Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07
HOME > アーカイブ - 2008年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先行でインディ4を観て来ました

昨日の6月14日(土)と本日15日(日)に先行公開中の
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を
昨夜、レイトショーで観て来ました。



http://www.indianajones.jp/
http://www.indianajones.com/
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
 (2008/05/13(火) Cinema Kingdom Blog)

岡田ジャパンの勝利に終わったタイ戦の結果を見届けてから、
そそくさと地元のシネコンへ。
チケットとポップコーンとドリンクを買って入場。
一番大きなホールでしたが、
上のほうの席はソコソコ埋まっていました。
僕はいつものようにかなり前の席に座りました。


まだ一斉公開前ですので、
ネタバレは避けますが、一言で云うと、楽しめました。

ルーカスがひとりで押したという
クリスタル・スカルの「秘密」の部分に関しては、
シリーズの世界観とは、あまり合わない気もしましたが、
まあ、ギリギリOKでしょう。
細かいツッコミどころはあるものの
アトラクション映画としてのデキは
さすがにルーカス&スピルバーグ印という感じでしたw。
個人的な評価では、75点と云ったところでしょうか。

ハリソン・フォードのアクションは
年齢を感じさせないものでしたが、
さすがに前三部作ほどのキレはなかったです。
ただ、その分は、若いシャイア・ラブーフが補っていました。

シャイア・ラブーフと云いますと、どうしても
「ディスタービア」(2007)や「トランスフォーマー」(2007)
の役柄のイメージが強いので、アクションなんか出来るのかと、
ちょっと心配でした。
でも、「乱暴者(あばれもの)」(1953)のマーロン・ブランド
そっくりの格好で、古いハーレーに跨って現われる彼は、
なかなか決まっていて、カッコ良かったですしw、
格闘シーンもそこそこ頑張っていました。
でも、全体的にはケイト・ブランシェットの格闘シーンのほうが
デキが良かったかなw。 彼女があんな蹴りを出せるとは、
イメージに無いので、ちょっと驚きました。

しかし同時に、昔ながらの冒険活劇には欠かせない、
生身のアクションシーンはかなり減少し、
ブルースクリーンでの合成によるアクションシーンが
かなり増えた印象もありました。
これはハリドン・フォードの歳を考えると致し方ない気もしますが、
インディ・シリーズの新作ということで考えますと、
明らかに後退した点と云ってよいと思います。


僕としてはかなり珍しいことですが、
今回は700円也のパンフレットも購入しました。







昔は毎回欠かさず購入していましたが、
どうせ買っても読み返すことはほとんどありませんし、
内容が無いワリには値段が高いので、
ここ最近はほとんど買っていませんでした。
しかし、このパンフは、解説も製作の資料も
なかなか充実していて、お勧めです。
スポンサーサイト
[ 2008/06/15 12:02 ] 映画 | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。