Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 081234567891011121314151617181920212223242526272829302007 10
HOME > アーカイブ - 2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9月中に購入したソフト

いつものように、今月購入したタイトルを
記録しておきます。

今月は調子に乗って
いくらか国内盤を買い過ぎました。(苦笑)
逆に、先月末に注文した米国盤が
なぜかなかなか発送されず、催促をした挙句、
2日になってやっと発送されたこともあり、
今月は米国盤を一枚も買いませんでした。
(※しかし、10月分で既に11枚を予約中w※)
その代わりというワケでもないのですが、
月末になってから久々に香港盤を注文しました。


国内盤

ブラッド・ダイヤモンド (Blu-ray Disc)
ラブソングができるまで (Blu-ray Disc)
スターシップ・トゥルーパーズ (Blu-ray Disc)
こわれゆく世界の中で (Blu-ray Disc)
300 <スリーハンドレッド> (Blu-ray Disc)
ザ・シューター/極大射程 (HD-DVD)
バッテリー 特別編 (初回生産限定版)
サンキュー・スモーキング (特別編)
スモーキン・エース
ヒッチャー (1985)
デリカテッセン
スピーシーズ3 禁断の種

映画『ブラッド・ダイヤモンド』オフィシャルサイト
映画『ラブソングができるまで』オフィシャルサイト
「こわれゆく世界の中で」公式サイト
映画『300』オフィシャルサイト
「ザ・シューター 極大射程」公式サイト
映画「バッテリー」公式サイト
映画『サンキュー・スモーキング』公式サイト
「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」公式サイト


香港盤

サイボーグでも大丈夫 I'm A Cyborg, But That's OK(香港版)
かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート Dragon Tiger Gate
導火線 (限定版) Flash Point (Limited Edition)
男兒本色 Invisible Target (香港版)
リメンバー・ミー Ditto (2000) (香港版) (無料サービス品)

映画「サイボーグでも大丈夫」公式サイト
映画 『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』 公式サイト
導火線 Flash Point Official Site
男兒本色 Invisible Target Official Site
スポンサーサイト
[ 2007/09/27 12:42 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

VICTOR 「DLA-HD100」

9月26日、日本ビクター(株)は、
フルHD D-ILAプロジェクターの最新作
「DLA-HD100」を11月中旬より発売する
と発表しました。



●表示デバイス:フルハイビジョン対応D-ILA デバイス
●パネルサイズ:0.7インチ×3(16:9)
●解像度:1920×1080 ●レンズ:2倍電動ズーム・
 フォーカスレンズ f= 21.3 ~ 42.6 mm  F= 3.2 ~ 4.3
●レンズシフト:上下80 %、左右34 %
●投影サイズ:60インチ~200インチ
●光源ランプ:200W超高圧水銀ランプ ●輝度:600lm
●コントラスト:30000対1 ●ビデオ入力端子:HDMI×2、
 コンポーネント1、S映像1、コンポジット1
●コントロール端子:RS-232C(D-Sub9 ピン)
●騒音レベル:24dB(ノーマルモード時)
●消費電力:280W(スタンバイ時2.7W)
●外形寸法:455W×172.5H×418.5Dmm ●質量:11.6kg
●価格:¥840,000(税込) ●発売日:2007年11月中旬

ニュースリリース
DLA-HD100 製品情報
AV Watch:ビクター、コントラスト3万:1のフルHD D-ILAプロジェクタ
 84万円の上位モデル「DLA-HD100」。電動ズーム搭載

ITmedia +D LifeStyle:ビクター、D-ILAプロジェクターの
 新フラグシップ「DLA-HD100」

Phile Web:ビクター、コントラスト比30,000対1の
 HD1上位機「DLA-HD100」を正式発表

HiVi Web:ビクターから、D-ILAプロジェクターの上位モデルDLA-HD100登場!
 フルHD解像度。ネイティブコントラスト30,000対1による圧倒的な黒再現

