Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09
HOME > アーカイブ - 2008年08月

8月後半に到着したソフト

ブログの更新をサボっていた間に
以下の国内盤と米国盤が到着しました。



『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の2枚組DVDは
あまりの厚さに驚きましたが、中身を確認して
二度ビックリしました。
厚みの半分は単なる厚紙なのです。
こんな上げ底がしてあるDVDは初めてですw。
なんのつもりでこんな仕様にしたのでしょう???





原作ネット小説のファンは続編製作の署名活動
などをしていますが、製作のギャガが
映画製作から完全撤退してしまいましたので
なかなか難しいでしょうねぇ…。
まあ、映画化の権利問題がどうなっているのか
よく分かりませんが…。

残りのBD、2タイトルは至ってフツーですw。





スポンサーサイト



[ 2008/08/28 14:57 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

『崖の上のポニョ』 感想

『崖の上のポニョ』は凡作でした。
百点満点でせいぜい55点くらいでしょうか。



「人魚姫」をベースにした
子供向けファンタジーという狙いなんでしょうが、
時代は現在、舞台は日本の小さな港町、
という時点で、かなり中途半端な設定という気が
しましたし、ストーリー展開もイマイチで、
最後も盛り上がりに欠ける仕上がりでした。

そもそも共感出来ないキャラクターが多すぎる
のが難なのです。

【以下、軽いネタバレあります】


まず、宗介のお母さんがヒドい。
この人、貨物船の船長をやっている旦那が
留守がちなのが原因なのか、かなり情緒不安定で、
ほとんどアッチ系のビョーキ、と云ってもよい人物です。
5歳の子供をそのまま助手席に乗せながら
細い山道で無意味な危険運転はするは、
(5歳ならチャイルドシートが必要なのでは?)
人が止めるにも関わらず、大洪水の中を危険な道を
わざわざ選んで無理に家まで帰ろうとするは、
家にどうにか着いたら着いたで、職場が心配だからと、
深夜に5歳の子供を家に残して、嵐の中を
また車で出て行くは…と、やることなすこと無茶苦茶なのです。

それに主人公のポニョと宗介が
お互いに一目惚れする理由も理解不能でした。
ポニョが初めて見た人間が宗介だったので、
ポニョが宗介に恋するのはなんとなく分かるにしても
幼稚園でもモテている宗介が、特別美しいわけでもない
ポニョのことをどうしてあれほどまでに愛せるのかが、
よく分かりませんでした。
それも魔法ってことなんですかね???

また、港町が水没するほどの災害が起こっているのに
死人も出て来ませんし、船によって助かった住民も
みんななんだか妙に楽しそうな描写になっていた辺り
にも激しい違和感を感じました。

もちろん、すべてが悪い
という訳ではありませんでしたが、
ストーリー展開やキャラクター設定を考えると
宮崎作品としては過去最低のデキだと思います。

原作と脚本は監督自身。
さすがの宮崎駿も『哀れ、老いたり…』なのかなぁ…。

崖の上のポニョ
[ 2008/08/28 13:13 ] 映画 | TB(0) | CM(6)

『ダークナイト』 感想

皆さん、ご無沙汰致しました。

もう一週間以上も8月下旬とは思えないくらい
涼しい日々が続いておりますね。
これでジトジトしていなければ最高なのですが
それでもこんな陽気になりますと、毎日、
眠くて、眠くて、仕方がありませんw。
遂には、コメントへのお返事すら面倒になって
仕事から戻ると、映画を観ては爆睡、の繰り返し
になっておりました。(汗)

僕、結構、記事を書くのが遅いほうでして、
調べ物やデジカメ写真の編集などにかかる時間
も入れますと、ひとつの記事を仕上げるのに
3、4時間は余裕でかかってしまいます。
それに6月、7月に50以上の記事を上げましたので
その疲れというか、反動が、今月やって来ている
感じなんですよねぇ。
なんだか、まったくやる気(記事を書く気)が
出なくて、我ながら困りました。(苦笑)

と云いましても、ただ寝ていたワケでもなく、
映画館で『ダークナイト』と『崖の上のポニョ
を観たほか、家に溜まっていた未見のソフトを
片付けたり、やはり溜まっていた本を何冊か読んだり
もしていたので、書きたいネタはあったのですが…。

という訳で、
劇場公開の新作二本の感想でも書きましょう。

まずは、『ダークナイト』です。



賛辞しか見聞きしなかった「ダークナイト」は
確かにいいデキでした。
点数を付けると85点くらいでしょうか。

本国アメリカでは、8月初旬の時点で早くも4億ドル
を突破し、現時点では、歴代興行収入で第一位の
『タイタニック』(1997年)に次ぐ、第二位という
メガヒットとなっております。
日本では『崖の上のポニョ』に次ぐ2位発進でしたが
公開すれば150億円以上の興行収入となる
スタジオジブリ、しかも宮崎駿監督の新作が相手
ですので、まあ、仕方ないでしょう。
[ 2008/08/28 13:11 ] 映画 | TB(0) | CM(2)