Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 031234567891011121314151617181920212223242526272829302007 05
HOME > アーカイブ - 2007年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

4月に購入したDVD(+BD+HD DVD)

4月に購入したソフトを記録しておきます。

次世代ディスクを購入するようになったのと
寅さん映画にハマったせいで、
今年に入ってからのカード請求額は
例年のひと月の平均をかなり上回っております。
そろそろセーブしないとヤバイ感じです…。


国内盤

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
時をかける少女 通常版
太陽
レディ・イン・ザ・ウォーター(Blu-ray Disc)
クレージーキャッツ日本一ボックス
 『日本一の色男』『日本一のホラ吹き男』
 『日本一のゴマすり男』『日本一のゴリガン男』



米国盤

Ultraman: Series One, Vol. 1
 「ウルトラマン 第1話~第20話」(3枚組)

Ultraman - Series One, Vol. 2
 「ウルトラマン 第21話~第39話(最終回)」(3枚組)

Godzilla Raids Again
 「ゴジラの逆襲」(オリジナル+USヴァージョン)

Mothra vs. Godzilla
 「モスラ対ゴジラ」(オリジナル+USヴァージョン)

Yojimbo & Sanjuro - Two Films By Akira Kurosawa - Criterion Collection
 「用心棒」+「椿三十郎」(黒澤明監督作品)

Fires on the Plain - Criterion Collection
 「野火」(市川崑監督作品)

Children of Men (Combo HD DVD and Standard DVD)
 「トゥモロー・ワールド」(HD DVD)

Happy Feet [Blu-ray]
 「ハッピー・フィート」(Blu-ray)

The Pursuit of Happyness [Blu-ray]
 「幸せのちから」(Blu-ray)

Night at the Museum [Blu-Ray]
 「ナイト・ミュージアム」(Blu-ray)

Deja Vu [Blu-ray]
 「デジャヴ」(Blu-ray)

Planet Earth - The Complete BBC Series [Blu-ray]
 「プラネットアース」(全話収録・550分・4枚組)(Blu-ray)
スポンサーサイト
[ 2007/04/30 10:21 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(5)

「男はつらいよ」作品ベスト・テン

またまた「男はつらいよ」の話題で恐縮ですがw、
「キネマ旬報」の2006年1月上旬新春号(No.1446)に
掲載された、評論家、文化人が選んだ「男はつらいよ」の
作品ベスト・テンをご紹介したいと思います。
このキネ旬は、小諸の「渥美清 こもろ寅さん会館」で
買い求めたものですw。