楽天市場 「DLA-HD100」検索結果


晩夏にドイツで開催された「IFA2007」で発表され、
名機「HD1」の上級モデルとして話題になっていた
「HD100」ですが、やっと日本でも正式発表されました。

一説では、15,000米ドル程度とされていた価格は、
思い切った価格設定で勝負に出た「VW60」の影響でか、
予想よりかなり安い、840,000円という希望小売価格
となっています。

これでは「HD1」の定価、798,000円(税込)と
ほとんど変わらないということになり、
「HD1」の上級機というよりは、実質的な後継機
と呼んでもよいくらいの印象です。
弛まぬ改良と高CP化はデジタル家電の宿命とは云え、
「HD1」を発売後、すぐに購入された方にとっては
心穏やかではいられない価格設定かもしれません。(苦笑)

その「HD1」は、
「HD100」発売後も併売される予定です。
しかし、これだけ「HD100」との定価が僅差
となりますと、「HD1」のほうは「在庫一掃セール」
的な値引き販売にならざるを得ないでしょう。
果して、「HD100」発売後に「HD1」の売価が
どのくらいまで下がるのか、大いに注目です。
(定価が「オープン価格」になり、
 卸値が大幅に引き下げられることを期待しています)
[ 2007/09/27 09:28 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

プロジェクタ買い換えについての結論

「VW60」の発表以降、
もしフルHDモデルに買い換えるとしたら
この「VW60」があらゆる点で一番お買い得だろうと
注目して来ました。


一部、kakaku.comのクチコミにも書いたことですが、
僕の場合、スクリーンは70インチと小さいとは云え、
かなりの接近視聴なので、白バックの時などには
グリッド(画素の網目)が薄っすら見えたりします。
その点、「VW60」はかなりグリッドが細かいので
同じ70インチで比較すれば、当然、精細感は上です。
それに単版式のDLPと比較しますと
見た目の色数が多くなり、暗部や色の階調の再現性も
かなり良くなると思います。

DLPには色割れという大きな欠点がある一方で、
色ムラや色ズレが無いという大きな利点もありますが、
色ムラはともかく、VW60にはかなり精密なレジ調整機能
があるので、色ズレの心配はほとんどないようです。
DLPの色に慣れてしまったら、三板の色ムラ、色ズレに
かなり敏感になってしまいましたので(苦笑)、
この点も心強いです。


しかし、「HD1」の映像と比較してしまいますと
やはりどこかにヒッカカリを感じてしまい、
「安いから即決!」とまでは考えられませんでした。
[ 2007/09/20 11:16 ] ホームシアター | TB(0) | CM(5)

日本映画専門チャンネル

「e2 by スカパー!」の「日本映画専門チャンネル」が
今月からハイビジョン放送に切り換ったと
今月号の『HiVi』の記事で知りました。

日本映画専門チャンネル
e2 by スカパー!
ようこそ!ハイビジョンの世界へ|e2 by スカパー!


続々登場!ハイビジョンチャンネル e2 by スカパー!おまかせプラン

「日本映画専門チャンネル」は、フジテレビ、東宝、
角川(大映)などが出資しているCSチャンネルです。
松竹が出資しているCSチャンネル「衛星劇場」との
提携(共同企画等)も行っているとのことで、
日活作品を除く、ほとんどすべてのメジャースタジオ
作品を放送出来る体制になっているようです。
懐かしい「ATG(日本アート・シアター・ギルド)」など
独立系作品まで扱っているのも嬉しいところです。

「e2 by スカパー!」(旧「スカイパーフェクTV!110」)は
110度CSデジタル放送に対応したBSアンテナと
対応デジタルチューナーがあれば見ることが出来ます。
2002年以降に造られたデジタル放送関連機器であれば、
ほぼ100%対応しているはずです。
(別途、CSアンテナや専用チューナーの設置は
 必要ありません)


