Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 051234567891011121314151617181920212223242526272829302009 07
HOME > アーカイブ - 2009年06月

「けいおん!」もいいけど、「おちけん」もね♪

またまた落語関連本の話題で恐縮ですが、
一週間ほど前に、マンガの「おちけん」と
落語家初の人間国宝の五代目 柳家小さんの孫で
最後の弟子でもある柳家花緑さんが書いた
「落語家はなぜ噺を忘れないか」を買いました。





両方とも読了しておりますが
主な目的は「おちけん」のほうでありました。
(「落語家はなぜ噺を忘れないか」の内容は
 話題のわりには意外と予想範囲内のもので・・・w)

現在、TV放送中の大人気アニメに
女子高の廃部寸前の軽音楽部を舞台にした
「けいおん! K-ON!」という作品があります。
これの原作が全2巻の4コママンガなのですが、
この「おちけん」のほうも女子大のやはり廃部寸前の
落語研究会(通称・おちけん)を舞台にした
4コママンガであります。




おちけん (アクションコミックス)おちけん (アクションコミックス)
(2009/03/28)
川島 よしお

商品詳細を見る


この作品のことは、
何週間か前の週刊誌「SPA!」のコミック評で
「傑作!」と絶賛されているのを読みまして
はじめて知りました。
漫画家は余程有名な方しか知らない
ということもありますが作者の川島よしおさん
という方も正直はじめてお聞きするお名前でした。

絶賛評と落語のマンガということで
ぜひ読んでみたいと思い、翌日辺りに
アマゾンで検索してみたのですが、
「SPA!」での紹介の影響もあってか、
既に売り切れており、次回入荷日も不明の状態に
なっておりました。
まあ、発行は大手の扶桑社とは云え、
元々の発行部数が「けいおん! K-ON!」などとは
桁違い(もちろん少ない方でw)なのでしょうから
仕方ないのですが、そんなこんなで入手が
かなり遅れてしまいました。
(僕が注文した時も在庫はわずか3冊程度でした)

感想ですが、確かに面白かったです。

ご覧のように絵は癒し系でありますし、
落語の所作や代表的な古典落語のスジなどが
ストーリーに自然に盛り込まれておりますので、
下手な落語入門本を買うより、よほど楽しめますし、
勉強にもなると思います。
スポンサーサイト



[ 2009/06/14 10:11 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(2)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]

今月の始め、国内盤BDの
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)」と
「トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・
エディション (2枚組) 」を注文しました。



簡単な感想として、こちらの記事
「正直、注文することは迷ったのですが、
 相互先の管理人さんの多くが購入されておられますし、
 今年最大の売り上げになりそうなBDソフトを
 コレクターの僕が持っていないというのも悔しいwので
 遅ればせながら購入しました。(半分本気、半分冗談ですw)
 まあ、実際は、本物の完成度を味わいたかったからですがw、
 さすがに綺麗ですね。 (今も映写しながら書いています♪)
 価格もアニメのBDとしてはバカ高くありませんし、
 台本、特報などの特典もなかなかですね。
 これについては、また改めて書くつもりです。」
と綴りましたが、改めて考えてみましたら、
これ以上、書きたいことはほとんどないことに気付きました。(苦笑)

でも適当に書き散らしてみますw。

まずは訂正からです。
上の「今年最大の売り上げになりそうなBDソフト」
の部分ですが、今年どころか、国内盤BDとしては
過去最高の売り上げを記録した『ダークナイト』(2.9万枚)
を越えて、発売わずか5日間で約5万枚を販売した
そうですから「BD史上過去最高の売り上げ」を記録した
国内盤BDということになるんですね。







ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
[ 2009/06/14 08:26 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

チェ コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]

カストロと共にキューバ革命を成し遂げた革命家
チェ・ゲバラを描いた二部作が、国内盤BD-BOXで
発売されました。
主演はベニチオ・デル・トロ、
監督・脚本はスティーブン・ソダーバーグです。

前後編2作で4時間を超える大作ということもあって
まだ観ておりませんが、一応、写真でご紹介を。(汗)







[ 2009/06/14 07:04 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

到着した英国盤BD 「ツイスター」ほか

先月末に注文した英国盤BD 4タイトルですが、
なぜか発送が大幅に遅れまして、6日発送、
12日到着となりました。





Twister [Blu-ray] [1996]
 「ツイスター」
(日本語収録)
The Thing [Blu-ray] [1982]
 「遊星からの物体X」
(日本語収録)
I Am Legend [Blu-ray] [2007]
 「アイ・アム・レジェンド」
(日本語収録)
Quo Vadis [Blu-ray] [1951]
 「クォ・ヴァディス」
(日本語収録)