キネマ旬報「男はつらいよ」作品ベスト・テン

第一位男はつらいよ
シリーズ第1作。中学の時に家を飛び出した寅次郎は、全国を渡り歩く香具師になった。歳を重ねるごとに募る望郷の念、断ち難く、ついに20年ぶりに故郷・柴又への帰郷を果たす寅次郎であったが…。
出演:光本幸子 ロケ地:京都府、奈良県
第二位寅次郎相合い傘
シリーズ第15作。家出をした初老のサラリーマンと一緒に旅をする寅次郎は、函館でリリーと偶然再会する。離婚した彼女は、再びドサ回りの生活をしていた。その後、三人は一緒に札幌、小樽と、楽しい旅を続けたのだが…。
出演:浅丘ルリ子、船越英二 ロケ地:青森市、函館市、長万部町、札幌市、小樽市
第三位寅次郎夕焼け小焼け
シリーズ第17作。寅次郎は、飲み屋で見掛けた一文無しで粗末な身なりの老人を気の毒がり、とらやに連れて帰る。図々しい老人の態度に腹を立てるとらや一家だったが、実はその老人は日本画の大家だった。
出演:太地喜和子、宇野重吉 ロケ地:兵庫県(龍野市)
第四位寅次郎忘れな草
シリーズ第11作。父親の27回忌に偶然帰宅した寅次郎は、皆を笑わせて法事をめちゃくちゃにしてしまう。北海道を舞台に、浅丘ルリ子扮する売れない歌手リリーが初めて登場した記念すべき一編。
出演:浅丘ルリ子 ロケ地:北海道(網走、釧路湿原)
第五位続・男はつらいよ
シリーズ第2作。旅先で優しい母親の夢を見た寅次郎は、京都で再会した恩師・坪内先生の勧めもあって母親探しをすることに。しかし、やっと会えた生みの親は、連れ込み宿を経営する嫌味な女将だった。
出演:佐藤オリエ、東野英治郎、ミヤコ蝶々 ロケ地:京都府、三重県(拓植)
第六位望郷篇
シリーズ第5作。若い頃に世話になったテキヤの親分が余命幾ばくもないと聞いた寅次郎は、舎弟・登と共に札幌の病院を訪れる。そこでヤクザ者の哀れな末路を目の当たりにした寅次郎は、柴又に戻り「地道な暮らし」をしようと決心するのだった。
出演:長山藍子、松山省二 ロケ地:千葉県(浦安市)、北海道(札幌市、小樽市)
第七位知床慕情
シリーズ第38作。北海道・知床で知り合った獣医の家に招かれた寅次郎は、東京での結婚に破れ帰郷した獣医の娘に出会い、例によって一目惚れしてしまう。
出演:竹下景子、三船敏郎、淡路恵子 ロケ地:北海道(知床・斜里町)
第八位寅次郎ハイビスカスの花
シリーズ第25作。リリーから「病気で死ぬ前に、ひと目、寅さんに会いたい」との便りが届き、寅次郎は慌ててリリーが入院する沖縄の病院へと向う。看病の甲斐もあり、リリーはすっかり元気になるが…。
出演:浅丘ルリ子 ロケ地:沖縄県、長野県(軽井沢)
第九位柴又慕情
吉永小百合をマドンナに迎えたシリーズ第9作。北陸で出会った3人娘のひとり・歌子に想いを寄せる寅次郎だが、彼女は小説家の父親と恋人の狭間で悩んでいた。
出演:吉永小百合、宮口精二 ロケ地:金沢市、福井県(東尋坊)
第十位口笛を吹く寅次郎
シリーズ第32作。さくらの夫・博の亡父の三回忌に備中を訪れた寅次郎。寺の住職の娘が出戻りと聞き、またまた一目惚れ。そこで寅次郎は、余生を仏に仕えて生きる決心をするのだが…。(同率十位)
出演:竹下景子、中井貴一 ロケ地:岡山県(備中高梁)、広島県(因島)
第十位寅次郎紅の花
シリーズ最終作となる第48作。泉の結婚式をぶち壊してしまった満男。傷心のまま奄美大島に辿り着いた満男は、そこで親しくなったある女性の家で、偶然寅次郎と再会する。(同率十位)
出演:浅丘ルリ子、後藤久美子 ロケ地:鹿児島県(奄美大島)、岡山県(滝尾・津山)、神戸市

全部で48作(「寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」
を入れると49作)もありますと、どれから観たらいいのか
途方に暮れる寅さん初心者もいらっしゃると思います。
上の寅さん映画ベスト・テンが、そんな方々のDVD購入ガイドに
なればと思っております。

(※初投稿時は旧盤のDVDへリンクしておりましたが
  廃盤で入手困難になっているため、すべて新盤の
  「HDリマスター版」にリンクし直しました※)

[ 2007/04/25 18:45 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その五)

懐古園の桜

「寅さん会館」を後にして、桜を見に「懐古園」に。
小諸城址 懐古園オフィシャルサイト

先ほど写真を撮った「三ノ門」ではなく、
「寅さん会館」近くの「酔月料金所」から入ると
すぐに桜の名所である「馬場」に出ました。

懐古園の桜

[ 2007/04/24 21:06 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その四)

渥美清 こもろ寅さん会館 2

入館料を払って会館内に足を踏み入れると
「撮影禁止」の札が目に留まりました。
「葛飾柴又 寅さん記念館」の館内は撮影自由でしたが
残念ながらこちらでは写真が撮れないようです。

そこで、仕方なく、
館内の様子は、入館の際にいただいたパンフを
スキャンして、ご紹介したいと思います。

入館チケット

[ 2007/04/23 18:07 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その三)