今まで、HV放送のスターチャンネルを含み、
110度CS放送にはまったく興味がありませんでした。
WOWOWに加入していれば、放送作品がカブりがちな
スターチャンネルまでは必要ないと思っていたからです。
それに、CSのHV放送は、ハイビジョンと云っても
解像度は、BSのBS-hiやWOWOWなどのフルHD放送
「1920×1080」ではなく、「1440×1080」しかありません。
(まあ、HDDレコーダーに録画することなどを考えますと
 CSのHV放送の方がより多くの番組が録画可能なので
 悪いことばかりでもありませんがw…)

しかし、記事を読んで、すっかり気が変わりました。

『HiVi』によると、HV放送開始を記念して、
今月中に『七人の侍』、『生きる』ほかの4作品を放送し、
今後も順次、黒澤監督作品がハイビジョン放送される予定
だと云うではないですか!

それも、DVD製作用だと思われるHDテレシネマスター
を基に、フィルム・キズの修正、色の調整(カラー作品)
などのデジタル・リマスタリング処理を加えた
マスターテープを新たに制作しての放送なのだとか。

これは黒澤ファンとしては見逃せません!

しかも「日本映画専門チャンネル」だけなら
月額視聴料はわずか525円(税込)です。(!)
こりゃ、加入するしかないでしょう!
(新規に加入する場合は、加入手数料に2,940円、
 それに毎月の基本料410円が別途必要です)

すぐに契約しても良かったのですが、
他のチャンネルをどうするかという問題もあったので
とりあえず、「16日間無料体験サービス」を頼んで
資料を送ってもらい、ゆっくり検討することにしました。
「16日間無料体験サービス」はTV、ネット、電話から
簡単に申し込めます。
認証までにまる一日程度必要ですが、とりあえず、
今日か明日中に申し込めば、10日以内に放送される4作品を
すべて録画可能です。僕もすでに予約しましたw。


東宝が次世代DVDを発売するのは、
まだかなり先の話でしょうし、発売するとしても
現在のDVDの価格設定から考えて、
かなりの高額ソフトになるのは目に見えています。
それが黒澤作品だったら、尚更、高額なソフトに
なるでしょう。

また、黒澤作品だけでなく、成瀬巳喜男に市川崑、
新藤兼人に三隅研次、森一生などの監督作品、
「クレイジーキャッツ」や駅前シリーズなどの
往年の東宝人気プログラムピクチャー群に、
フジテレビ製作の話題作などのHDバージョンが
月に1,000円足らずで視聴、録画し放題というのは
なんとも夢のようではないですか。

先日購入したキネマ旬報社のムック本、
「キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006」
での邦画部門の順位などを参考に、
これからバンバンHDD録画するつもりです。

キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006 (キネ旬ムック) キネマ旬報ベスト・テン80回全史―1924-2006 (キネ旬ムック)
(2007/07)
キネマ旬報 社
この商品の詳細を見る


まったくの蛇足ですが、
キネ旬と云えば「映画検定」ですw。
『映画検定』オフィシャルサイト
映画知識に自信のある方は、ネット上で受けられる
「模擬試験」に挑戦してみて下さい。
(因みに、2級模擬までは余裕の一発合格でした。
 そんな自慢タラタラで嫌なカンジwな僕も
 さすがに1級模擬の問題はかなり難しかったです)
[ 2007/09/20 08:49 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

「VPL-VW60」と「DLA-HD1」の比較デモ

休日だった12日の午後、都内のショップまで
「VPL-VW60」のデモ映像を観に行きました。
(店員さんによるオフレコ情報もあり、
 店名はあえて申しません)
蛇足ですが、山手線車内のディスプレイで
安部総理の辞任表明を知り、驚きました。


平日ということもあって店内は空いていました。
デモは、完全暗室で「VPL-VW60」と「DLA-HD1」を
同一ソース、同一接続、120インチで比較出来る形で
行われていました。
予想して来たとは云え、まさに理想的な展開ですw。

