Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 02
HOME > アーカイブ - 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒース・レジャー急死。薬物過剰摂取か?

「ブロークバック・マウンテン」で
アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた
オーストラリア出身の俳優、ヒース・レジャーが、
22日、ニューヨークの自宅アパートで
遺体で発見されたそうです。
事件性はなく、死因はどうやら睡眠薬などの
過剰摂取によるものとの事です。



僕が彼をはじめて観たのは、
ローランド・エメリッヒ監督の『パトリオット』での
メル・ギブソンの息子役ででした。
その後、主演作の『ロック・ユー!』
(ブライアン・ヘルゲランド監督)がヒットして
スターになりましたが、作品選びは慎重で
金儲けの為だけの出演はしないところがありました。
享年が28歳と聞いて、
「そんなに若かったのぉ?!!!」と驚きました。
まだまだこれからなのに、なんとも惜しいですね…。
スポンサーサイト
[ 2008/01/24 12:56 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

第80回アカデミー賞ノミネーション発表!

いまだ解決の糸口が見出せないままの
米脚本家協会(WGA)のストの影響で、
例年通りの授賞式開催が危ぶまれている
第80回アカデミー賞ですが、1月22日、
注目のノミネーションが発表されました。


第80回アカデミー賞ノミネート一覧

作品賞[Best Picture]

『Atonement/つぐない』(Focus Features)
 A Working Title Production
 Tim Bevan, Eric Fellner and Paul Webster, Producers
『Juno/ジュノ』(Fox Searchlight)
 A Dancing Elk Pictures, LLC Production
 Lianne Halfon, Mason Novick and Russell Smith, Producers
『Michael Clayton/フィクサー』(Warner Bros.)
 A Clayton Productions, LLC Production
 Sydney Pollack, Jennifer Fox and Kerry Orent, Producers
『No Country for Old Men/ノーカントリー』
  (Miramax and Paramount Vantage)
 A Scott Rudin/Mike Zoss Production
 Scott Rudin, Ethan Coen and Joel Coen, Producers
『There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
 (Paramount Vantage and Miramax)
 A JoAnne Sellar/Ghoulardi Film Company Production
 JoAnne Sellar, Paul Thomas Anderson and Daniel Lupi, Producers



主演男優賞[Actor in a leading role]

ジョージ・クルーニーダニエル・デイ・ルイスジョニー・デップトミー・リー・ジョーンズヴィゴ・モーテンセン

ジョージ・クルーニー
 『Michael Clayton/フィクサー』
ダニエル・デイ・ルイス
 『There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
ジョニー・デップ
 『Sweeney Todd/スウィーニー・トッド』
トミー・リー・ジョーンズ
 『In the Valley of Elah/告発のとき』
ヴィゴ・モーテンセン
 『Eastern Promises/イースタン・プロミセズ』


主演女優賞[Actress in a leading role]

ケイト・ブランシェットジュリー・クリスティマリオン・コティヤールローラ・リニーエレン・ペイジ

ケイト・ブランシェット
 『Elizabeth: The Golden Age/エリザベス~ゴールデン・エイジ』
ジュリー・クリスティ
 『Away From Her/アウェイ・フロム・ハー~君を想う』
マリオン・コティヤール
 『La Vie En Rose/エディット・ピアフ~愛の讃歌』
ローラ・リニー
 『The Savages/ザ・サベージ』
エレン・ペイジ
 『Juno/ジュノ』


助演男優賞[Actor in a supporting role]

ケーシー・アフレックハビエル・バルデムフィリップ・シーモア・ホフマンハル・ホルブルックトム・ウィルキンソン

ケーシー・アフレック
 『The Assassination of Jesse James/ジェシー・ジェームズの暗殺』
ハビエル・バルデム
 『No Country for Old Men/ノーカントリー』
フィリップ・シーモア・ホフマン
 『Charlie Wilson's War/チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
ハル・ホルブルック
 『Into the Wild/イントゥ・ザ・ワイルド』
トム・ウィルキンソン
 『Michael Clayton/フィクサー』


助演女優賞[Actress in a supporting role]

