Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2007 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 04
HOME > アーカイブ - 2007年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3月に購入したDVD(+BD+HD DVD)

いつものように3月中に購入したソフトを
記録しておきたいと思います。


国内盤

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
フラガール メモリアルBOX
雲のむこう、約束の場所
雪に願うこと プレミアム・エディション
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
Dear フランキー
男はつらいよ 純情篇
男はつらいよ 寅次郎子守唄
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
男はつらいよ 噂の寅次郎
男はつらいよ 寅次郎紙風船


米国盤

The Phantom of the Opera (Special Edition) [HD DVD]
 「オペラ座の怪人」(HD DVD)

Hollywoodland (Combo HD DVD and Standard DVD)
 「ハリウッドランド」(HD DVD)

Silent Hill [Blu-ray]
 「サイレント・ヒル」(Blu-ray)

Stranger Than Fiction [Blu-ray]
 「主人公は僕だった」(Blu-ray)

Casino Royale [Blu-ray]
 「007/カジノ・ロワイヤル」(Blu-ray)

The Holiday (2006) [Blu-ray]
 「ホリデイ」(Blu-ray)

Rocky Balboa [Blu-ray]
 「ロッキー・ザ・ファイナル」(Blu-ray)

Eragon [Blu-ray]
 「エラゴン 遺志を継ぐ者」(Blu-ray)

Flushed Away (Widescreen Edition)
 「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」

Borat - Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan (Widescreen Edition)
 「ボーラット 偉大なる国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(原題)」

Tideland: Jeremy Thomas Presents A Film By Terry Gilliam (2007)
 「ローズ・イン・タイドランド」

Blood Diamond (Two-Disc Special Edition)
 「ブラッド・ダイヤモンド」

The Sister Street Fighter Collection
 「女必殺拳シリーズBOX」(女必殺拳 / 女必殺拳 危機一発 / 帰ってきた女必殺拳 / 女必殺五段拳)



疲れているので、続きはまた明日にでも書きます。
スポンサーサイト
[ 2007/03/31 13:16 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(3)

プロジェクター、買いなのはフルHD画質かHD画質か?

先日、都内に出掛けた際に
最新プロジェクターのデモ映像を見て来ました。
あまり時間がなかったので、ザッと観ただけですが、
簡単な感想を書きます。


まず、デモルームに入ると
反射式液晶デバイスを搭載した高級機「DLA-HD1」と
「VPL-VW50」の映像が流れていました。
ソースは、DVD/HDDレコーダーに録画された、
BSデジタル放送のハイビジョン・1080i映像の中から
デモ向けの高画質映像を選んで再編集したものでした。
具体的にはSWエピ3の冒頭シーンなどです。
店員も他の客も居なかったので、しばらく一人で見比べました。
個性の違いはありますが、どちらも完成度の高い、
素晴らしい映像を映し出していました。


噂のHD1は、
少しカリカリし過ぎかなとも思えるシャープな映像と
高い透明度(SNの良さ)とコントラスト感が圧巻でした。
グリッドはほとんど分からず、奥行感や立体感の表現も
ちょっと次元が違う印象で、さすがという感じでした。

ただ、ソースが映画中心であれば、
VW50のフィルムライクな映像もたいへん魅力的だと思いました。
これは個体差もあるのかもしれませんが、VW50の方が
色あいにクセが無く、ニュートラル且つモニターライクな感じ
がしました。(特にモノクロに近い映像の時に)
ただ、絶対的なコントラストや精密感という点では、
HD1に軍配が上がるでしょう。

尚、このしばらく後に、参考までにと店員に
「HD1は調整次第でやわらかい画にもなりますか?」
と聞いたところ、「大丈夫」とのことでした。
「とにかくHD1は他のプロジェクタと比べて、頭ひとつ抜けています」
というのがその店員の評価でした。


そうこうしているうちに客と店員が入って来たので
HC5000とAE1000の比較をさせてもらいました。
どちらも店員による調整済みのモードを使った
コンポーネント接続で、ソースはBSデジタルとBDにHD DVDでした。
(映画ばかりでビデオ映像はほぼ皆無での比較です)