都内在住の友人と、
夕方から飲みに行く約束をしていたのですが、
待ち合わせまでの約2時間ほど、店員の方とほぼ一対一で
じっくり視聴させていただきました。
[ 2007/09/14 15:58 ] ホームシアター | TB(0) | CM(1)

Panasonic 「TH-AE2000」、「TH-AX200」

9月7日、松下電器産業株式会社は、
D7/C2Fineパネルを搭載したフルHD
液晶(3LDC)プロジェクタ「TH-AE2000」
を10月29日に発売すると発表しました。

TH-AE2000

●表示デバイス:0.74型(アスぺクト比:16:9)液晶パネル、D7 C2FINE
●解像度:1,920ドット×1,080ドット ●ランプ:165 W UHM
●光出力:1,500 lm(ダイナミックアイリスオン時)
●コントラスト比:16,000対1(ダイナミックアイリスオン時)
●投写レンズ 電動2倍光学ズームレンズ
 /フォーカスレンズ F=1.9~3.2、f=22.4 mm~44.8 mm
●レンズシフト機能:水平(最大±40%)/垂直(最大±100%)
●接続端子:HDMI端子3系統、D-Sub15ピン1系統、
 RCAコンポーネント2系統、Sビデオ1系統、ビデオ1系統、
 RS-232C端子1系統 ●消費電力:240W
●外形寸法:460W×130H×300Dmm ●質量:7.2kg
●発売日:2007年10月29日
●価格:¥OPEN(予想実売価格450,000円前後)

ニュースリリース
液晶プロジェクター (カジュアルシアター)| Panasonic TH-AE2000
AV Watch:松下、D7/C2Fine搭載
 フルHD液晶プロジェクタ「AE2000」

ITmedia +D LifeStyle:パナソニック、
 1万6000:1のフルHDプロジェクター「TH-AE2000」

Phileweb.com:松下電器、映像処理回路を刷新した
 フルHD液晶プロジェクター「TH-AE2000」を発売

HiVi Web:フルHD液晶プロジェクター第2幕。
 松下が、TH-AE2000&TH-AX200を発表

nikkeibp.jp:松下、フルHD対応モデルなど
 ホームシアター用液晶プロジェクター2機種を発表



ランプの出力光を最大限に引き出すという
新「高効率ランプ駆動技術」や、
可変幅と駆動精度を進化させた
「ダイナミックアイリス機構」などの組み合わせで、
コントラスト比16,000:1、輝度1,500ルーメンを実現。
バージョン1.3aのHDMI端子は3系統に増え、
x.v.Color、1080/24p入力もサポートする。
また、松下AEシリーズ独自の「スムーススクリーン」も
D7パネルに適した設計を行ない更に進化したという。

高画質化回路としては、映像の中の
低・中・高域成分の分布情報をシーンごとに分析し、
それぞれの部分に適したエンハンス処理を行う、
新開発の「ディテールクラリティプロセッサ」を搭載。
映像のデジタル信号処理は最大16ビットとなり、
最大14ビット処理だった前モデル「AE1000」の
4倍の階調表現を実現していると云う。
また、新開発の「3Dノイズリダクション回路」も搭載。

そのほか、AE1000で好評だった
黒レベルや白レベルを調整する「波形モニター」機能
がさらに進化し、DVDなどに収録されているテスト信号
を元に「自動調整」が可能になりました。
(従来通りの「手動調整」も行えます)


外観は現行モデルの「AE1000」にソックリですが、
予想実売価格も450,000円前後と、AE1000の発表時の
予想価格と同じ金額となっています。
しかし、人気の「VW60」の実売価格が35万前後
という事もあり、実際は、この予想価格より、
相当安くせざるを得ないのではないでしょうか。
まあ、この点は、この「AE2000」だけに限らず、
他のフルHD液晶モデルについても云える話ですが。(苦笑)



