Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
HOME > アーカイブ - 2008年05月

「ALWAYS 続・三丁目の夕日 豪華版」ほか、国内盤到着

今月初旬に上げた
今月分のソフト注文、早くも完了?
にも書きましたが、21日と昨日の23日に、
amazon.co.jp に予約していた以下の3枚が
到着しました。




まずは、21日に発売された
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」豪華版ですが、
公開時、劇場で観たあと、こちらに簡単な感想を
書きました。(軽いネタバレ含みます)

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(Cinema Kingdom Blog)

久々に再見しましたが、映画館で観た時の印象
よりも不思議と良かったですw。
2時間半近くもある作品ですが、密度が濃いためか、
まったく退屈しないで観れました。

特に、DTS 5.1ch音声で観ますと、あのオープニングは
映画館よりも怖いくらいですし(苦笑)、
エンディングに流れる主題歌、BUMP OF CHICKENの
「花の名」も、より心に沁みました。
画質も邦画DVDにしてはかなり良いほうだと思います。
少なくとも前作DVDの画質と比較しますと、
見た目の解像度が高く、SN比も良くなっていました。


これでウチには、一作目の「ALWAYS 三丁目の夕日」と
続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の豪華版DVDが
揃ったことになります。

「ALWAYS 三丁目の夕日」豪華版と「ALWAYS 続・三丁目の夕日」豪華版

二作目の作品評価は一作目には及ばなかったものの、
セブン・イレブンなどの協賛企業が増えたおかげか、
興行収益は二作目の方が上でしたので、
スポンサー筋や配給する東宝は、ぜひ、三作目も!
と思っているでしょう。
ただ、一応、一作目の宿題の答えは出てしまいましたので
スタッフはともかく、同じキャストでは難しいように思います。

また続編を作るとしたら、
三丁目の違う家庭やキャラクターを
メインにするしかないのではないでしょうか。
幸い、原作漫画の作品数はかなりありますので、
もしかしたら実現するかもしれませんね。

もし、そうなったら、今度の時代背景は、
首都高や東海道新幹線が開通した東京オリンピック開催の年、
昭和39年(1964年)しかないでしょう。
「続・三丁目…」から5年後の世界ですね。
日本映画のシリーズものの伝統を汲んで、
タイトルはズバリ!「ALWAYS 新・三丁目の夕日」でw。
もし本当に作られるとしたら、ぜひ観てみたいです。


スポンサーサイト



[ 2008/05/24 03:06 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)