Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 11
HOME > アーカイブ - 2007年10月

AVアンプと5.1Chスピーカー

BDやHD DVDのドルビーTrueHDやDTS-HD、リニアPCM
などの高音質オーディオ(HDオーディオ)音声の
デコーダー搭載が、この夏から秋にかけての
最新AVアンプのトレンドです。
キーワードは【HDMI端子 Ver.1.3a】対応です。

次世代光ディスクが発売されて以降、
マニアの多くはHDオーディオがデコード出来る
AVアンプを待ち望んでいました。
そのため、ここ1、2年で、最も売れなかったAV機器は
AVアンプだったと思われます。(苦笑)
逆に、今後は話題(と物欲w)の中心になることでしょう。

しかし、この機能を生かすには、
別途、これらのHDオーディオが収録された
次世代光ディスクのパッケージソフトと、
HDオーディオのビットストリーム出力が可能な
次世代光ディスク・プレーヤーなり、レコーダーが
必要になります。
(PS3のHDMI端子は、リニアPCMのビットストリーム
出力と、ドルビーTrueHDをリニアPCMに変換して
出力する機能は持っていますが、
DTS-HDのビットストリーム出力には未対応)
これらのプレイヤーやレコーダーも
この秋にやっと数機種発売になったばかりで、
値段もミドルクラス以上(10万以上)のものが中心です。

DENON「DVD-3800BD」、「DVD-2500BT」
パイオニア「BDP-LX80」
AQUOSブルーレイ:シャープ
ソニー ブルーレイディスク ポータルサイト || 商品情報
DVDレコーダー DIGA(ディーガ) |
 地上・BS・110度CSデジタルチューナー&HDD内蔵タイプ
 BW900・BW800・BW700 | Panasonic

日経トレンディネット:増田和夫のAVCエクスプローラー
 <増田和夫がチェック!>松下ブルーレイ「DIGA」を速攻レビュー!
 ソニー「BDZ」シリーズと詳細比較


AV評論家やメーカーはさんざん煽っておりますがw、
新たらしモノ好きのハード・マニアは別にして、
音質は「iPod」やDD、画質は「YouTube」や「ワンセグ」、
せいぜい480iのアナログ地上波や480pのDVDで充分!
と思っておられる方が圧倒的多数であることから考えて
HDオーディオのビットストリーム入力に対応したAVアンプに
一体、どれほどのニーズがあるのか?とも思います。
BDにしてもHD DVDにしても
まだまだ立ち上がったばかりのメディアですし、
先行きも甚だ不透明ですので、僕のような
パッケージソフトのコレクターを別にすると、
次世代DVDを数十枚単位で持っているという方は
まだかなり少ないのではないでしょうか。
(僕は両ディスクで既に100枚以上持っていますがw)

レンタルDVDやBSなどのAAC音声しか使わないのに
最新のAVアンプを買う意味はあまりありません。
同じ予算なら、叩き売り状態になっている
型落ちの中古・アウトレットの上級機種を狙う
という考え方も大いにアリだと思います。
ミドルクラス以上のAVアンプであれば、
アナログ5.1Ch~7.1Ch入力端子をほぼ搭載しております
ので、後でBDやHD DVDソフトを集めるようになっても
HDオーディオのデコーダーを内蔵し、
アナログ5.1Ch~7.1Ch出力が可能な次世代プレイヤー
なり、レコーダー(現在はDENON「DVD-3800BD」くらいで、
安いモデルはないのですが、将来的には発売されるでしょう)
を買い足せば、再生可能になります。

オーディオ&ビジュアル中古・アウトレット
 商品販売のアバック 【AVアンプ】

中古AVアンプ・AV機器・シアター機器販売・買取のフジヤエービック
 デジタルスタイルショップ AVアンプ・AV機器


※誤解があるといけませんので追記しますが
従来のAVセンサーに搭載されているデコーダーでも
次世代DVDの「ドルビーTrueHD」や「DTS-HD」を
下位変換して再生することは可能です。
つまり、HDオーディオ本来の高音質にはなりませんが、
DVD相当、あるいはそれ以上の音質でステレオ、または
多チャンネル再生することが、従来機でも出来る、
ということです。(光、または同軸デジタル音声接続時)
また、リニアPCMのビットストリーム信号に関しては、
以前からHDMI端子経由で入力可能なAVアンプはありました※


ただ、これから新たにシステム一式を揃える
ビギナーの皆さんなら、素直に最新のHDオーディオ
対応のHDMI端子 Ver.1.3a搭載AVアンプを
購入されたほうが、何かと苦労が少ないでしょう。

HiVi Web:HDオーディオ対応AVセンター総括特集
この夏発売のHDMI1.3a対応AVアンプ16モデルを
 一斉比較 Phile Web:AV&ホームシアターニュース

価格.comマガジン - 特集035-1
 最新ホームシアター機器の選び方を伝授!「AVアンプ編」

価格.com AVアンプ

注意が必要なのは、同じVer.1.3aのHDMI端子を持つ
AVアンプであってもメーカーによって仕様上の違い
がある点です。

例えば、低価格機ではHDオーディオのデコードには
対応していない、Ver.1.3aのHDMI端子搭載モデルも
あります。
(現在、最も低価格のHDオーディオ対応モデルは、
 オンキョーの「TX-SA605(S)」になります)

また、プロジェクタとTVを両方使う方には
HDMI出力端子がニ系統あったほうが便利ですが、
現在、HDMI出力端子がニ系統あるミドルクラスまでの
AVアンプは、DENONの「AVC-3808」と、11月中旬発売予定の
マランツの「SR8002」に「SR7002」くらいだと思います。

それから、コンポジット、S端子、D端子、コンポーネント
などのアナログ映像入力をデジタル変換処理をして
HDMI端子から出力出来る機能をどのアンプも搭載して
いますが、480i/p変換のみ(VSA-AX1AH)のモデル、
どの入力も1080pまでアップスケーリングして出力出来る
モデル(AVC-2808やDSP-AX1800等)、
コンポジットとS端子は480p、D端子、コンポーネントは
720pまでと制限があるモデル(オンキョーTXシリーズ)
などの違いがあります。
すべての映像出力をAVアンプに集約して
HDMI端子で出力したいと思われている方は、
この辺りの仕様の違いにも注意が必要です。
パンフやネットで調べても不明な場合は、事前に
メーカーのサポセンに問い合わせたほうが
よろしいでしょう。
スポンサーサイト



[ 2007/10/25 11:02 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)