720pプロジェクタ「TH-AX200」

TH-AX200

ニュースリリース
液晶プロジェクター (カジュアルシアター)| Panasonic TH-AX200
AV Watch:松下、「明るい部屋でも鮮明」な720p液晶プロジェクタ
 「ライトハーモナイザII」搭載。映像処理は14bitに

ITmedia +D LifeStyle:明るい部屋でゲームもできる
 プロジェクター、パナソニック「TH-AX200」

Phileweb.com:松下電器、明るい環境での画質を高めた
 液晶プロジェクター「TH-AX200」を発売



ここまで、今秋に発売される
720pの透過型液晶(3LCD)モデルは、
エプソンの一体型モデル『EMP-TWD10』を除いて
ないかもしれないと思っていましたが、
松下だけは「AX100」の後継機を出して来ました。

世代交代されるかが注目だったパネルは、
D6、D7世代のC2Fineパネルではなく、
従来通りのD5パネルのままのようです。
(これについては特にアナウンスは無い)

ここからは単なる僕の想像ですが、
どうもエプソンは、720pのC2Fineパネルを
製造・供給することは考えていないのかも
しれませんねぇ。
エプソンが一体型モデルの『EMP-TWD10』に
5.5インチの新720pパネルを搭載して来たことから
想像するに、今後、液晶の720pモデルは、
スペックで勝負というより、「安さで勝負!」
ということになるのかもしれません。
[ 2007/09/14 09:17 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

『VPL-VW60』の評判と感想

松下から「TH-AE2000」の発表がありましたが、
それについては、休日の明日か明後日にでも
ゆっくり書こうと思っています。
店頭予想価格が「45万前後」という時点で
ほとんどの方が興味を失ったと思いますので…。(爆)

というワケで今回は、アクセス狙いでw、
大注目フルHDプロジェクタ SONY『VPL-VW60』
の具体的な評判や感想を集めてみました。

公式には今月20日が発売日ですが、
実際の出荷は6日前後から行われており、
既に手にされた羨ましい方もチラホラおられます。

SONY『VPL-VW60』アバック全店で展示開始!
SONY VPL-VW60 発表!(アバック横浜店非公式BLOG)
VPL-VW60 展示開始!! (アバック横浜店非公式BLOG)
VPL-VW60 vs DLA-HD1 比較イベント開催中! (アバック横浜店非公式BLOG)
価格.com - SONY VPL-VW60 クチコミ
なんというバーゲン価格(It's a ...)
SONY VPL-VW60はDLA-HD1似?(Phile-web コミュニティ yasutosi)
VPL-VW60キタ(めもり~り~く)

※オマケ※
VW50 VS. VW60(シネマラ映画館)

僕は、人柱覚悟でAV機器を発売前に予約する
なんてことは、まず致しません。
リリース直後は、値段も初期不良率も一番高いwはず
と思っているためです。(笑)
ですので、今回もまだまだ我慢で、様子見です。
しかし、評判や感想はすこぶる良いようですねぇ。
近いうちに、実機のデモ映像を見に行けたらと思っています。

今から貯金したら、年末か来年の春くらいには
買えるかな…。それともいっそ、ローンで…。

でも正直、70インチ・スクリーンで観ている現状では
手持ちのZ3000の720p映像に不満らしい不満はありませんし、
もし仮に「VW60」を導入するとなりますと、
設置方法からすっかり変更する必要に迫られますので
ちょっと悩んでしまうんですけどねぇ…。
[ 2007/09/10 16:17 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

Epson 「EMP-TW2000」、「EMP-TWD10」、「EMP-DM1」

9月4日、セイコーエプソン株式会社は、
ホームシアター向け透過型液晶(3LCD)
フルHDプロジェクタ『EMP-TW2000』と、
DVDプレイヤー&スピーカー一体型プロジェクタ
「EMP-TWD10」(720p)、「EMP-DM1」(480p)を
9月19日より発売すると発表しました。



