Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 08
HOME > アーカイブ - 2007年07月

画質劣悪 「どろろ」

仕事と、溜まっていたDVD、HVディスクの鑑賞で忙しく、
気が付けば、一週間以上、更新していませんでした。(汗)

その中で、発売日の13日(つまり昨日w)に到着した
「どろろ コレクターズ・エディション」も観たのですが、
作品の内容以前に本編の画質が酷く、
最後まで観ないうちに再生を止めてしまいました。
(SFXシーンのレベルが稚拙なのもその一因)

洋画に比べ、日本映画はもともと画質の良くないソフトが
多いですが、最新作ということを考えますと、
これはここ数年でも最低レベルのソフトです。
まず、黒ツブレが酷く、暗部の階調が無くなっていますし
それに伴い、色のヌケも悪く、全体にベタッとした色調に
なっています。
3LCD方式のように元から黒が浮きやすいプロジェクター
では、とても観ていられないのではないでしょうか。
まあ、ニュージーランドで撮影された場面など、
日中のシーンではソコソコ綺麗な時もあるのですが、
全編に渡り、解像度が低く、暗部を中心にノイズも目立ちます。
つまり、一言で云いますと、まるでVHSビデオ並の画質
なのです。(苦笑)
直前に到着したばかりの米国版HD DVDを
鑑賞していたせいもあるかもしれませんが、
初めて再生した時は、一瞬、PS3かプロジェクターが
壊れたんじゃないかと思いました。(苦笑)

どろろ(通常版) どろろ(通常版)
妻夫木聡 (2007/07/13)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る

どろろ コレクターズ・エディション どろろ コレクターズ・エディション
妻夫木聡 (2007/07/13)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る

※総製作費20億円、興行成績(日本)25億円。
 同キャスト・スタッフによる2作目、3作目の製作も決定。
 二本の続編は同時撮影で、製作費は計60億の予定とか※

この作品、TBSを中心にユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン、
電通ほかの共同製作で、配給は東宝、
ソフト発売はユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
が行っています。
価格設定は、いかにも東宝が絡んだ作品らしく、
(というか、単に、邦画だからかもしれませんが)
一枚組の通常版が3,990円(税込)、
特典ディスクが三枚付のコレクターズ・エディションは
4枚組で8,820円(税込)もします。
よくもあんな酷い画質のソフトをこんな価格で売れるものです。

東宝は、洋画配給会社を含めた日本の映画会社の中で
もう何年もダントツ一位の利益(興行収入・配給収入)
を上げている、儲かりまくっている会社です。
それでいながら、ファンに対する「利益還元」
というものをまったく考えてくれません。
こちらも映画好きですから、多少、高額であっても
中身が伴っていれば、納得もしましょう。
しかし、この作品に関しては余程のファンか
コレクターでもない限り、レンタルDVDで充分だと思います。
スポンサーサイト



[ 2007/07/14 07:08 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)