Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 08
HOME > アーカイブ - 2009年07月

劔岳 点の記

遅ればせながら、レイトショーで
木村大作の『劔岳 点の記』を観てきました。

木村大作と云えば、映画ファンなら
知らない者はないくらい有名な
日本を代表する名キャメラマンであります。
歯に衣着せぬ物言いでも有名な熱血漢
としてもよく知られています。
その木村大作が企画し、
監督の引き受け手が誰もいないので
自ら初監督までしてしまったというのが
この『劔岳 点の記』です。



誰かが行かねば、道はできない
日本地図完成に命を賭けた男たちの記録


日露戦争後の明治39年、陸軍は国防のため、日本地図の完成を急いでいた。
参謀本部の 測量手・柴崎は最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を命じられる。
翌年、総勢7名 の測量隊を組み出発。だが、その道のりの険しさは想像を絶していた。
100キロ超の測 量器具を担ぎ、粗末な装備で挑むには絶望的な状況。
そんな折、柴崎は、ある行者の謎め いた言葉「雪を背負って登り、雪を背負って降りよ」
を思い出すひれ伏すほどに美しくも 厳しい山々と人間が織りなす壮大なドラマ。
原作は『八甲田山 死の彷徨』などで知られる新田次郎の同名小説。

映画『劔岳 点の記 -ツルギダケ テンノキ-』公式サイト
木村大作 - Wikipedia


ストーリー自体は比較的シンプルではありますが
CG合成に頼らず、全て実際の立山連峰で撮影された
その圧倒的な臨場感と映像美は、ある意味、
師匠である黒澤明の『デルス・ウザーラ』を
超えていると思いました。
スポンサーサイト



[ 2009/07/11 05:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)