終わるのは夕方の5時前ですが、
ついでにお台場まで足を延ばして
話題の「連邦の白いヤツ」を見て、
「こいつ、動くぞ!?」と呟いてこようかな
と思っていますが、これは天気と気分次第
ですかね。
ファーストガンダムは全話観ていますが
特別な思い入れは皆無ですからねぇ。

[ 2009/07/31 13:21 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

7回目の「エンドレスエイト」もループ…

この話題を取り上げるかどうか、
今月に入ってからずっと迷っていたのですが、
旬のウチに思い切ってやっちゃいましょう。

「エンドレスエイト」ニュース検索

ご存じの方はご存じでしょうが、
昨深夜のハルヒ第二期の第18話でも
「永遠の夏休み」は終わりませんでした。



まあ、こうなると最低でも8回はやるだろうと
予想はしていたので、いきなりラストを確認
して、あとは流し見しただけなんですけどね。(苦笑)

単なる時系列順の再放送だと思わせておいて、
第8話で唐突に新作の『笹の葉ラプソディ』が来た時
には、やってくれるなぁとほくそ笑んでいたんですが
14話くらいから笑いが消えて、15話では軽く憤りw、
16話以降は「もうどうにでもなれ」という気分に
なっています。(苦笑)
演出だけでなく、脚本にもっと変化があれば、
同じループでももっと面白かったと思うのですが…。
原作の縛りがあるにしても、同じシチュだからと云って、
毎回全てのキャラがほぼ同じ反応をし、
同じ台詞を喋るってのは、どう考えてもおかしいでしょう。
これで来週もループだったらもう「無関心」に
なるかもしれませんw。
[ 2009/07/31 11:16 ] 日常の雑記 | TB(4) | CM(6)