渥美清 こもろ寅さん会館

さて、いよいよ目的地の「渥美清 こもろ寅さん会館
に到着です。





この会館は、寅さんファン、渥美清さん、松竹、山田組、
小諸市の協力のもとに建設され、渥美さんがまだ存命中の
1995年(平成7年)6月にオープンしました。
東京にある「葛飾柴又 寅さん記念館」の開館は、
渥美さんが亡くなって約一年後の平成9年(1997)年11月
ですから、こちらのほうが寅さん資料館としては「元祖」
ということになります。


●『渥美清 こもろ寅さん会館』
◆開館時間 9時~17時 (4月~11月)
      10時~16時 (12月~3月)
◆休館日 無休 (12月~3月 水曜日)
◆入場料 窓口大人(高校生以上) 500円
     窓口子供(小・中学生)  300円
     団体大人(高校生/15名以上)   400円
     団体子供(小・中学生/15名以上) 250円
◆場所 小諸市古城1-4-26 (小諸城址懐古園)
◆電話 0267-24-0881
[ 2007/04/23 17:25 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その二)

小諸病院

「渥美清 こもろ寅さん会館」のある長野県小諸市は
第40作「寅次郎サラダ記念日」(マドンナ:三田佳子)
のロケ地であります。

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

この作品は昭和63年(1988)の晩秋に撮影され、
その年末にお正月映画として封切られました。
そんな訳で、ファンには上映中に平成元年になった作品
として記憶されています。



作品の中で、小諸でのバイを終えた寅さんは
駅前のバス停で一人暮らしのお婆さん(鈴木光枝)
と知り合い、彼女の家に一晩、泊めてもらいます。
駅前ターミナルの様子はすこし変わっていましたが、
駅舎の造りはほとんど当時のままです。


「寅さん会館」のある「懐古園」方向に向かう前に
マドンナの女医、原田真知子(三田佳子)が務める病院
という設定でロケが行われた、小諸市役所の隣にある
「小諸病院」まで町をブラブラしました。





小諸はひなびた城下町で、
町内には古い家屋が多く残されています。
また、島崎藤村が住んでいた町としても知られ、
映画の中にも明治38年に発行された藤村の詩集
「落梅集」の『小諸なる古城のほとり』の一節
(小諸なる古城のほとり 雲白く遊子(ゆうし)悲しむ)
が出て来て、「遊子」を「勇士」とかけた
ギャグのネタになっていました。
[ 2007/04/22 16:38 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

「渥美清 こもろ寅さん会館」へ (その一)

信州小諸へ

3月28日に「葛飾柴又 寅さん記念館」に出掛けましたが
桜の開花を待って、今度は信州の小諸まで行って来ました。
「男はつらいよ」ゆかりのもうひとつの資料館
渥美清こもろ寅さん会館」を訪問する為です。


僕がまだ高校生だった頃、
はじめて友人と泊まりがけの旅をしたのが信州でした。
その時は、小諸、上田、別所温泉、松本、安曇野、
木曽福島と三泊四日で周ったのですが、
八ヶ岳高原を走る小海線の拠点となる小諸には
清里・野辺山への旅などの際に、その後も何度か
寄っております。
ただ、20代になり、鉄道より車が旅の手段となるにつれ、
松本方面から上田経由で軽井沢方面に抜ける際などに、
通り過ぎることはあっても
小諸の町自体を目的地にして出掛けたのは
高校生の時にはじめて訪れた旅以来かもしれません。

僕が若い頃の小諸駅は、信越本線の駅で、
埼玉から急行列車や特急列車に乗れば、
横川、碓氷峠、軽井沢を通って、乗り換え無しで行けました。
しかし、1997年10月の長野新幹線(北陸新幹線)開業に伴い、
現在は、第三セクター「しなの鉄道」の駅となっております。
[ 2007/04/22 13:39 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

瑞巌寺の岩つつじ

去る14日の土曜日、天気が良かったので
秩父盆地は皆野町の「美の山公園」まで
桜を観に行くことにしました。

「美の山公園」は県内屈指のお花見スポットで
「関東の吉野山」を目指し、小高い山全体で
ソメイヨシノ、ヤマザクラなどの桜が、約1万本
植えられており、隣の長瀞(こちらは平地)の桜が散って、
一週間から10日程経った頃からが見頃となります。