個人的にはHC5000よりも断然、AE1000の映像の方が好みでした。

HC5000は黒浮きがひどく、こんな訳はないだろうと
店員にも聞いてみましたが、「これ以上、黒を沈めると
階調がツブレてしまう。5000の黒はこんなもんです」とのことでした。
(スクリーンは120のマリブと100のキクチ・ホワイトマット)
僕自身でいろいろ調整出来たり、グレー系のスクリーンを使う
などしていたら、また違った印象だったかもしれませんし、
もしかしてアイリスが開いたままだったのかもしれませんが、
自宅でもあの黒浮きだとすると、ちょっと触手が伸びません。
ただ、AE1000と比較すると、いかにも高解像度なシャープな映像で
明るいビデオ映像には相性が良い感じでしたし、
想像していたよりもグリッドも目立ちませんでした。

AE1000を観るのはA&Vフェスタ以来となります。
スムーススクリーンの弊害は最小限で抑えられており
120インチで観てもボケている感じはまったくありませんし、
これで三世代目となるダイナミック・アイリスの完成度は
非常に高く、5000と比べるとかなり黒が沈んで観えました。
確かに、見た目の解像度感はソコソコ(甘め)で、
5000ほどシャープではありませんが、どちらがより映画向きか
と問われれば、明らかにAE1000の方だと思います。
また、好みはあるでしょうが、基本的な色調に不満はありませんし、
色数の多さ、階調の再現性もとてもいい感じで、
5000と約5万の価格差があるだけのことはあるなぁと感じました。

でも、AE1000とHC5000の両方の長所を持った3LDCがあればなぁ
というのが一番正直な感想でしょうか。(苦笑)
両機とも手持ちのZ3000と今すぐ買い換えたくなるほどの魅力は、
残念ながら感じませんでした。


最後に、HC5000と720p DLPプロジェクターの代表格、HC3100
の比較をさせてもらいました。
スクリーンは120インチのマリブで、
ソースは高画質で知られるHD DVD版「オペラ座の怪人」(北米盤)、
観させてもらったのはチャプター9以降の地下のシーンと、
チャプター4の劇場のシーンです。
ちょっと液晶には厳しいシーンをあえて選びました。


5倍速のHC3100には、まったく色割れを感じませんでした。
映像自体もHC3000よりも一段と進歩を遂げている感じで
階調、コントラスト、SN、解像度感のどれをとっても
16万前後で買えるプロジェクタの映像とはとても思えません。
HC3000に感じた不満は、すっかり払拭されていました。
少なくともその時に見比べた映像で評価すれば
解像度以外の要素では、HC3100の方が勝っていたように感じました。
長焦点や打ち込み角など、設置性に問題はありますが、
設置出来れば、絶対のお買い得モデルだと思います。
(その場に居た、HC5000のユーザーだというお客さんが
 HC3100の映像を観て、「これはHD1ですか?」と
 思わず店員さんに聞いていたのには、苦笑しました)


画質は解像度だけで決定されるものではありません。
家庭用液晶プロジェクターのフルHD化は、
昨年末に始まり、現行1080pモデルはその初号機となります。
30万前後でフルHDモデルが買えること自体は評価出来ますが、
まだまだ、改善すべき点は多く残されているなぁという印象です。

その点、720pモデルはすでに成熟の時を向かえ、
CPの面でも完成度の面でも絶頂期を迎えようとしています。
特に、HC3100に代表される720p DLPプロジェクターは
その映像からすると驚異的な安さだなと、改めて思いました。

現在、80~100インチのスクリーンで、
720pのDLPモデルをお使いの方なら、
慌てて液晶フルHDモデルを買うのはやめておいた方が
後悔がないかもしれません。
少なくとも、絶対にデモ映像を観てから決めるべきです。

僕個人で云えば、今、Z3000から買い換えるのなら、
高額なHD1かVW50、またはフルHDのDLPモデルでないと、
大きな満足感は得られないだろうなぁという気がして、
かなり凹んでいます。

