Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08
HOME > アーカイブ - 2008年07月

「渥美さん夢をありがとう」トークショー(山田洋次監督ほか)

30分前に会場に入り、バスツアーの客用の一画、
ほぼ中央の前から三番目の席を確保出来ました。
客席は全部で500席が用意されているとのことで、
席が空いていれば、「寅さん会館」との共通入場券
(500円)だけで、誰でも参加することが出来ました。

トークショー会場

「渥美さん夢をありがとう」と題されたトークショーは
予定通り、午後2時にスタートしました。




プログラムにはありませんでしたが、まず、
劇団「お笑い浅草21世紀」の座長を務める橋達也氏が、
関敬六さんの持ち歌「商売繁盛」で派手に登場し、
その後、やはり関敬六さんの持ち歌だった「浅草の唄」
も披露したあと、親交の深かった関敬六さん、渥美さん
との思い出を語りました。

帰宅して調べてから知ったのですが、
この橋達也氏は、70年頃、花かおる氏と組んだ
ストレートコンビで、「ダメなのね~、ダメなのよ~」、
「千葉の女が乳しぼりぃ~」などのギャグを流行らせ、
エノケンが初代会長だという、社団法人
日本喜劇人協会の現会長さんでもあるというお方
だそうです。
お笑い浅草21世紀


その後、『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』(1985)以来、
山田組の常連俳優となり、『武士の一分』では
第30回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ
数々の映画賞を受賞した名脇役、笹野高史さんが登場して
小諸ロケと渥美さんとの思い出を語りました。



笹野高史 - Wikipedia
グランパパプロダクション > 笹野高史

スポンサーサイト



[ 2008/07/29 16:54 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

「寅次郎サラダ記念日」小諸ロケ地めぐりバスツアー(その2)

「真知子の家」から市街地に戻り、
前回の訪問時にも訪れたロケ地である、小諸病院で下車し、
最後に冒頭の秋祭りのシーンが撮影された本町地区へ。

小諸病院

※小諸病院※

祭りのバイのロケ地、仲町

浅間連山

笹野高史さん演じるチョビヒゲの泥棒が逃げていった道

※本町地区※


ロケ地バスツアーを終えて、昼食を取りに
寅さん会館近くの蕎麦屋「草笛・明日香」へ。

昼食後は、トークショー会場となる「懐古園」隣の
小諸グランドキャッスルホテル」へ移動し
開始時間の午後2時まで時間を潰しました。



以前の記事にも書きましたが、
「渥美清こもろ寅さん会館」の売店では
ここでしか買えない寅さんグッズや
渥美さんや寅さん関連のCDや書籍などを販売しています。
既に絶版になっている本や「男はつらいよ」を特集した
雑誌など、一般の本屋では入手困難なものもあるのですが
今回もここで、特集記事「寅さんの旅」が掲載された
「旅行読売」の2008年5月号を買うことが出来ました。
この雑誌のことは発売から一ヵ月半後に知り、残念ながら
買うことが出来ずにいたので見つけた時は嬉しかったです。

トークショー会場でもらった『男はつらいよ』誕生40周年プロジェクトと寅さん会館のパンフと、購入した書籍

「旅行読売」2008年5月号 特集「寅さんの旅」の小諸編

[ 2008/07/29 16:51 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

第40作「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」小諸ロケ地めぐりバスツアー(その1)

去る7月26日(土)、長野県小諸市で、
映画「男はつらいよ」の誕生から40周年、
渥美清さんの十三回忌と生誕80周年、そして
小諸が舞台の第40作「寅次郎サラダ記念日」の
公開20周年を記念した、「こもろ寅さん会館」
主催によるイベントが行われました。
渥美清こもろ寅さん会館
「夢をありがとう 渥美清さん13回忌」イベントのお知らせ
「『男はつらいよ』誕生40周年プロジェクト」オフィシャルサイト


今回のイベントのメダマ企画は、
山田洋次監督、第40作「寅次郎サラダ記念日」
のマドンナ、原田真知子役を演じられた三田佳子さん、
映画の冒頭とラストにチョビヒゲの泥棒役で出演された
笹野高史さんらによるトークショーです。
どうにかこれに参加したいと思っていましたが、
同じ日に行われる、第40作「寅次郎サラダ記念日」
小諸ロケ地めぐりバスツアーに参加すると、
トークショーのほうにも優先的に入場出来ると知って
早速、予約を入れました。

小諸を訪れるのは昨年の春以来となります。
地元は朝から猛暑で、長野新幹線で軽井沢に着いた時は、
日陰の涼しさに感激しましたが、しなの鉄道に乗り換えて
9時半過ぎに小諸に到着した頃には暑さが戻っていました。
駅から車で45分も走れば標高2000mの世界とは云え、
小諸の市街地はこの日、最高気温が36度近くになりました。

小諸駅

ロケ地(駅前のバス停)

ロケ地(駅前の果物屋)

懐古園


「渥美清こもろ寅さん会館」の駐車場の受付で
当日徴収のバスツアー料金を払い、
出発時間の11時までは館内を見学して過ごしました。
前庭には渥美清さんの遺影と焼香献花台が
設置されていましたので、僕も入館の前に
お焼香をさせていただきました。

こもろ寅さん記念館前に設置された渥美清さん十三回忌法要の遺影と焼香献花台

[ 2008/07/29 16:49 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)