Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 031234567891011121314151617181920212223242526272829302007 05
HOME > アーカイブ - 2007年04月

東京は葛飾柴又です (そのニ)「帝釈天参道」

帝釈天参道

柴又駅から参道を通って、帝釈天へ向かいました。








こちらは信号を渡って、駅方向を振り返った風景です。


映画の中ののんびりとして
人影まばらな帝釈天参道とは違い、
実際の帝釈天参道は、平日だというのに
多くの観光客、参拝客で賑わっていました。
そのせいもあるのかもしれませんが、
映画で見るより、かなり道幅が狭く感じました。


スポンサーサイト



[ 2007/04/03 14:55 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その一)「京成電鉄 柴又駅」

3月28日の水曜日、
桜が綻び始めた葛飾柴又に行って参りました。
ここは「男はつらいよ」ファンにとっては
まさに聖地のような場所ですが、
新米ファンの僕が訪れるのは、今回がはじめてになります。

日暮里(JR)で京成線に乗り換え、
途中、京成高砂で金町行きに乗り換えると
次の駅が「柴又」です。
(京成上野からの直通電車もあります)
埼玉の自宅からは、普通列車で1時間45分程度
の距離になります。

京成電鉄
Mapion > 路線図検索 > 東京広域 > 東京詳細
乗換案内 時刻表 - goo 路線

京成電鉄 柴又駅




「男はつらいよ」シリーズ中、何度も登場した
柴又駅のプラットホームです。


柴又駅前広場には、柴又の商店街と
観光客などの募金で平成11年に作られた
「フーテンの寅像」が立っています。



1メートル80センチ(台座を含めると2メートル30センチ)
のこの像は、彫刻家、吉田穂積氏の手によるもので、
第40作「寅次郎サラダ記念日」のワンシーン、
旅に出る寅次郎が、声をかけた妹さくらの方を
振り返った瞬間をモチーフにしているのだそうです。

ところが、その定説を確かめるべく、
「寅次郎サラダ記念日」を観返してみましたら、
この作品にそんなシーンはワンカットもありませんでした。(苦笑)
そもそもさくらが傷心のうちに旅立つ寅さんを
柴又駅まで送って行くシーンがあるのは中期の作品までで
後期の作品では満男がその役目を果すことが多くなります。

ただ、身体は駅に向いていながら、
顔はとらや(くるまや)の方を向いているというこの姿は、
寅さんの心情がよく伝わって来て、良いポーズだと思います。
[ 2007/04/03 11:44 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)