Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
HOME > アーカイブ - 2008年05月

幻の超大作 『黒部の太陽』

2007年5月23日にくも膜下出血により亡くなった
熊井啓監督(くまい・けい、享年77)の代表作の一本
でありながら、主演の石原裕次郎氏が生前、
「この作品は大スクリーンでのみ観ていただきたい」
と要望した事により、公開から40年間、
再上映もビデオ・DVD化もされていない幻の超大作、
『黒部の太陽』という作品があることを
皆さんはご存知でしょうか?

この作品の製作の裏側を熊井監督自ら書き記した
『黒部の太陽 ミフネと裕次郎』が
2005年に新潮社より出版されています。

黒部の太陽黒部の太陽
(2005/02/19)
熊井 啓

商品詳細を見る


僕も買って読んでいますが、
熊井監督はこの本のあとがきの中で
「私は三時間十五分の「完全版」の再上映を
強く望むものである。この本を上梓した最大の理由は、
この点に尽きる。」と書かれています。
残念ながら、監督は亡くなってしまいましたが、
どうやらこれが実現するかもしれません。

スポーツ報知:「黒部の太陽」40年ぶり上映へ…石原プロ完全版公開決意

 故・石原裕次郎さんと故・三船敏郎さんのコンビによる名作映画の舞台版「黒部の太陽」(10月5日開幕、大阪・梅田芸術劇場)の製作発表がこのほど、大阪市内で行われ、主演の中村獅童(35)や神田正輝(57)らが出席した。その席で石原プロモーションの小林正彦専務は「フルで上映することも考えている」と3時間を超える映画の40年ぶりの完全版上映を明言。裕次郎さんの意向でビデオもDVD化されていない幻の名作が再び見られそうだ。

裕次郎さんと三船さん。昭和の2大スターの共演で話題を呼び、数々の苦難を乗り越えて当時の邦画史上最高の動員733万人、興収16億円(現在の金額で65億円相当)を記録しながら、40年も眠りについていた幻の映画(熊井啓監督)が、再上映に向けて動き出した。

「スクリーンで見てほしい」という裕次郎さんの願いもあり、これまでテレビ放送、ビデオなどの商品化もされていない。03年の裕次郎さんの17回忌というタイミングで上映されたことがある。3万人を無料招待し、「栄光への5000キロ」とともに特別上映された。が、このときは3時間15分の全編上映ではなく、海外公開用に2時間十数分程度に編集された1時間短縮バージョンだった。これに残念がるファンの声もあった。

「興行にするか招待にするか分からないが、何らかの形で上映したい」と小林専務。舞台化に踏み切った勢いそのまま、ファンの声に応えてのフル公開に決意をのぞかせた。この再上映には舞台の成功が必要不可欠。

その鍵を握るのが主演の獅童。「(裕次郎さんの)魂を引き継ぐ。今まで積み重ねてきたことをすべて脱ぎ捨ててゼロから出発。サラで臨む」。三船さんが演じた役を務める石原軍団の一人、神田も「タブーに手を出したような感じ」と重責を感じている。

もう一つの鍵は、映画同様、クライマックスの出水シーンだ。映画では裕次郎さんや三船さん、カメラ機材まで押し流した激流の中で、裕次郎さんが負傷事故に遭いながらも奇跡的に残ったフィルムの一部を使用した大迫力のシーンも話題になった。

舞台演出は初挑戦となる映画の佐々部清監督(50)は「実際に水を飛ばすことができなかったらお受けしなかった」ときっぱり。映像を交えながら15~20トンの水を舞台上で使用するという。地下にも劇場がある建物にもかかわらず型破りな演出プランを考えている。10月の公演に向けて模型でのシミュレーションを行っており「出来てからのお楽しみ」と話している。

参照元:スポーツ報知



昭和43年公開のこの作品は、僕も噂に聞いている程度で、
もちろん観たことはありません。
確か、裕次郎さんの追悼番組で
予告編の一部を見た程度だと思います。
もし、幻のオリジナル版が上映されるようなことが
あれば、ぜひ、観に行きたいものです。
スポンサーサイト
[ 2008/05/31 06:13 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

『男はつらいよ』誕生40周年プロジェクト

松竹は5月27日、1969年に封切られた
第1作目の公開日である8月27日を基点に行う予定の
「『男はつらいよ』 40周年プロジェクト」の詳細を
発表しました。

「男はつらいよ」40周年メインビジュアル・松竹(株)

「男はつらいよ」40周年メインビジュアル・松竹(株)

この40周年プロジェクトでは、渥美清の13回忌として、
長野県小諸「渥美清こもろ寅さん会館」にて法要(7月26日)、
東京都「葛飾柴又・寅さん記念館」にて献花式(8月2日)
が営まれる他、7月22日には飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
にて「葛飾納涼花火大会 40周年記念花火打ち上げ」、
第1作公開から40周年に当たる8月27日には、
寅さんの故郷、東京は葛飾柴又の帝釈天題経寺境内にて
「第1作『男はつらいよ』公開記念日 野外上映会」が
行われる予定です。
こうした記念イベントの他、国内・海外での特集上映も
予定されています。
また、「松竹ONLINE」では5月30日から毎週金曜日、
計10週にわたりシリーズ第1~10作をインターネットで初めて
独占配信するとのことです。

