Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2008 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 04
HOME > アーカイブ - 2008年03月

「Atonement(つぐない)」の感想(ネタバレ)と今年の桜

Dervaさんのこちらの記事に触発されて、
HD DVDで観た「Atonement(つぐない)」の感想を。

あまりDervaさんの好みではなかったようですが、
僕はこの映画、かなり気に入りました。

以下、ネタバレがあります。ご注意を。

Atonement_HD_DVD

英国盤HD DVD「Atonement(つぐない)」
(日本語音声・日本語字幕収録)

★★★★★

ちょっとヒネリを利かせた作品なので
星五つは褒めすぎかもしれません。
しかし、個人的には、
兵士達が帰国の船を待つ海岸の
長まわしシーンに心底度肝を抜かれ、
あれだけで満点をあげたくなりましたw。

長いこと映画を観ていますが、あれだけ見事で、
お金もかけた、壮大なスケールの長まわしは、
ついぞ見た記憶がありません。
脚本、セット、美術、衣装、俳優、撮影、演出、
映像を構成する全ての要素が綿密に計算され、
ほとんど「完璧」とも云える効果を挙げています。

感心したのは、セリフもない、その他大勢の
エキストラたちの演技が見事なことです!
さすがは演劇の本場、イギリスの俳優達です。

映像に映る、大勢の兵士たちの表情や動作から
さまざまな事情や感情が感じ取れます。
否応なく、こちらの想像力を刺激する点で、
僕が真っ先に連想したのは、安野 光雅氏の
文字のない絵本「旅の絵本」シリーズでした。
(例えば、「中部ヨーロッパ編」)

あのシークエンスだけでも「映画史に残る作品」
と呼んでよいのではないでしょうか。


「ヒネリを利かせた作品」と書きましたが、
終盤、物語は唐突に二重構造になり、
それまでの物語は、ある著名な女流作家の
半自伝小説の中身であったことが
明かされます。
予想外の展開なので驚きました。

こんな展開は、のるかそるかの大勝負で、
普通なら、映画では絶対にやってはいけない
禁じ手です。
せっかく感情移入している観客の気持ちが
一挙に冷めてしまいますからね。
(原作は未読なので、これが脚色なのかは不明)
これに乗れるか、乗れないかで
この映画に対する評価は大きく分かれるでしょう。
スポンサーサイト



[ 2008/03/30 17:44 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(1)