●画素数:1920×1080 D7/C2Fineパネル×3
●レンズシフト幅:上下±96%、左右±47%
●投映レンズ:2.1倍手動ズーム(F2.0~3.17)
●光源:170W UHPランプ ●明るさ:1.600lm
●コントラスト比:50.000対1(オートアイリス)
●10bitカラープロセッシング(約10億7000万色)
●x.v. Colour入力、24/1080p再生に対応
●騒音レベル:約24dB(ランプ低輝度時)
●映像入力:HDMI(ver.1.3)×2、コンポーネント色差×1、
D映像×1、S映像×1、コンポジット×1、
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1、RS-232C×1、トリガー出力×1
●消費電力:245W/4W ●外形寸法:W406mm×D310mm×H124mm
●質量:5,6kg ●店頭予想価格:350,000円

ニュースリリース
AV Watch:エプソン、コントラスト5万:1のフルHD液晶プロジェクタ
 -DEEPBLACK技術で黒表現を向上。実売35万円

ITmedia +D LifeStyle:コントラスト比50000:1の
 フルHDプロジェクター、セイコーエプソン

Phile Web:エプソン、コントラスト比50,000対1の
 フルHD液プロ「EMP-TW2000」を発売

HiVi Web:【エプソン発表会リポート】フルHD液晶プロジェクター第2幕
 最新C2Fineパネルを実装。コントラスト比50,000対1を実現

nikkeibp.jp デジタルARENA AV:【長澤まさみさん登場】エプソン、
 フルハイビジョンなど家庭用液晶プロジェクター3モデル

楽天市場 「EMP-TW2000」検索結果


「IFA 2007」での最新プロジェクタ」で取り上げた
D7/C2Fineパネル搭載のフルHDモデル「EMP-TW2000」
の国内発表がいよいよ行われました。
注目は、独自開発の位相補償技術「DEEPBLACK」の搭載で
透過型液晶モデルでは前人未到の「50.000対1」という
高コントラスト比を実現したことでしょう。
(ダイナミックモードでオートアイリスON時)
他の3LCDフルHDモデルが「12,000対1」や「15,000対1」
ということから考えますと、見た目のコントラストと
黒の再現性には、かなりの改善が期待出来るのでは
ないでしょうか。

ただ、ちょっと残念なのは、D7/C2Fineパネル自体は
フル12bitでの処理が可能なのに対して、
内部での色処理を10bitに制限していることです。
ライバルのサンヨー「LP-Z2000」と比較しますと、
Z2000の方は14bitガンマ補正回路を搭載していますし、
レンズシフトの範囲もわずかに広く、
騒音レベルも約19dB(TW2000は24dB)と、
コントラスト比を除いたスペックでは「Z2000」が勝っています。
ただ、デザイン的には「TW2000」の方が良いでしょうかw。

尚、店頭予想価格は35万前後とのことで、
意外と下げてこなかった感じです。
ただし、現行のD6/フルHDパネル搭載の「EMP-TW1000」が、
価格を5万前後引き下げて併売されるとのことなので、
こちらは最安値で20万を切って来るでしょう。

それから、ドイツで発表された720pモデルの「EMP-TW680」は
どうやら国内では発売されないようですね。


「LP-Z2000」にしても「EMP-TW2000」にしても、
基本スペックで勝る「VPL-VW60」とほぼ同価格での勝負
ということになりそうです。
今秋のビクターは「DLA-HD1」の後継機(廉価版)を
発売しないようですし、まだ大御所松下の新モデルが
発表されていませんので、ハッキリとしたことは云えませんが、
どうもこのままでは、今秋の新フルHDモデルは
「VPL-VW60」の一人勝ち、となる様相が強まりましたねぇ…。


手軽な一体型「EMP-TWD10」、「EMP-DM1」

「EMP-TW2000」の何倍もエプソンが力を入れているのが
DVDプレイヤーとスピーカーが内蔵された、
配線要らずのお手軽一体型プロジェクター、
「EMP-TWD10」(720p)と「EMP-DM1」(480p)です。

