Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11
HOME > アーカイブ - 2008年10月

噺家諸君!もっとメディアを利用しろ!!

またまた落語の話で恐縮ですが…、(汗)
こんな本を買いました。

この落語家を聴け! いま、観ておきたい噺家51人この落語家を聴け! いま、観ておきたい噺家51人
(2008/06/26)
広瀬 和生

商品詳細を見る


商品の説明(amazon.co.jpより)
内容紹介
「落語ブーム」の真っ只中、今の落語家たちはこんなすごい高座を見せている! 年間350回以上の落語会に通い、1500席以上の高座を見続ける気鋭の著者(ヘヴィメタル誌「BURRN!」編集長)が現場から語りつくす、画期的新時代落語読本! 談志・小三治ら大御所から、志の輔・談春・志らく・談笑の「立川流四天王」、市馬・喬太郎・昇太・鶴瓶などの大人気の実力派、さらに二つ目クラスの注目株まで、総勢51人の「いま、観ておかないと、一生後悔することになる」新世紀落語家たちの魅力を高座から実況解説!

内容(「MARC」データベースより)
談志・志の輔・談春・志らく・昇太・小三治…。新世紀落語家たちの魅力を、年間1500席以上の高座を観続ける気鋭の著者が実況解説する、新時代落語ガイド。

著者について
【著者プロフィール】広瀬和生:1960年生まれ。ハードロック/ヘヴィメタル月刊音楽誌「BURRN!」(シンコーミュージック)編集長。東京大学工学部都市工学科卒業後、レコード会社勤務を経て、一九八七年より「BURRN!」編集部に入社、1993年から同誌編集長を務める。本業とは全く関係なく、三十年来の落語ファン。学生時代から寄席通いを続け、ここ数年は年間三百五十回以上の落語会、千五百席以上のの高座にナマで接している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

面白くて、一挙に読了しました。

今現在、落語会や寄席で聴ける現役噺家さんの中から
「落語協会」、「落語芸術協会」、「円楽一門会」、
「立川流」の所属落語団体の違いやシガラミを取っ払って、
あくまでも素人目線で注目の落語家さんの実名を挙げ、
その噺家さんの得意演目や注目すべき個性、噺の内容の一部まで
紹介しており、落語初心者には非常に参考になる内容でした。
スポンサーサイト



[ 2008/10/31 03:07 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)