Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04
HOME > アーカイブ - 2009年03月

志の輔らくご in PARCO 2009

またまた落語の話で恐縮ですが、本日WOWOWで
放送された、「志の輔らくご in PARCO 2009」
について語らせて下さい。



演目は新作落語の『狂言長屋』と、
五代目古今亭志ん生、そして子息の十代目金原亭馬生、
そして三代目古今亭志ん朝が得意とした、講釈ネタの
古典落語『柳田格之進』でした。

江戸時代を舞台とした『狂言長屋』は、途中、
京都の狂言一家、茂山家と志の輔による狂言が披露され、
いかにも「志の輔らくご」といった味わいでした。

それより驚いたのは、古今亭のお家芸である、
『柳田格之進』の素晴らしさでした。

(この噺のあらすじは以下で読めます)
柳田格之進 - Wikipedia

僕がこの噺をはじめて聴いたのは、志ん朝師匠のDVD
『落語研究会 古今亭志ん朝 全集 下』だったでしょうか。
その前後にBSで古今亭志ん五師匠ともうお一人、
名前を失念しましたが別の師匠のものも聴いた覚えが
あります。

元が講談ということもあってとにかく長い噺でして
全部やると軽く1時間はかかるので、TVでやる噺家は
希ですし、やるとしてもどこかを省略して45分程度に
短縮してやるのが普通だと思います。
また、どちらかといえば笑いが少なく、地味でオチもない、
展開をじっくりと聞かせる人情噺ですので
謹厳実直で曲がったことは大嫌いという誇り高い浪人、
柳田格之進を如何に描写するか、サスペンス感溢れる
終盤をどう描写するのか、噺家の話芸がすべて
という難しい噺でもあります。
スポンサーサイト



[ 2009/03/21 22:32 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)