Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09
HOME > アーカイブ - 2008年08月

はじめて寄席に行く

昨日の8月2日、
葛飾柴又の「寅さん記念館」で行われた
「~夢をありがとう~ 渥美清さん13回忌献花式」
に参加して来たのですが、その終了後の昼過ぎから
はじめて寄席に落語を聞きに行きました。
(渥美清さん13回忌献花式の模様はまたあとで)

たまたまこの前日に、
買ったまま放ってあった立川談春師匠の「赤めだか」
をイッキ読みしまして、笑って、笑って、
最後には号泣(苦笑)しておりましたので、
都内に出るついでに寄席に行ってみようか
という気になったのです。

赤めだか赤めだか
(2008/04/11)
立川 談春

商品詳細を見る



出掛ける前に都内にある寄席の公式サイトを
次々覗いて、本日の演者を調べてみました。

浅草演芸ホール」、「お江戸上野広小路亭」、
鈴本演芸場」、「国立演芸場」、「新宿末広亭
と来て、最後に「池袋演芸場」を覗きましたら
なんと昼席のトリを大好きな柳家小三治師匠が
務めているではありませんか!

個人的に、人間国宝の亡き5代目柳家小さん師匠が
長いこと率いていた「落語協会」の噺家さん、
中でも柳家一門は、正統派江戸古典落語の王道
だと思っています。
独演会ですと、なかなかチケットが取れない、
売れっ子の噺家さんがこれだけ勢ぞろいしては、
こりゃ、決まりだと、場所は池袋になりました。



スポンサーサイト



[ 2008/08/03 12:03 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(1)