ケイト・ブランシェットルビー・ディーセルシャ・ローナンエイミー・ライアンティルダ・スウィントン

ケイト・ブランシェット
 『I'm Not There/アイム・ノット・ゼア』
ルビー・ディー
 『American Gangster/アメリカン・ギャングスター』
セルシャ・ローナン
 『Atonement/つぐない』
エイミー・ライアン
 『Gone Baby Gone/愛しき者はすべて去りゆく』
ティルダ・スウィントン
 『Michael Clayton/フィクサー』


監督賞[Directing]

ジュリアン・シュナーベル
 『The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る』
ジェイソン・ライトマン
 『Juno/ジュノ』
トニー・ギルロイ
 『Michael Clayton/フィクサー』
イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
 『No Country for Old Men/ノーカントリー』
ポール・トーマス・アンダーソン
 『There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

[ 2008/01/24 11:22 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

落語と映画

引き続き「落語」の話題で恐縮ですが、
落語や噺家を主題にした映画作品も
いままで数多く製作されています。
パッと思い浮かぶのは、以下の5作品です。

幕末太陽傳 コレクターズ・エディション幕末太陽傳 コレクターズ・エディション
(2005/10/07)
フランキー堺、左幸子 他

商品詳細を見る

運が良けりゃ運が良けりゃ
(2007/05/25)
ハナ肇、倍賞千恵子 他

商品詳細を見る

の・ようなものの・ようなもの
(2006/10/20)
秋吉久美子、伊藤克信 他

商品詳細を見る

寝ずの番 特別番寝ずの番 特別番
(2006/10/18)
中井貴一、木村佳乃 他

商品詳細を見る

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2007/11/09)
国分太一.香里奈.森永悠希.松重豊.八千草薫.伊東四朗

商品詳細を見る
[ 2008/01/22 17:43 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

『落語』がマイブーム(死語?w)

宮藤官九郎脚本のTBSドラマ『タイガー&ドラゴン』、
NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『ちりとてちん
などの影響か、このところ、世代を問わず、
『落語』が静かなブームになっているそうです。

個人的にはTVドラマはほとんど見ないのですが、
僕もこのところ、古典落語を中心に『落語』に
ハマリつつあります。

落語のソフトと云いますと、
古くはレコードやカセットテープ、
近年はCDと、音声のみのものが中心のようです。
例えば、いまだに熱心なファンが多い
五代目・古今亭志ん生師匠の噺などは
現存する映像がほとんどありません。
ラジオの普及による昭和30年代の一大落語ブーム
を支えた看板落語家たちの噺を楽しむには
どうしても音源豊富な音声ソフトになってしまうのです。
それと比較しますと、ビデオ、DVDの落語ソフトは
まだまだかなり数が少ない印象です。

[ 2008/01/22 17:42 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

米国盤が税付で到着

8日に発送になった米国盤が先程到着しました。
本日は休日ですので、好都合でした。



こちらの記事に書いたタイトルから
また変更しまして、結局、こうなりました。

"Resident Evil - The High-Definition Trilogy [Blu-ray]"
"Rush Hour 3 [Blu-ray]"
"Shoot Em Up [Blu-ray]"
"3:10 To Yuma [Blu-ray]"
"Zodiac (Two-Disc Director's Cut) [HD DVD]"
"Eastern Promises (Combo HD DVD and Standard DVD)"
"The Kingdom (Combo HD DVD and Standard DVD) [HD DVD]"

単品の"Resident Evil: Extinction [Blu-ray]"
を止めて、国内では販売元が異なる為、
一作目の「バイオハザード」はHD DVD、
続編の「バイオハザードII アポカリプス」はBD
となっている三部作を米国盤のBD BOXで
購入することにしたのです。
それに伴い、とりあえず米国DVDで持っている
"Pan's Labyrinth [Blu-ray]"と
来月国内盤BDが出る"War [Blu-ray]"(ローグ アサシン)
はキャンセルしました。
[ 2008/01/16 15:48 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(4)