それでもあえて液晶フルHDモデルに買い換えるとしたら、
AE1000を選ぶでしょう。
多くの点でHD1には負けますが、価格差ほどの差は無いと
感じましたので。
ただ、サイズと重さが問題ですねぇ…。

やはり、買い換えは、早くて今年末かなぁ…。
[ 2007/03/30 09:05 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

PS3バージョンアップ(1.60)後に不具合

昨日、PS3をバージョンアップ(1.60)した後に
HDMI接続でBDを観ようとしたところ、
色差で出力指定(HDMI時)しているにも関わらず
プロジェクタには「RGB入力」と表示され、
その映像自体も全体にマゼンタがかかったような
妙な色調になるという不具合が発生しました。

BD/DVD設定でHDMI出力を自動・RGB・色差と
切り替えてもまったく無反応(RGBのまま)です。
ただ、HDMI接続時でもメニュー画面やブラウザ画面、
HDD内の予告編などの動画、ゲーム画面は、
(RGBのままとは云え)普通に表示されています。
色がおかしくなるのはBD再生時だけです。
ですから、ケーブルやZ3000側の不具合ということでは
ないと思います。

HDMI接続からコンポーネント接続に切り替えると、
BDでもこういった不具合は発生しませんでした。
そこで仕方なく、そのBDはコンポーネント接続で観ました。
(昨日、注文していた北米版BDの「007/カジノ・ロワイヤル」、
 「ホリデイ」他が到着したのです♪
 余談ですが「007/カジノ・ロワイヤル」のBDは
 過去最高の画質かもしれません。SNが良く、精密感が凄いです)


同じような不具合が発生しているかと
ネットを検索してみましたが、
それらしい書き込みは見当たりません。
となると、バージョンアップによる不具合ではなくて
僕のPS3個体のトラブルなのかもしれませんが…。

とりあえず、電源を切って一日置いた、今朝確認しても
同じ症状なので、これからサポセンに連絡してみます。


【追記】

サポセンから電話で連絡がありましたが、
ちょうど留守中で話は出来ませんでした。
明日にもこちらから連絡してみようかと思っていますが、
どうやら、個体のトラブルである可能性が高そうです。
お騒がせ致しました。

【追記】

サポセンと話し合いました。
バージョンアップに伴う、HDMI映像の不具合の報告は
他にはない、とのことで、やはり個体のトラブルのようです。
修理にかかる日数は、10日から2週間ほどだそうですが、
とりあえず、コンポーネント接続では観れますし、
修理に出している間、既に30タイトル前後もあるBDを
観れないのもキツイので、しばらく様子をみながら使い続け、
また改めて修理を頼むことにしました。
現在、到着を待っている北米BDソフトもありますしね。


【追記】

不具合の原因判明

数日振りにPS3とプロジェクタZ3000を使ってみて
不具合の原因が判明しました。

Z3000側の設定を再確認したところ、なんと、
HDMI設定を「RGB」で指定していたのです。(大汗)
いつこんな設定をしたのか、まったく記憶にないのですが、
ここを「自動」に再設定したところ、
BDの色の不具合は解消されました。
なんとも初歩的なミスで、お恥ずかしい限りであります。

HDMI色差の時に色調がおかしいというので
もしやと思って確認して気が付いたのですが、普段、
HDMI端子はRGBのDVD映像の方を繋いでおりますし、
PS3の映像もBD以外はほぼRGBなので、
そんな設定をしてしまったのでしょう。
PS3は、普段はコンポーネントで繋いでいますが、
ヴァージョンアップ後にHDMIに繋ぎ換えた後の不具合
でしたので、原因はPS3側にあるとばかり思っていました。
つまり、PS3側には何の落ち度もなかったということです。
何事も思い込みはいけませんね。(汗)

皆様、本当にお騒がせ致しました。
サポセンのスタッフの方にまでご迷惑をお掛けし、
まことに申し訳なく思っております。
「今はただ、後悔と反省の日々を過ごしております」(by 寅さん)
[ 2007/03/24 08:06 ] ホームシアター | TB(0) | CM(1)

