Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 081234567891011121314151617181920212223242526272829302007 10
HOME > アーカイブ - 2007年09月

9月中に購入したソフト

いつものように、今月購入したタイトルを
記録しておきます。

今月は調子に乗って
いくらか国内盤を買い過ぎました。(苦笑)
逆に、先月末に注文した米国盤が
なぜかなかなか発送されず、催促をした挙句、
2日になってやっと発送されたこともあり、
今月は米国盤を一枚も買いませんでした。
(※しかし、10月分で既に11枚を予約中w※)
その代わりというワケでもないのですが、
月末になってから久々に香港盤を注文しました。


国内盤

ブラッド・ダイヤモンド (Blu-ray Disc)
ラブソングができるまで (Blu-ray Disc)
スターシップ・トゥルーパーズ (Blu-ray Disc)
こわれゆく世界の中で (Blu-ray Disc)
300 <スリーハンドレッド> (Blu-ray Disc)
ザ・シューター/極大射程 (HD-DVD)
バッテリー 特別編 (初回生産限定版)
サンキュー・スモーキング (特別編)
スモーキン・エース
ヒッチャー (1985)
デリカテッセン
スピーシーズ3 禁断の種

映画『ブラッド・ダイヤモンド』オフィシャルサイト
映画『ラブソングができるまで』オフィシャルサイト
「こわれゆく世界の中で」公式サイト
映画『300』オフィシャルサイト
「ザ・シューター 極大射程」公式サイト
映画「バッテリー」公式サイト
映画『サンキュー・スモーキング』公式サイト
「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」公式サイト


香港盤

サイボーグでも大丈夫 I'm A Cyborg, But That's OK(香港版)
かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート Dragon Tiger Gate
導火線 (限定版) Flash Point (Limited Edition)
男兒本色 Invisible Target (香港版)
リメンバー・ミー Ditto (2000) (香港版) (無料サービス品)

映画「サイボーグでも大丈夫」公式サイト
映画 『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』 公式サイト
導火線 Flash Point Official Site
男兒本色 Invisible Target Official Site
スポンサーサイト



[ 2007/09/27 12:42 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

VICTOR 「DLA-HD100」

9月26日、日本ビクター(株)は、
フルHD D-ILAプロジェクターの最新作
「DLA-HD100」を11月中旬より発売する
と発表しました。



●表示デバイス:フルハイビジョン対応D-ILA デバイス
●パネルサイズ:0.7インチ×3(16:9)
●解像度:1920×1080 ●レンズ:2倍電動ズーム・
 フォーカスレンズ f= 21.3 ~ 42.6 mm  F= 3.2 ~ 4.3
●レンズシフト:上下80 %、左右34 %
●投影サイズ:60インチ~200インチ
●光源ランプ:200W超高圧水銀ランプ ●輝度:600lm
●コントラスト:30000対1 ●ビデオ入力端子:HDMI×2、
 コンポーネント1、S映像1、コンポジット1
●コントロール端子:RS-232C(D-Sub9 ピン)
●騒音レベル:24dB(ノーマルモード時)
●消費電力:280W(スタンバイ時2.7W)
●外形寸法:455W×172.5H×418.5Dmm ●質量:11.6kg
●価格:¥840,000(税込) ●発売日:2007年11月中旬

ニュースリリース
DLA-HD100 製品情報
AV Watch:ビクター、コントラスト3万:1のフルHD D-ILAプロジェクタ
 84万円の上位モデル「DLA-HD100」。電動ズーム搭載

ITmedia +D LifeStyle:ビクター、D-ILAプロジェクターの
 新フラグシップ「DLA-HD100」

Phile Web:ビクター、コントラスト比30,000対1の
 HD1上位機「DLA-HD100」を正式発表

HiVi Web:ビクターから、D-ILAプロジェクターの上位モデルDLA-HD100登場!
 フルHD解像度。ネイティブコントラスト30,000対1による圧倒的な黒再現

楽天市場 「DLA-HD100」検索結果


晩夏にドイツで開催された「IFA2007」で発表され、
名機「HD1」の上級モデルとして話題になっていた
「HD100」ですが、やっと日本でも正式発表されました。

一説では、15,000米ドル程度とされていた価格は、
思い切った価格設定で勝負に出た「VW60」の影響でか、
予想よりかなり安い、840,000円という希望小売価格
となっています。

これでは「HD1」の定価、798,000円(税込)と
ほとんど変わらないということになり、
「HD1」の上級機というよりは、実質的な後継機
と呼んでもよいくらいの印象です。
弛まぬ改良と高CP化はデジタル家電の宿命とは云え、
「HD1」を発売後、すぐに購入された方にとっては
心穏やかではいられない価格設定かもしれません。(苦笑)

その「HD1」は、
「HD100」発売後も併売される予定です。
しかし、これだけ「HD100」との定価が僅差
となりますと、「HD1」のほうは「在庫一掃セール」
的な値引き販売にならざるを得ないでしょう。
果して、「HD100」発売後に「HD1」の売価が
どのくらいまで下がるのか、大いに注目です。
(定価が「オープン価格」になり、
 卸値が大幅に引き下げられることを期待しています)
[ 2007/09/27 09:28 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)