2007年度 第81回キネマ旬報ベスト・テン

1924年開始と米アカデミー賞(1929年開始)よりも
長い歴史を持つことで知られるキネマ旬報社の映画賞
「キネマ旬報ベスト・テン」が今年も発表されました。

【2007年度日本映画ベスト・テン】

  1位 「それでもボクはやってない
  2位 「天然コケッコー
  3位 「しゃべれども しゃべれども
  4位 「サッド ヴァケイション
  5位 「河童のクゥと夏休み
  6位 「サイドカーに犬
  7位 「松ヶ根乱射事件
  8位 「魂萌え!
  9位 「夕凪の街 桜の国
  10位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
  次点 「愛の予感



【2007年度外国映画ベスト・テン】

  1位 「長江哀歌
  2位 「善き人のためのソナタ
  3位 「今宵、フィッツジェラルド劇場で
  4位 「クィーン
  5位 「バベル
  6位 「やわらかい手
  7位 「ドリームガールズ
  8位 「ボルベール<帰郷>
  9位 「ゾディアック
  10位 「パンズ・ラビリンス
  次点 「デス・プルーフinグラインドハウス



【2007年度文化映画ベスト・テン】

  1位 「ひめゆり
  2位 「やーさん ひーさん しからーさん ―集団疎開学童の証言―
  3位 「未来世紀ニシナリ
  4位 「いのち耕す人々
  5位 「終りよければすべてよし
  5位 「出草之歌 台湾原住民の吶喊 背山一戦
  7位 「有明海に生きて 100人に聞く、海と漁と歴史の証言
  7位 「カフカ 田舎医者
  9位 「花の夢 ―ある中国残留婦人―
  10位 「靖国

[ 2008/01/16 02:56 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

第65回ゴールデングローブ賞

長引く米脚本家組合のストライキの影響で、
例年通りの派手な授賞セレモニーがキャンセルされた
「第65回 ゴールデングローブ賞」の受賞結果が、
現地時間の1月13日、記者会見の形で発表されました。

主要部門の最優秀賞は以下の通りです。


【作品賞 ドラマ部門】


(C)2006 Universal Studios. All Rights Reserved.

『つぐない』 "Atonement"
つぐない:オフィシャル・サイト

『アメリカン・ギャングスター』
“Eastern Promises”
“The Great Debaters”
『フィクサー』
『ノーカントリー』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


【作品賞 コメディ/ミュージカル部門】


(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
and DreamWorks LLC. All Rights Reserved.


『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
"SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET"
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』公式サイト

“Across the Universe”
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
『ヘアスプレー』
『JUNO/ジュノ』


[ 2008/01/15 09:06 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

実は僕にも…(汗)

日曜夜11時からNHK総合テレビで放送中の
NHK「つながるテレビ@ヒューマン」
1月13日放送分にAV評論家の堀切日出晴氏と
「HiVi」の編集長が出演するそうです。
テーマは「広がる”DVD社会”の未来はどうなるのか?」
とのことです。

HiVi編集長の備忘録 2007年12月31日
HiVi編集長の備忘録 2008年01月07日

実は、僕にも昨年末に
この番組のディレクターさんから
「DVDコレクターとしてご意見を伺いたい」旨の
取材依頼のメールがありました。(汗)

以前もNHK BSの番組からの取材依頼がありましたが、
今回もかなり急な話でしたし、
その上、今度は地上波の番組です。

僕だけでなく、
アチコチのマニアに声を掛けているのでしょうから
お受けしても即、カメラ撮影とはならないのでしょうが、
何かの間違いというか、万が一ということもありえますw。
正直、多少、心が揺れたのですがw、
結局、多くのハイエンドマニアや専門家を差し置いて、
僕如きが公共放送で偉そうに私見を述べるなど、
とてもとても恐れ多くて、滅相も無いなと、
丁重にお断りさせていただきました。(苦笑)
AV雑誌の取材すらかなり悩むと思うのに、
地上波の取材なんて…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


おそらく日本一のソフトコレクターで、
専門家でもある堀切日出晴氏が出演されると聞いて、
妙なスケベ心を出して取材をお受けし、
ヘタを打たなくて良かったと、心底、思いました。(苦笑)

とんだチキンで面目ありません。(汗)
しかし、『君子危うきに近寄らず』 とも申しますw。
[ 2008/01/10 03:37 ] ホームシアター | TB(0) | CM(8)

「第65回ゴールデングローブ賞」授賞式中止!