「カラリオ」のCMでもお馴染みのエプソン娘(こ)、
長澤まさみちゃんがCMキャラクターに起用され、
特に低価格・最軽量の480pプロジェクタ「EMP-DM1」
を大プッシュしていくようです。


ニュースリリース
AV Watch:エプソン、DVD一体型プロジェクタ「dreamio」新モデル
 -「どこでもドーン!」。720pモデルは180度回転

ITmedia +D LifeStyle:セイコーエプソン、
 「なんでも、どこでもドーン」のDVD一体型プロジェクター

ITmedia +D LifeStyle:長澤まさみはプロジェクターで
 “なんでもドーン”

Phile Web:エプソン、DVD一体型プロジェクター2機種
 上位機は720pパネルで回転機構も装備

Phile Web:長澤まさみもお気に入り
 「新dreamioは値段もサイズも手ごろ」

Phile Web:「手軽に大画面」アピールし
 プロジェクターを日常使いの製品へ - エプソン発表会詳報

HiVi Web:エプソンdreamioの新キャラクターに、長澤まさみ登場!
楽天市場 「EMP-DM1」検索結果
楽天市場 「EMP-TWD10」検索結果


「EMP-TWD10」は、
一体型プロジェクタでは初の720pモデルです。
一体型には海外メーカーによるDLP方式モデルも
ありますが、ほとんど480pモデルばかりで
720pモデルはありませんでした。
ただ、搭載パネルが「5.5インチ」ということで
主流の7インチD5パネルとは違うシリーズのようです。
(現時点では詳細は分かりません)


もし僕が、TVのビデオ配線も出来ない妹夫婦に
「おすすめのプロジェクターはなに?」と聞かれたら
おそらく、手間要らずな「一体型」を勧めると思います。
機械オンチの方や、映画は好きだけど、
AV機器には興味がないという方たちにとっては、
プレイヤーやスピーカーを別途購入する必要も
各種コードの配線をする必要もないというのは、
とてつもない利点だと思いますので。

それに価格の安さも魅力でしょう。
「EMP-DM1」などは、発売からしばらくすれば
7、8万程度になるでしょうからねぇ。


どうせ一体型をお買いになるのでしたら、
スクリーンとのセットをお求めになられたほうが
お得だと思います。
(型番は「EMP-TWD10S」と「EMP-DM1S」。
 サイズは80型で、「EMP-TWD10S」は立ち上げ式、
「EMP-DM1S」にはスプリングローラー式のスクリーン
 が付属します)
楽天市場 「EMP-DM1S」検索結果
楽天市場 「EMP-TWD10S」検索結果

ただ、お使いになるお部屋が白壁の場合は、
スクリーンを使わず、直接、壁に映写することも
充分可能です。
[ 2007/09/06 03:56 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

黒澤明作品のDVDに<普及版>

森田芳光監督、織田裕二主演の
リメイク版『椿三十郎』の公開(12月)を記念して、
東宝から黒澤明監督作品の普及版DVDがリリースされます。

発売日は、「七人の侍(2枚組)」、「用心棒」、
「椿三十郎」などの第一弾が、11月9日、
「生きる」、「野良犬」などの第二弾が12月7日
となっております。

黒澤明監督作品 DVD普及版
映画「椿三十郎」(リメイク版)

今度発売される<普及版>は、
バカ高い「黒澤明 : THE MASTERWORKS」シリーズから
「創ると云う事は素晴らしい」などの主要な特典映像を
除いた仕様(特典は「予告編」程度)なのが特徴で、
<普及版>発売後も、クソ高い「THE MASTERWORKS」
シリーズはそのまま併売されるそうです。
同じ仕様ではないので、「廉価版」とは呼べず、
「普及版」となったのでしょう。
そもそも、一枚3,990円もするDVDを廉価版とは
とても呼べないと思いますが(苦笑)、ともかく、
黒澤作品が以前よりも安く買えることは歓迎したいと思います。
ただ、半世紀前の白黒映画のDVDに二種類の価格設定とは、
いかにもヤ●ズブッタ◎リの東宝らしいやり方です。(怒)