「男はつらいよ」 再び

最近ハマッている「男はつらいよ」に関しては、
こちらにももう何度か書きましたが、
また書かせていただきますw。
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-237.html
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-246.html
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-274.html

2005年8月からNHK BS2で放送されていた
「男はつらいよ 全48作一挙放送」は
今年の1月27日についに終了しましたが、
先週、後半24作の中から視聴者の投票で選ばれた
上位5作品のアンコール放送がありました。
その結果は以下の通りです。

第一位 「寅次郎ハイビスカスの花」(第25作)
第二位 「口笛を吹く寅次郎」(第32作)
第三位 「寅次郎の縁談」(第46作)
第四位 「寅次郎紅の花」(第48作)
第五位 「寅次郎かもめ歌」(第26作)

寅さんアンコール順位表

因みに、前半24作のアンコール順位は以下の通りでした。

第一位 「男はつらいよ」(第1作)
第二位 「寅次郎夕焼け小焼け」(第17作)
第三位 「寅次郎相合い傘」(第15作)
第四位 「噂の寅次郎」(第22作)
第五位 「寅次郎と殿様」(第19作)

前半の結果は、まあまあ納得出来ますが、
後半の順位には不満タラタラです。

一位の「寅次郎ハイビスカスの花」と
「口笛を吹く寅次郎」は妥当な結果だと思います。
しかし、第27作「浪花の恋の寅次郎」(マドンナ:松坂慶子)
や、第29作「寅次郎あじさいの恋」(マドンナ:いしだあゆみ)
が上位5位までに入らなかったのには、まったく納得がいきません。
作品自体のデキからしたら、このニ作品の方が遥かに上でしょう。

まあ「寅次郎の縁談」については40作以降では
一番か二番のデキだと思いますが、
第五位の「寅次郎かもめ歌」は…???
第38作「知床慕情」(マドンナ:竹下景子)や
第39作「寅次郎物語」(マドンナ:秋吉久美子)の方が
僕は好きですね。
意外に、42作以降の満男編が人気を集めているところ
を見ますと、寅さんファンよりも吉岡秀隆ファンの投票が
順位を決定付けたのでは?と思ったりもします。
[ 2007/03/22 04:43 ] 男はつらいよ | TB(0) | CM(0)

電源ケーブル 根岸通信 ZAC1

プロジェクタ「XV-Z3000」用に電源ケーブルを購入しました。
すでに「XV-Z3000」導入から10ヶ月近く経っておりますので、
今更という気も致しますがw、モノは試しと注文した次第です。

注文したのは、根岸通信さんの「ZAC1」です。
8日のお昼にケーブルの延長(全長2.3m)もお願いして
注文しましたが、翌日の夕方には発送していただき、
10日の午前中に無事到着しました。


六畳間ホームシアター・レポートの
特注3Pメガネインレット電源ケーブル、到着」で
詳しく述べておりますが、根岸通信さんに電源ケーブルを
注文したのは2004年の10月以来、今回で三回目になります。
液晶プロジェクタ「TH-AE500」用(後にAE700にも使用)
に特注した「3Pメガネインレット・ZAC1」の効果は非常に大きく、
レポートを読んで試された、AEシリーズやZシリーズのユーザー
の方々からお礼のメールや投稿をいただいたほどでした。

DLPプロジェクタ「XV-Z3000」のインレットソケットは、
一般的な3Pインレットの為、今回注文した電源ケーブルは
標準品の「ZAC1」ケーブルということになります。



極太の5.5スケアケーブルは、相変わらず美しい仕上がりです。
太さからして自重はかなりありますが、見た目ほど固くはないので、
取り回しは意外と楽です。
ただ、根岸通信さんのサポートページにもあるように
「ZAC1」のインレットソケット部分は幾分細めの作りなので、
「XV-Z3000」のシャーシプラグとの間にかなりのグラツキが
生じました。
[ 2007/03/22 01:59 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

