Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 051234567891011121314151617181920212223242526272829302009 07
HOME > アーカイブ - 2009年06月

「109シネマズ菖蒲」のIMAXデジタルシアターを体験(後編)

上映前に「IMAX」ロゴ入りのデモ映像が
流れました。英語表示のCG映像と日本語音声で
シアター内の映像、音声のクオリティをチェック
しながら、上映開始をカウントダウンするという、
なかなかカッコいいデモ映像で萌えました。(笑)

それが終わると、すぐに
「トランスフォーマー/リベンジ」の本編が始まりました。
密かに楽しみにしていた「IMAXシアター」専用の
予告編は流れなかったわけです。

映画「トランスフォーマー/リベンジ」オフィシャルサイト

ここで観られる「トランスフォーマー/リベンジ」は
「IMAXデジタルシアター」用に作られたデータを
基にしています。
一般の劇場でのアスペクト比はシネマスコープサイズ
(2.35:1)になっておりますが、こちらでは
ビスタサイズ(16:9)にちょっと上下を足した感じ
でした。スクリーンをすべて使っている訳ではなく
上下には黒枠が出るのです。
ただ、「トランスフォーマー/リベンジ」には、
一部のシーンで現在最高解像度のフィルムカメラ
である「IMAXカメラ」が使われています。
そのシーンになると、上下に映像が広がって、
アスペクト比1:2.1いっぱいになります。
要は、「ダークナイト」のBDみたいになっている訳です。

映像はフィルム撮影の作品としては
最上級のクオリティなのではないでしょうか。
色調に濁りはなく、精細感も十分で、
カーブドスクリーンということもあってか
奥行き感が凄く出ます。
大いに圧倒されました。
これで元からフルデジタル制作の
CGアニメなど観たら、どんなことになるのかと
想像が逞しくなります。(笑)

肝心の本編も一作目以上に派手で面白く、
よりアトラクション色の強い娯楽作品に
仕上がっておりました。
ジョン・ボイドなどを除き、前作の主要キャストは
ほぼ全て出演しておりますし、
印象的な新キャラも何人か登場します。
また、金属生命体「トランスフォーマー」勢も
悪の「ディセプティコン」陣を中心に大幅に増量
されておりましたw。
とにかく、どの場面もお金が掛かっていそうですw。
スカッとしたい方にはピッタリの映画でしょう。
スポンサーサイト



[ 2009/06/21 04:54 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

「109シネマズ菖蒲」のIMAXデジタルシアターを体験(前編)

全国に三カ所しかない「IMAXデジタルシアター」が
20日(土)に正式オープンしました。

東急レクリエーションニュースリリース:
 日本初のIMAXデジタルシアターが
 109シネマズに6月20日(土)にオープン
(pdf)
IMAX アイマックス:109シネマズ
109シネマズ/IMAXデジタルシアター オフィシャルブログ

6月15日のこちらの記事にも書いたとおり、
オープンのこの週末は混むだろうと、
来週の平日に行くつもりでいたのですが、
吹き替え版と字幕版を交互に一日4回しか上映しない
ようなので、朝一番が都合の良い僕の場合は、
日本語吹き替え版になってしまう事が判明しました。
どうせなら字幕版で観たかったので、
休日だった昨日の夕方、「109シネマズ菖蒲」の
ホームページで席の予約状況を確認してみました。
すると意外にも20時からの最終回が「余裕あり」
になっています。
それならばと云うことで、急遽チケットをオンライン予約して
出掛けることにしました。

上の記事で
「自宅からは車でも30分以上は優にかかるでしょう」と
書きましたが、実際は小一時間かかりました。(苦笑)
往復2時間弱では、あまり気軽には出掛けられないかも
しれませんが、まあ、仕方ありません。






「109シネマズ菖蒲」は
「モラージュ菖蒲」の三階にあります。
[ 2009/06/21 04:50 ] 映画 | TB(1) | CM(0)