Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 081234567891011121314151617181920212223242526272829302008 10
HOME > アーカイブ - 2008年09月

映画本から中子真治さんの話へ

もう半月も前の話になりますが、
『男はつらいよ』40周年:公式サイト」からのメールで
5日発売の「キネマ旬報 2008年 9/15号」に
「男はつらいよ」40周年記念大特集 寅さん、お帰り!
 (山田洋次監督ロングインタビュー、
  復活!名対談(70年) 山田洋次×渥美清、
  シリーズ全48作の解説&批評、ほか)
という寅さん特集が掲載されていると知り、
数日後、行き付けの書店に寄って買い求めたのですが、
その時、やはり発売になったばかりだった
「ホラー映画クロニクル」というMOOK本を発見し、
ちょっとペラペラ中身を確かめてから
ついでに一緒に買って来ました。



ホラー映画クロニクル (扶桑社ムック)ホラー映画クロニクル (扶桑社ムック)
(2008/09/06)
不明

商品詳細を見る

キネマ旬報 2008年 9/15号 [雑誌]キネマ旬報 2008年 9/15号 [雑誌]
(2008/09/05)
不明

商品詳細を見る


その後、ラジオ・ヒッチコックのロッカリアさんも
購入され、ブログでお勧めされていました。
ホラーファン必読!「ホラー映画クロニクル」

しかし、僕は正直、ロッカリアさんがおっしゃるほど
濃い本だとは思えませんでした。(汗)
まあ、購入したのですから、後悔するほどつまらない
というワケではもちろんありませんでしたがw、
これと云ってマニアを唸らせるようなコラムや
目新しい資料があったワケではありませんでしたし、
全体に個々の作品紹介が通り一遍で、大味なので、
70年代から今日までのホラー映画、スリラー映画に
詳しい映画好きにはちょっと物足りない内容だと思います。

ただ、お若い映画ファンや、ホラー映画初心者には
クラシックから最近の作品まで系統別に紹介されて
いますので、ガイド本として、重宝かもしれません。

ブログにしても書籍にしても映画の話題というのは、
書き手、読み手の双方がその作品を観ていないと
伝わらない部分が多々あるワケでして、
とりあえず、お若い方は、この手のガイド本を参考に
レンタルでも放送でも何でも良いので手当たり次第に
作品を観まくることをお勧めします。
映画マニアというのは、「たくさんの映画を観ている」、
「好きな作品なら何度でも観れる」、「特定の監督や
ジャンルの作品を重点的に観ている」人の事を指しますw。
また、何気に立ち寄った書店でこの手の「映画本」を見掛けると
ついつい買ってしまう人、と云ってもいいかもしれませんw。
スポンサーサイト



[ 2008/09/22 18:21 ] 映画 | TB(0) | CM(2)