旧メインBBSからの過去ログ転載、終了

http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-244.html
http://gank2o.blog5.fc2.com/blog-entry-275.html

遅くなりましたが、管理会社に拠って2月一杯で削除された
本家サイトの旧メインBBS「王国伝言板」の過去ログの転載を
やっと終えました。
5000以上もあった過去ログの全てを転載することは
もちろん出来ませんので、拾い上げたのは、
主に僕が書いた記事の一部ということになります。

改めて、多くの投稿を寄せて下さった
新旧の常連の皆さんに感謝すると共に、
それらの貴重な記事が失われてしまったことを
深くお詫び致します。


まだ、他のページからの各過去ログに張られたURLを
変更する作業(リンク修正)が残っておりますが、
そちらもなるべく早く終わらせたいと思っています。

尚、以前の記事でも触れましたが、
過去ログの転載に拠って、最近の記事が流れてしまっております。
これからしばらくの間、過去ログ以外の記事を読みたい方は、
「カテゴリー」リンクをご利用下さい。
アカデミー賞の結果は「映画」、DVDやBDの感想は「DVD」、
ホームシアター関係は「ホームシアター」でご覧いただけます。
どうぞ、よろしく。
[ 2007/03/21 07:15 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

2004年6月 TDRオフ会

2004年6月 TDRオフ会 2004/06/03 02:22

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

最終の数本前の電車で午前0時半に帰宅しました。
クタクタで電車に座った途端に意識を失っていました。
無事、下車出来てよかったです。(笑)
椿さん、spectreさん、りょうさん、本日はお疲れ様でした。
またまたお世話になりました。

自称晴れ男の面目躍如で、晴天に恵まれたのは良いのですが
平日にも関わらず、東京ディズニーランドは
朝から日曜日並みの混雑で、ビックリしました。
修学旅行生はいいとして、どういう訳か小学生から
高校生に至る私服の子供達が大挙押し寄せておりまして
「千葉県か近隣の県が県民の日か何かで学校が休みなのかな?」
などと皆で話していたんですが、何か事情をご存知の方は
いらっしゃるでしょうか?

とにかく、そんなこんなで、
仕事の関係で開園から一時間半遅刻した僕が乗れた
アトラクションは、「スター・シアーズ」、
「イッツ・ア・スモール・ワールド」、
「ウエスタンリバー鉄道」、厳密にはアトラクションではない
「スイスファミリー・ツリーハウス」、
夕方4時にお仕事のため、りょうさんが帰られてから
「カリブの海賊」、それから辛うじて昼頃にFP
(ファストパス)を取って夕方以降に体験出来た
「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」と
「スプラッシュ・マウンテン」だけで、
パレードやショーは何も見れませんでした。
※椿さんとspectreさん、りょうさんは朝イチから入園して
「ビッグサンダー・マウンテン」と「トムソーヤ島」も。

もう御馴染みの面々ですし、始めてのインパーク
という訳でもありませんので、混雑もあって、マターリとした
ダラダラとまとまりのないオフ会になりました。(汗)
[ 2007/03/21 06:56 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

2004年2月26日(木)、TDLオフ

2004年2月26日(木)、TDLオフ 2004/02/27 03:25

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

始発に乗って、終電で帰って参りました。
結局、オフ会に参加していただいたのは
朝イチからやすさんとspectreさん、
そしてアフター6パスポートで夕方6時から参加された
椿さんの四人でありました。


計画を立てた時は気付かなかったのですが、
本日から数日間は中学、高校は入学試験休みで
想像以上に子供たちが多く、パーク内は朝から大混雑でした。
初めてのインパークとなったやすさんには
いくつか人気アトラクションを諦めて頂かざるを得ず、
申し訳なかったです。
[ 2007/03/21 06:53 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