米脚本家組合のストライキが長引いている影響で、
13日に行われる予定だった「第65回 ゴールデングローブ賞」
の授賞式が中止となり、最優秀賞の発表は、記者会見方式で
行われることになりました。

Variety Japan | ゴールデングローブ賞授賞式中止!
第65回ゴールデングローブ賞 国際ニュース : AFPBB News
第65回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!@映画生活

年末から心配されていた事態ですが、
まさか本当に受賞セレモニーがキャンセルされてしまうとは…。
こんなことは前代未聞です。


このニュースを聞いて誰もが思うことは、
2月24日に開催予定の「アカデミー賞は大丈夫?」
ということでしょう。

来る1月23日にノミネーションの発表がありますが、
準備や手配にかかる時間から逆算すると
遅くも今月末くらいまでに何らかの合意が成されなければ
マジでヤバイかもしれません。
巨額の資金や思惑が絡み、米国は元より
世界中の映画産業、TV・出版業界、音楽業界、
ひいてはファッション業界、家電業界などへの影響が
非常に大きい式典が、もし仮に中止となれば
こりゃ、どえらい騒ぎになりますよ。
複数の死人だって出かねないでしょう。

米脚本家協会(WGA)もそのストを支持する
米俳優組合(SAG)などの他の映画関連組合も
自分たちだけでなく、他人の首を絞めてまで、
アカデミー賞授賞式を中止に追い込むような
真似をするかどうかは、まだまだ未知数ですが、
なんとか最悪の事態だけは回避していただきたいものです。

第80回アカデミー賞|WOWOW ONLINE
Variety Japan | 2008年 第80回アカデミー賞 関連ニュース一覧
[ 2008/01/09 01:55 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ワーナーがHD DVDから撤退。Blu-rayに一本化

7日まで正月休みのはずだったAV Watchが
急遽記事をUPするほどの大ニュースです。(笑)

米WarnerがBlu-rayに一本化。6月以降BDのみ発売
 -「消費者は明確にBDを選択した」(AV Watch)

東芝、ワーナーBD一本化に「残念」と声明
 -「HD DVDがベストは不変」。CESのHD DVDイベント中止(AV Watch)

ITmedia +D LifeStyle:フォーマット戦争の「終わりの始まり」?
 ――ワーナーがBlu-ray Discに一本化

米ホームビデオ業界の2008年新計画 (VARIETY JAPAN)
HD DVDに致命的な打撃?
 米ワーナー、ブルーレイ支持を発表 (VARIETY JAPAN)

Warner、2008年6月からBlu-rayのみでHDソフトを販売 (Phile-web)
東芝、Warnerの発表に対し「HD DVDがベスト」とコメント (Phile-web)
―日本時間1月5日 14:52受信― 麻倉怜士のCES2008リポート No.0
Breaking: Warner Goes Blu-ray Exclusive - HIGH-DEF DISC NEWS
ワーナーがHD DVDから撤退、Blu-Ray一本化しても・・・
 HAMA一等兵のペケ戦記


まあ、欧米の消費者はいざ知らず、
日本ではとっくに「次世代DVDはBD」という
消費者の選択がなされていたワケでして
大勢に影響はないでしょう。
(東芝の社員やその家族、株主さんには
 かなりの影響があるかもしれませんが)

また、このニュースによって国内盤のBDソフトや
ハードの売れ行きが急激に伸びるとも思いません。
PS3の国内出荷数は数百万台だというのに
BDソフトの一タイトル辺りの売上げは
いまだに数百枚から、せいぜい千枚単位、
最大級のヒット作でも1万枚程度しかありません。
これではまるで素人バンドの自主製作CDですw。
HDTVは世界一普及しているにも関わらず、
日本人の次世代DVDへの関心など、
まだまだその程度ということです。