数だけで「桜が約1万本」というと凄い感じですが、
同じ一本の桜の木でも幹の太さや枝ぶりの大きさ
(要するに樹齢)で印象は大きく変わるワケでして、
正直、まだまだ、本物の吉野山とは比較になりません。(苦笑)

※因みに、僕が奈良の吉野山に行った時の模様は、
 以下のページでお読みいただけます。
桜に染まる吉野山/2004年4月、関西オフ会レポート


「美の山」に向かう前に、
長瀞から山を挟んだ、埼玉県と群馬県の県境、
群馬県藤岡市の鬼石にある「桜山公園」に
寄り道しました。
こちらも小高い山の頂上付近に冬桜が七千本、
ソメイヨシノなどの春の桜が三千本植えられており、
4月中旬には計一万本の桜が楽しめます。
[ 2007/04/18 12:44 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

「LVP-HC1100」か?「LVP-HC3100」か?

同じ三菱のDLP 720pモデルである「LVP-HC1100」と
「LVP-HC3100」のどちらを買おうか、迷っている方も
いらっしゃるのではないかと思います。
(両モデルの価格差は、現在で約6万円ほどあります)
そんな方のために、両モデルの違いをまとめておきます。


まず、「LVP-HC1100」はカラーホイールが4倍速で、
DMDは、シャープのZ3000や三菱の前モデルのHC3000
に搭載されていた、DarkChip2ベースの「.65WXGA」の
廉価版に当たる「0.62型WXGA」(同じくDarkChip2)を搭載し、
アイリス(絞り)は付いておりません。

対する「LVP-HC3100」は、4倍速と5倍速が切り替えられ、
DarkChip2より高性能な「.65 WXGA DarkChip3」を
搭載しており、アイリスも装備されております。
丁寧に調整した後の画質は実に見事な完成度で、
前モデルのHC3000で感じた不満は払拭されていますし、
Z3000と比較しても癖が無い色調や、見た目のSN比の良さ
などの点で、一歩リードしていると思います。
(Z3000には赤や紅が膨張して見えるクセがあります。
 「カラーマネージメント機能」で調整は可能ですが
 満足のゆく調整をするのはなかなか大変です)

映像処理IC自体は、HC1100、HC3100、シャープZ3000、
HC3000のどれもが同じ、フル10bit処理のIP変換回路と
スケーラーと、12bitデジタルガンマ補正機能に加えて、
色再現性向上技術「BrilliantColor」を搭載した
TI製のDLPチップセット「DDP3020」を搭載しており、
基本的な性能は一緒です。
(ただし、それぞれ微妙な味付けの違いはあります)

動作音は、HC3100とHC1100共に、ランプ低モード時で26dBです。
因みに、Z3000は30dB(エコモード)/33dB(標準モード)と、
三菱モデルと比較すると、ちょっとうるさいです。

DMD自体の性能は、DarkChip3ベースの「LVP-HC3100」
が一番高性能です。
具体的には、よりグリッド(網目)が細くなって、
コントラストが高くなっています。
(デバイスコントラスト比で0.65型/DarkChip2(.65WXGA)の
2,000:1から、2,400:1以上に向上)
ただ、正直、ひと目で分かるほどの違いではありません。
また、アイリスを経た仕様上のコントラスト比は、
HC1100が「3000:1」、HC3100が「4500:1」で、
Z3000が「6500:1」になっております。

カラーホイールの倍速は、主に色割れ(カラー・ブレイキング)
の見え方や、色や明暗の階調に影響を与えます。
階調を重視すれば4倍速の方が有利ですが、
色割れが少ないのは、5倍速駆動となります。
色割れの見え方には大きな個人差があります。
僕の場合は、4倍速モデルでは虹が見えまくりますwが、
5倍速モデルですと、ほとんど気になりません。

アイリスの有無は、コントラスト感や黒の沈み具合、
映像全体の輝度に大きな影響を与えます。
同じ調整値であっても、アイリスを切り替えるだけで
映像の印象は大きく変わります。
つまり、アイリスがある方が、
調整後に得られる映像の幅は広いと云えます。
また、アイリスのない「LVP-HC1100」は
全暗の部屋で映画を観るには明るすぎる印象がありますので
もし導入するのであれば、ND2かND4のNDフィルター(減光フィルター)も
一緒に購入しておくとよろしいと思います。

