Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08
HOME > アーカイブ - 2008年07月

2006年 北海道の旅 「富良野市街 美瑛」

2006年の7月25日(火)から28日(金)までの旅、
3日目、27日(木)の後編。富良野駅前。

富良野駅

午前中の観光バスツアーを終えて、
今度は徒歩で、富良野市街地にある「北の国から」の
ロケ地巡りをすることにしました。

北の国から 詳細ロケ地情報
北の国からスペシャル('89帰郷まで) 詳細ロケ地情報
北の国からスペシャル('98時代まで) 詳細ロケ地情報
北の国から2002 遺言 詳細ロケ地情報


まずは、「'98時代」で笠松正吉と黒板螢が結婚式を挙げ、
「2002 遺言」では雪の中、黒板純が高村結を待っていた
シーンにも登場した、「富良野神社」に行きました。

富良野神社

次に、富良野が北海道の中心に位置することを示す
中央標がある富良野小学校の校庭に寄り道しました。

富良野小学校の校庭にある「北海道中央経緯度観測標」

このため、富良野市は、「北海道のへそのまち」
を名乗っています。

次に、連続ドラマ、スペシャルドラマに
何度か登場した渡部病院(財津病院)に寄りました。
黒板五郎は札幌の看護学校に通っている螢が富良野に戻ったら、
この病院で働かせようと思っていました。(「'92巣立ち」)

渡部病院

次は、こちらも連続ドラマ、スペシャルドラマに
度々登場した、富良野の飲み屋街「へそ歓楽街」
に向かいました。

富良野の飲み屋街「へそ歓楽街」


そして、最後に昼食を兼ねて寄ったのが、
あの「三日月食堂」です。

三日月食堂

連続ドラマ編で、まだ子供だった頃の純と蛍が
ラーメンを食べている途中、店員の木内みどりが
閉店時間が近いからと邪険に丼を片付けてようとして、
思わず五郎が「まだ子供が食べてるでしょうがぁ!」
と怒鳴る、有名なシーンがあります。
あれが撮影されたのがこの「三日月食堂」です。
後には「'83冬」などのスペシャル版にも登場し、
「'92巣立ち」には、タマコの件で上京した五郎が
都内の食堂で純と一緒にラーメンを食べるシーンで、
「三日月食堂のラーメンのほうがうまいな」(五郎)
というセリフまでありました。
スポンサーサイト



[ 2008/07/26 04:28 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

2006年 北海道の旅 「富良野 麓郷」

2006年の8月に書いた北海道旅行記は、
ちょうどシアター機器の新製品発表の時期と
重なってしまい、そちらの記事を優先するうちに
二日目の「富良野 後編」で止まったままに
なってしまいました。(汗)

あれから2年も経ってしまいましたが、
ずっと気になっておりましたので、今回の再訪を機に
2006年の旅の後半について、記しておこうと思います。

北海道へ 2006/07/23(日)
北海道から無事戻りました 2006/07/29(土)
小樽 前編
小樽 後編
富良野 前編
富良野 中編
富良野 後編


2006年の7月25日(火)から28日(金)までの旅、
3日目、27日(木)、富良野。

富良野スキー場・北の峰ゾーン近くの旅館は、
場所柄、団体のスキー客がメインのようで、
どの部屋も広く、中には20畳以上の部屋もありました。
僕がひとりで泊まった部屋も12畳はあったでしょう。
お風呂とトイレは共同で、付いていた夕食・朝食も
地下の食堂で他の客と一緒に取るので、
旅館というより民宿に近い雰囲気です。

北海道では珍しくないようですが、僕の部屋には
エアコンがありませんでした。
ただ夜は、窓を開けておけば充分涼しく、
快適に過ごせました。


この前日、富良野に着いてすぐに、
駅前の「ふらのバス」の営業所で予約していた
午前中の半日コース、「北の国から丘陵地帯コース」
(2007年から運休中)のバスは、市内の主なホテルで
客を拾って、駅のバス停に向かうルートになっていました。

ちょうど僕が泊まった旅館の隣のホテルの前にも
そのバスが寄ることを知っておりましたので、
翌朝は早めにチェックアウトを済ませて
ロビー(と云ってもただの玄関脇の広間ですがw)で
一服しながらバスの到着を待っていました。
[ 2008/07/26 01:51 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)