それから、『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』
を加えた49作のDVDが、HDリマスター版として、8月27日から
4回に分けて順次発売されることも発表されました。
また、寅さんの持っていたトランクをケースにした
「復刻"寅んく"~40周年記念限定全巻ボックス~ 」
(完全予約限定生産。199,500円)や、その廉価版の
「プレミアム全巻ボックス」(157,500円)も発売されます。

「『男はつらいよ』誕生40周年プロジェクト」オフィシャルサイト
松竹オンライン|特集 男はつらいよ インタビュー 山田洋次監督
映画「男はつらいよ」40周年記念 HDリマスター版DVDのお知らせ

HiVi Web:「男はつらいよ」誕生40周年。この夏、寅さんが甦る!
 国民的映画の思い出を、山田洋次監督と倍賞千恵子さんが語った

Variety Japan | 『男はつらいよ』40周年プロジェクト発表
寅さんが帰ってきた - 『男はつらいよ』40周年プロジェクトが始動
 | エンタテインメント | マイコミジャーナル

eiga.com:渥美清13回忌。「男はつらいよ」誕生40周年イベント発表会
寅さんあんぱんも発売! 『男はつらいよ』公開40周年
 柴又に寅さんが帰ってくる!(cinemacafe.net)

YOMIURI ONLINE:「男はつらいよ 40周年」プロジェクト始動
毎日jp:「男はつらいよ」:「こんな日本もあった」 40周、イベント続々
[ 2008/05/31 04:58 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

5月中に購入したソフトタイトルリスト

今月もいつものように
5月中に購入した全ソフトのタイトルリストを
記録しておきたいと思います。

国内盤

ハリー・ポッターと賢者の石 (Blu-ray Disc)
硫黄島からの手紙 (Blu-ray Disc)
オーシャンズ11 (Blu-ray Disc)
オーシャンズ12 (Blu-ray Disc)
転々 プレミアム・エディション (DVD)
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版] (DVD)
やじきた道中 てれすこ ~花のお江戸版~(初回限定版) (DVD)
椿三十郎 通常盤 (DVD)
河童のクゥと夏休み コレクターズBOX
  (特別版本編+特典DVDの2枚組) 【完全生産限定版】

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 (DVD)

映画「転々-てんてん-」オフィシャルサイト
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」オフィシャルサイト
やじきた道中 てれすこ
映画「椿三十郎」
河童のクゥと夏休み
ONCE ダブリンの街角で


米国盤・ドイツ盤

米国盤
The Mist (Two-Disc Collector's Edition)
 「ミスト」(DVD)

Giant Robo - Economy Pack
 「ジャイアント・ロボ THE ANIMATION
  地球が静止する日(OVA) DVD BOX」

Sayonara Jupiter
 「さよならジュピター」(DVD)

Before the Devil Knows You're Dead [Blu-ray]
 「ビフォア・ザ・デヴィル・ノウズ・ユアー・デッド(原題)」

Grand Prix [HD DVD]
 「グラン・プリ」(1966)

The Omega Man [HD DVD]
 「地球最後の男 オメガマン」(1971)

The Deer Hunter [HD DVD]
 「ディア・ハンター」(1978)


映画「ミスト」公式サイト
ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日 - Wikipedia
さよならジュピター - Wikipedia
Before the Devil Knows You're Dead (2007)- IMDb
グラン・プリ - Wikipedia
地球最後の男オメガマン - Wikipedia
ディア・ハンター - Wikipedia

ドイツ盤
The Stanley Kubrick Collection (Blu-Ray)
 (5 Discs - exklusiv bei Amazon.de) [Blu-ray]
 「スタンリー・キューブリック BDコレクション」

 (「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」
  「アイズ・ワイド・シャット」「フルメタルジャケット」
  「シャイニング」)


ワーナーが新譜BDの旧作タイトルを
新作タイトルと同じ4,980円に実質値上げしたのに続き、
6月11日から、従来3,980円で発売していた
旧作タイトルについても品番を変更し
価格も4,980円に値上げすることが明らかになりました。

AV Watch:ワーナー、Blu-ray 34タイトルを1,000円値上げ
 -品番も変更。購入者200人にBD 20本プレゼント


HD DVDの仇をBDで取る、ってなもんで
なんとも理不尽な決定で腹が立ちますし、
これでまたBDの売上げが鈍化するのは必至
でしょうが、まあ、仕方ありません。
そこで、急遽、HD DVDで買い損ねた作品、
HD DVDではリリースされなかった作品を
amazonの「Blu-ray Disc 4枚買うと、1枚タダ!」
キャンペーン(本日終了)を利用して、注文しました。


それからドイツ盤のBDで、
スタンリー・キューブリックの5作品の
BDコレクションBOXを注文しました。
このドイツ版BD、何とも素晴らしい
独自のパッケージ・デザインをしています。
また、こちらのリージョンは欧州仕様の「B」
ではなく、ありがたいことにリージョンオールです。
その上、5作品のうち、「時計じかけのオレンジ」、
「アイズ・ワイド・シャット」、「シャイニング」
には日本語字幕や日本語音声が収録されています。

僕が注文した時はHD DVD版のBOXより安い
50,34 EURで販売していたので、BDにしたのですが、
今現在の売価はEUR 116,40 まで値上がりしています。
我ながら、うまい時に注文したものだと悦に入ってます。(笑)

[ 2008/05/31 01:40 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)