設置性はどちらも同じように悪いです。(苦笑)
液晶モデルのように便利で手軽なレンズシフト機能や
倍率の高いズームレンズなどはありません。
打ち込み角は急ですし、レンズも長焦点タイプですから
狭い部屋で100インチ以上を望むのは無理かもしれません。
ですから、まず、部屋に設置出来るかどうか、
設置出来るとして、欲しいスクリーンサイズに
なるかどうか、などを購入前に
充分、検証・検討しておくことが必要です。
(シャープのZ3000は、他の720p DLPモデルと比較すると
 短焦点で、打ち込み角も液晶モデル並なので、
 狭い部屋での設置性は三菱よりも良好です)
僕の場合は短焦点でないと設置が厳しかったこともあり
DLPでは事実上、Z3000しか選択肢がありませんでした。


コスト・パフォーマンスで云えば、1100の圧勝です。
シアター用のDLP 720pモデルが11万前後で買えるなんて事は
1100の登場までは、とても考えられないことでした。

ただ、個人的には「LVP-HC3100」のほうに惹かれます。
DarkChip3のDMDを使用していることもそうですが、
カラーホイールが5倍速であることが一番の理由です。
もしデモ映像を観れない状況でどちらが良いか迷っている
というのであれば、色割れが見える心配が少ない
「LVP-HC3100」(またはシャープのZ3000)にしておいたほうが
絶対に無難でしょう。


どちらにせよ、HC1100より高額な分、HC3100のほうが
総合的に高品位であることは間違いありません。
HC1100はあくまでもHC3000の廉価版で、
HC3100のほうはHC3000の改良版です。
ただ、その違いがプラス6万の出費に見合うほどの差かどうかは、
人によって意見の分かれるところだと思います。
6万円と云えば、(安いものを選ぶという前提ですが)
スクリーンに、HDMI端子付DVDプレイヤー、
5.1Chのシアターセットまで、すべて揃ってしまう金額
ですからねぇ…。
[ 2007/04/10 09:02 ] ホームシアター | TB(0) | CM(6)

DVDプレイヤー 「YAMAHA DVD-S1700」到着

YAMAHAのDVDプレイヤー「DVD-S1700」注文

注文していた「DVD-S1700」が三日前に到着しました。



DVD-S1700 | ホームシアター・AV関連 | YAMAHA
YAMAHA ニュースリリース
DVD-S1700 【価格.com】
価格.com クチコミ掲示板 サマルカンドさんのレポート
楽天市場 「DVD-S1700」検索結果


早速、「DVD-V880」を退かして設置です。
「DVD-S1700」の電源インレットは「DVD-V880」と同じく
「メガネインレットタイプ」ですので、
使用していた「根岸通信」さんの電源ケーブル
「ZAC2」(規格品)をそのまま流用しました。

接続はHDMI端子と光デジタル端子だけですので
至って簡単です。
(HDMIケーブルは「BelkinのPureAVケーブル」)

考えてみますと、プロジェクタ用のDVDプレイヤーは
映像も音声もデジタル接続だけになりますので、
「DVD-S1700」に搭載されている映像DACや音声DACの評価
(アナログ接続の性能評価)は割愛させていただきます。




まずは、とりあえずリージョンフリーにするべく、
コマンド入力をしてみました。

※「YAMAHA DVD-S1700」リージョンフリー手順
1.本体の電源ボタンで電源を入れる
2.本体のトレイ・ボタンでトレイを開ける
3.リモコンで「Clear」、「2、5、8、0」、「Subtitle」
  と順に押す
4.トレイを閉じる
5.本体の電源ボタンで電源を切る

リモコンのボタンを押すタイミングが重要なようで
始めは認識しませんでしたが、何度か繰り返すうちに
無事、リーフリ化に成功しました。
これで数百枚ある北米盤、香港盤、韓国盤も
問題なく観れるようになりました。
[ 2007/04/07 17:54 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

故郷のさくら咲く

今朝早く、ひさびさに朝から天気が良いので
近所の桜を観に行って参りました。







数日前の雷雨でかなり散っているかと思いましたが
今がちょうど満開といったところで、
あまり影響はなかったようです。

桜祭りでテキヤの屋台が軒を連ねておりました。
今夜辺りは夜桜見物でさぞ混みあうでしょう。
僕も気が向いたらブラッとして来ますか…。
[ 2007/04/07 14:45 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その四十八w)「柴又 江戸川の堤防」