初版のDVDが酷い画質だった
『ツイスター』(Twister・1996)を早速観ました。
さすがにBDはなかなかの画質でした。

スタッフは、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、
脚本マイケル・クライトン、アン・マリー・マーティン、
監督ヤン・デ・ボン、音楽マーク・マンシーナ
SFXはI.L.M。 キャストは主演がビル・パクストンで、
後にオスカー俳優になる、ヒロイン役のヘレン・ハントと、
まだ駆け出し時代のフィリップ・シーモア・ホフマンも
出演しています。

この映画では、当時のCG技術を駆使して作った
竜巻のリアルな描写はもちろんですが、
それと同じくらい音楽が印象に残っています。
竜巻を追いかけるストーム・チェイサーの
バックに流れるメインテーマが、
高揚感があって素晴らしいんですよ♪

作品自体、今観てもかなり面白いと思いますし、
『スピード』と並んでヤン・デ・ボン監督の
代表作と呼ぶにふさわしい快作だと思います。
(というか、これ以降は失敗作ばかりかw)



ツイスター:デラックス・エディション [DVD]ツイスター:デラックス・エディション [DVD]
(2009/03/12)
ジャミ・ガルツヘレン・ハント

商品詳細を見る


[ 2009/06/14 06:06 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

買ったまま1年3ヶ月も放置していた(汗)
米国盤BD、「GONE BABY GONE」をこの週末に
やっと観ました。
これが予想もしないほど素晴らしいデキの
ミステリーで、正直驚きました。
既に昨年の8月には国内盤のDVD、BDも出ているのに
なんでもっと早く観なかったのかと、
後悔したほどです。





●ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

ゴーン・ベイビー・ゴーン -GONE BABY GONE-



「ゴーン・ベイビー・ゴーン」は、
「ミスティック・リバー」のデニス・レヘインの小説
「愛しき者はすべて去りゆく」の映画化で
男優ベン・アフレックが初監督に挑戦した作品です。
彼は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」の
共同脚本でアカデミー脚本賞を受賞していますが、
この作品でもアーロン・ストッカードと一緒に脚本も
担当しています。

初監督作となりますと、
カメラマンが作品の質を左右する非常に重要な役割
を担うことになると思いますが、この作品の撮影監督は、
『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』と
『ブレイブハート』で2度のアカデミー最優秀撮影賞に輝く
名カメラマン、ジョン・トールが務めています。

原作小説も映画もベン自身の故郷でもある、ボストンの
下層階級地区、サウスエンドが舞台になっています。
ジョン・トールと監督は、ドキュメンタリー的演出で
地元の素人を数多く登場させ、街角の空気感まで
伝わってくるような、非常にリアルな質感を持った作品に
仕上げています。

主演は監督の実弟のケイシー・アレックス、
脇を固めるのは、ミシェル・モナハン、
モーガン・フリーマン、エド・ハリス、そして
本作の自堕落なシングルマザー役でアカデミー助演女優賞に
ノミネートされた、エイミー・ライアンなどです。

終盤、全ての謎が解明され、
主人公は大きな選択を迫られます。
胸が重くなるようなラストシーンは、観客一人一人に
主人公が下した選択の是非を投げ掛けて来ます。
とてもこれが初監督作とは思えない傑作だと思います。
同じく、子供がらみの事件を扱ったイーストウッドの
「ミスティック・リバー」よりも良いくらいかもしれません。

唯一、突っ込みを入れるとすれば、
エド・ハリスの最後の行動です。
いくらなんでもあんな事はしないでしょう。(苦笑)
目的の達成には他にいくらでも手があったはずです。


この作品、本国では高い評価を受けましたが、
日本では劇場未公開でビデオスルーでした。
そんなこともあって「それほど良くないデキなのかも」と
誤解してずっと放置していたのです。(苦笑)
いや~ぁ、やはり映画は観てみないと始まりませんw。
ベン・アフレックは俳優としての才能よりも
裏方の脚本家や演出家としての才能のほうが明らかに上ですw。
バカにしていて、すみませんでしたw。

折しもちょうど、来る6月18日(木)の夜9時から
この作品がWOWOWで初放送されます。
未見の方はぜひご覧下さい。

ゴーン・ベイビー・ゴーン | WOWOWオンライン
[ 2009/06/14 04:46 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)