そもそも、ハイビジョン放送が日本の地デジ以下の画質
でしか楽しめない米国の消費者とは違い、
日本では世界最高画質を誇るBSデジタル放送や
CSデジタル放送が安価に楽しめる環境があります。
少なくとも国内に限って云えば、
BDソフトの最大のライバルはHD DVDソフトなどではなく、
WOWOWやスターチャンネルでしょう。
CPだけで考えれば、WOWOWのHV番組と
BDソフトでは端から勝負になりません。

先月、DMR-BW200を購入して以降、
僕は5枚のBD-REと、30枚のBD-Rを買いました。
そのうち、HV録画済みメディアは既に15枚になります。
やはり、HDD容量が500GB程度では忙しくて大変です。

いちいちメディアに移さないでHDDだけで済むなら
そのほうが何倍も楽ですし、使い勝手も優れています。
仮に、HV放送がMPEG-4 AVC/H.264化されて、
HDDレコーダーの容量が数TB以上になれば、
マニアですらBDレコーダーなど買わなくなるでしょう。

…というか、既に
ハイスペックAVPCを所有する方々の中には
個人レベルでそれを実践されている方も
チラホラいらっしゃるのですが…。(苦笑)

ハイビジョン映像無限コピーバイブル (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 220)ハイビジョン映像無限コピーバイブル (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 220)
(2007/11/19)
不明

商品詳細を見る


ただ、そうは言っても
僕は長年、映画ソフトを集めておりますので、
映画まで音楽のようにデータのやり取りが主体になり
パッケージメディアが衰退してしまうのは忍びない
という思いも強くあります。

ソフトメーカーには、SD・ハイデフを問わず
本編が高画質・高音質なのはもちろん、
映像特典の内容から外装のデザイン等も含め、
消費者がその作品を所有することの喜びを
実感出来るような、良質なパッケージ製作を
常に心掛けていただきたいものです。
そうしないと、おいしいところは全部PC関連メーカーが
さらっていってしまう結果になるかもしれません。
[ 2008/01/06 12:01 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

07年度 映画興行収入ベスト10

この時期はあちこちの映画サイト、ブログに
「07年の映画ベスト10」なんて記事がUPされますね。
この場合のベスト10は各々の作品評価ですが、
とりあえず、客観的事実として、どの作品がヒットしたのか
「07年度 映画興行収入ベスト10」を調べてみました。
(昨年12月17日時点)


【日本映画】
1.「HERO」(81億1000万円)
2.「劇場版 ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
  ディアルガVSパルキアVSダークライ」(50億2000万円)
3.「西遊記」(45億円)
3.「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(45億円)
5.「武士の一分」(40億3000万円)
6.「恋空」(38億円)
7.「ドラえもん のび太の新魔界大冒険
  7人の魔法使い」(35億4000万円)
8.「どろろ」(34億5000万円)
9.「アンフェア the movie」(27億2000万円)
10.「名探偵コナン 紺碧の棺」(25億3000万円)

【洋画】
1.「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(109億円)
2.「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(95億円)
3.「スパイダーマン3」(71億円)
4.「硫黄島からの手紙」(52億円)
5.「トランスフォーマー」(40億円)
6.「レミーのおいしいレストラン」(39億円)
6.「ダイ・ハード4.0」(39億円)
8.「ナイトミュージアム」(36億円)
9.「オーシャンズ13」(32億円)
10.「バイオハザードIII」(30億円)

【2006年とそれ以前の結果】
社団法人日本映画製作者連盟
[ 2008/01/03 10:03 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

元旦の賀詞




本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
                      平成20年 元旦


今年は子年ですね。
僕にとって、映画繋がりで「ネズミ」と申しますと、
思い浮かぶのはミッキーやミニー、
『レミーのおいしいレストラン』のレミー…ではなく、
『ウイラード』('71)と『ベン』('72)なのであります。(笑)
両作品とも残念ながら、日本はもちろん、
米国でもいまだにDVD化されていません。
久しぶりに観てみたいなぁ…。
[ 2008/01/01 09:02 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。