柴又 江戸川の堤防

「柴又公園」は、江戸川の堤防の上に作られた公園で、
「寅さん記念館」のエレベーターを出て少し歩くだけで、
映画で御馴染みの江戸川の風景を目にすることが
出来るようになっています。







はじめて江戸川の堤防を眺めて驚いたのは、
河川側の土手の高さです。
僕の町にも一級河川が流れていて、堤防がありますが、
その1.5倍から2倍の高さがあるように感じました。
このあたりは、「さすがに海抜ゼロメートル地帯だなぁ」
という感じです。

江戸川の河川敷にある野球場

矢切の渡し

矢切の渡し

「矢切の渡し」があるこの辺りから
JR金町駅までは、2キロ弱とのことです。
寅さんが金町駅から堤防沿いに、ブラブラ歩いて来るには
ちょうど良い距離なのかもしれません。
途中で、河川敷にいる人々にちょっかいを出しながら
歩いて来れば、退屈もしないでしょうしね。(笑)
[ 2007/04/05 09:50 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その七)「寅さん記念館 資料展示コーナー」

寅さん記念館 資料展示コーナー

くるまやの勝手口を抜けると、裏庭と
タコ社長が経営する「朝日印刷」……ではなくてw、
くるまやのミニチュア模型が展示されていました。
昔は、二階の座敷に柴又芸者も呼べたという
江戸時代に開業の老舗のだんご屋さんだけのことはあって、
こうしてみると、意外と大きな屋敷だということが分かります。



このミニチュアは非常に精巧な作りで、
屋敷のなかには、二階の自室で横になる寅さん、
茶の間でタコ社長と話すおいちゃん、
台所でそれを聞いているおばちゃん、
裏庭で洗濯物を干すさくら、
それを朝日印刷の二階から眺める博の姿まであります。
(タコ社長の工場は第一作目のみ「共栄印刷」)






[ 2007/04/05 07:16 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その六)「くるま菓子舗(くるまや)住居部」

くるま菓子舗(くるまや)住居部






[ 2007/04/05 04:28 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その五)「くるま菓子舗(くるまや)」

くるま菓子舗(くるまや)






[ 2007/04/05 03:46 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その四)「葛飾柴又 寅さん記念館」

葛飾柴又寅さん記念館

帝釈天から徒歩で数分の江戸川の堤防沿いに
「葛飾柴又寅さん記念館」はあります。



こちらには松竹大船撮影所から
実際に撮影で使われた「くるまや」の店舗セットが
移設されております。
その他にも小道具、衣装、脚本などの実物資料、
撮影現場のメイキングなどの映像資料、模型などで、
「男はつらいよ」と寅さんの世界が満喫できる、
ファンにはたまらない場所になっております。

開館したのは平成9年(1997)年11月16日で
昨年の平成18年11月に、開館以来3度目となる
展示リニューアルを行なったそうです。
運営するのは葛飾区で、
こちらは葛飾区観光文化センターのいち施設
ということになります。
[ 2007/04/05 03:00 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その三)「柴又帝釈天」

柴又帝釈天

さて、いよいよ帝釈天に到着です。

楼門「二天門」

帝釈様の正式な山号寺号は、
「経栄山題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)」。
日蓮宗のお寺です。
第1作目の「男はつらいよ」の冒頭でも
20年ぶりに故郷に戻った寅さんが、
見事に纏(まとい)を振りながら、
「ここは柴又、題経寺とくらぁ!」と叫んでいました。

柴又帝釈天公式ホームページ





今にも自転車に乗ったさくらや、
竹ぼうきを持った源公が現れそうです。
[ 2007/04/04 15:04 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (そのニ)「帝釈天参道」

帝釈天参道

柴又駅から参道を通って、帝釈天へ向かいました。








こちらは信号を渡って、駅方向を振り返った風景です。


映画の中ののんびりとして
人影まばらな帝釈天参道とは違い、
実際の帝釈天参道は、平日だというのに
多くの観光客、参拝客で賑わっていました。
そのせいもあるのかもしれませんが、
映画で見るより、かなり道幅が狭く感じました。