森田・織田版を予告編で観ましたが、各場面のアングルが
オリジナルとほとんど同じではないですか。(呆)
まあ、同じ脚本で撮っているのですから
仕方のない面、変えようがない面もあるでしょうが、
なんだかなぁ~…。

それよりなにより、
織田裕二が三十郎ってのは、
やはりどうにも耐え難く、違和感アリアリだぁ!
三船敏郎の三十郎のクセ(アゴをスリスリ)をパクッてはいるが
どう考えても若侍のひとりの方がお似合いだろう。
それに、三十朗が軽々しく、ニヤニヤするんじゃねぇ!
三十郎は、「鞘に納まっていない抜き身(の刀)みたい」に
ギラギラした殺気を放っている男のはずなのにぃ~!
あれじゃまるで、素浪人のコスプレをした青島俊作だぁ!


※追記※
興奮と憤りのあまり、言葉遣いが乱暴になりました。(汗)
ご気分を害したかたがいらっしゃいましたら、お詫び致します。

それから、織田裕二ファンの皆さん、
僕は別に織田さんが嫌いなわけではありません。
例のTVドラマシリーズにその映画版、それに
「ホワイト・アウト」他の主演作もちゃんと見たり
買ったりしています。(『T.R.Y.』は未見ですがw)
ただ、ひとりの俳優が演じられる役には限界があり、
向き不向きがあるということです。
三十郎役に織田裕二というのは、
邦画史上最大級のミスキャストだと確信しています。
たぶん僕は、30回以上は観ているオリジナルへの愛が
少し強すぎるのでしょうw。


※またまた追記※
コメントのりょうさん。
(僕の知ってる、あのりょうさんでしょうか?
 だとしたら、ご無沙汰しちゃってすみません。汗)

> いやいや。世界中がミスキャストだと言うでしょう。

そうですよねぇ。
「椿三十郎」(Sanjuro)は、海外の黒澤ファン、
映画好きにも非常に人気のある作品ですからねぇ…。
Yojimbo & Sanjuro - Two Films By Akira Kurosawa -
 Criterion Collection
(「用心棒」+「椿三十郎」の米国版DVD)

まだまだ語り足りません。もう少し追記させて下さいw。
[ 2007/09/03 11:15 ] DVD、BD、HD DVD | TB(1) | CM(2)

「IFA 2007」での最新プロジェクタ

ドイツで開催されている「IFA 2007
に出品されたエプソン、ビクターの最新プロジェクタ
について、いくつか情報が入って来ていますので
ご紹介しておきます。
どちらも日本での発表は行われておりませんので、
発売日や希望小売価格などは不明です。

AV Watch:IFA 2007【プロジェクタ編】
 ビクターがD-ILA新機種を披露


JVC DLA-HD100

Phile Web AV&ホームシアターNews:< IFA2007レポート:ビクター1>
 今年は30,000対1!ビクターHD1の上位機「DLA-HD100」が登場




Display device Full HD D-ILA device
Panel size 0.7 inch x 3 (16:9)
Resolution 1,920 x 1,080 pixels
Lens X2 motorised zoom/focus lens
f=21.3-42.6mm
F=3.2-4.3
Lens shift function ±80% vertical and ±34% horizontal
Light source lamp 200-watt ultra-high pressure mercury lamp (UHP)
Contrast ratio 30,000:1
Video input terminals HDMI x 2 (ver. 1.3)
Component x 1 (3 RCA) can also be used as a RGB terminal
S Video terminal (mini DIN 4-pin) x 1
Composite x 1 (1 RCA terminal)
Control terminals RS-232 (D-sub 9-pin)
Dimensions (W x H x D) 455 x 172.5 x 418.5mm (without extrusions)
[ 2007/09/03 08:45 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。