[ 2007/04/03 14:55 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

東京は葛飾柴又です (その一)「京成電鉄 柴又駅」

3月28日の水曜日、
桜が綻び始めた葛飾柴又に行って参りました。
ここは「男はつらいよ」ファンにとっては
まさに聖地のような場所ですが、
新米ファンの僕が訪れるのは、今回がはじめてになります。

日暮里(JR)で京成線に乗り換え、
途中、京成高砂で金町行きに乗り換えると
次の駅が「柴又」です。
(京成上野からの直通電車もあります)
埼玉の自宅からは、普通列車で1時間45分程度
の距離になります。

京成電鉄
Mapion > 路線図検索 > 東京広域 > 東京詳細
乗換案内 時刻表 - goo 路線

京成電鉄 柴又駅




「男はつらいよ」シリーズ中、何度も登場した
柴又駅のプラットホームです。


柴又駅前広場には、柴又の商店街と
観光客などの募金で平成11年に作られた
「フーテンの寅像」が立っています。



1メートル80センチ(台座を含めると2メートル30センチ)
のこの像は、彫刻家、吉田穂積氏の手によるもので、
第40作「寅次郎サラダ記念日」のワンシーン、
旅に出る寅次郎が、声をかけた妹さくらの方を
振り返った瞬間をモチーフにしているのだそうです。

ところが、その定説を確かめるべく、
「寅次郎サラダ記念日」を観返してみましたら、
この作品にそんなシーンはワンカットもありませんでした。(苦笑)
そもそもさくらが傷心のうちに旅立つ寅さんを
柴又駅まで送って行くシーンがあるのは中期の作品までで
後期の作品では満男がその役目を果すことが多くなります。

ただ、身体は駅に向いていながら、
顔はとらや(くるまや)の方を向いているというこの姿は、
寅さんの心情がよく伝わって来て、良いポーズだと思います。
[ 2007/04/03 11:44 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

YAMAHAのDVDプレイヤー「DVD-S1700」注文

昨日、YAMAHAのDVDプレイヤー「DVD-S1700」を注文しました。
購入したショップに在庫が無かったので、
到着までにはしばらく(4日から10日)かかるようです。



DVD-S1700 | ホームシアター・AV関連 | YAMAHA
YAMAHA ニュースリリース
DVD-S1700 【価格.com】
楽天市場 「DVD-S1700」検索結果

しばらく前から、売価が5万~10万程度で、
コマンド入力でリージョンフリーになるDVDプレイヤーを
探していました。

実は、一週間前までは、
「DENON DVD-2930」を買おうと、ほぼ決めていました。
同じ「Reon-VX」を搭載しているHD DVDプレイヤーの
東芝「HD-XA2」でも良かったのですが、
こちらはリーフリ化が可能か、現時点では不明なので、
「HD-XA2」より安くて、リーフリ化が検証済の
「DVD-2930」にしようと思っていたのです。
(DENON DVD-2930、3930のリーフリ化情報はこちらへ

しかし、某ショップの店員から
「2930と3930ではかなりの差があります。
 ウチでは3930が一番出てますよ」と言われ
一気に醒めて、止めました。(苦笑)

その店員さんは「どうせなら3930にすれば?」
という意味で言ったのでしょうが、
PS3で観るBD映像や、Xbox 360 HD DVDプレーヤーで観る
HD DVD映像のクオリティを知っている身としては、
今更、DVDプレイヤーに15万はとても出せません。(苦笑)

「3930ほどではありませんが、
 2930の映像もCPが高くて、良いプレイヤーだと思いますよ」
とでも言って薦めてくれれば、
また違った展開になったと思うのに、
なんとも接客スキルのない店員さんですw。
なんせ、価格にして2倍の差があるんですから
3930と同等の性能なんて、ハナから期待しちゃいませんから。
(特にコストのかかる音質面は)

僕は、2930と同価格かそれ以下の「DCDi」搭載プレイヤーと比較して
2930の「Reon-VX」がいかに優れているか、どんな点でCPが高いか、
それを知りたかったのです。
[ 2007/04/02 08:50 ] ホームシアター | TB(0) | CM(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。