2004年11月 TDLオフ、無事終了

2004年11月 TDLオフ、無事終了 2004/11/19 09:48

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

椿さん、Codyさん、りょうさん、Spectreさん、やすさん
17日はオフ会に参加いただき、ありがとうございました。
また、皆さん、お忙しい中での強行軍でお疲れ様でした。
特にCodyさんは到着早々、ひどくお疲れのご様子で
見ていても気の毒になるくらいでしたね。
帰りの新幹線で寝過ごされていないと良いのですが…。

また、今回でTDLは二度目となるやすさんは
前回に引き続き、「プーさんのハニーハント」が
休演中で、こちらもお気の毒様でした。
[ 2007/03/21 06:52 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

箱根湯元 一泊旅行

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

箱根湯元 一泊旅行 2003/12/21 10:15

12月3日に幼馴染の友人ふたりと箱根へ一泊旅行に行きました。
僕はそうでもありませんが、友人たちは日ごろ忙しく、
揃って一泊旅行に出掛ける機会もめっきり減りました。
日帰りで遊びに行くことはあっても
この顔ぶれで温泉に一泊するのはほぼ10年ぶりになります。

翌日の4日はひとりが昼から都内で仕事、
ひとりは出張の前泊で夕方には御殿場に行かなければならず、
僕も深夜には仕事と、あまりのんびりもしていられない
旅でしたので、それぞれに都合の良い箱根に行くことにしました。


箱根と云えば小田急であります。
今まで「箱根は高い」というイメージがありましたが、
調べてみますと、旅館は2食部屋出しで一人15,000円程度、
交通費もお得な各種フリーパスがあり、想像していたよりも
かなり安く行ける事がわかりました。
小田急電鉄
小田急電鉄 「きょう、ロマンスカーで」

特に12月から3月中旬までの平日ならば
「冬季特別割引 箱根ウィークデイパス」というパスがあり
一人4,100円で、小田急線の往復割引乗車券
(新宿駅~小田原駅まで)、箱根登山電車、箱根登山バス、
箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根観光船および
小田急箱根高速バス[桃源台(芦ノ湖)・御殿場駅]、
沼津登山東海バスに2日間、何度でも乗り降り自由なのです。
ロマンスカーに乗りたい場合はこれに特急券(片道870円)
を買い足せばOKです。感覚的には半値以下といった感じで
驚くぐらいの激安ぶりです!
[ 2007/03/21 06:50 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

日光と宇都宮、日帰り観光

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

日光と宇都宮、日帰り観光 2004/11/05 12:13

前にちょっと書きましたが、
昨日、久々に友人とふたりで日光に行って来ました。
午前4時半に家を出発して、約2時間後には
紅葉の「いろは坂」を登っていました。




中禅寺湖畔を横目にまずは「竜頭の滝」へ。
マイナス・イオンたっぷりの冷気を吸った後、
一旦、戦場ヶ原を素通りして、湯元温泉手前の
「湯滝」へ。
この滝は見た目も豪快な上に、すぐ近くから見れますし、
川沿いに森の中を戦場ヶ原まで歩けるハイキングコース
などもあって、日光でも特に好きな場所のひとつです。

滝を見た後は、その戦場ヶ原へと向かう林道を通って
森の中をちょっと散策しました。
この林道、以前来た時よりも整備が進んでいて、
枕木と板で出来た道が二列、延々と続いていました。

その後、戦場ヶ原の三本松茶屋まで戻って、
早朝の戦場ヶ原を眺めた後に、
茶屋のひとつで朝食を取りました。




しばらく休んでから、中禅寺湖まで戻り、
中禅寺湖畔を散策しました。
どこもかしこも落ち葉で一杯で、
もう紅葉シーズンも終盤という感じでしたが、
まだ一週間くらいはどうにか楽しめそうです。



[ 2007/03/21 06:45 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

2003年、TDS「ハーバー・クリスマス」リポート

2003年、TDS「ハーバー・クリスマス」リポート
2003/11/27 14:54

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

埼玉県人限定の割引チケット(4,300円)を購入し、
「ハーバー・クリスマス」開催中のTDSに
りょうさんと野郎ふたりで遊びに行きました。(苦笑)

今回は「キャンドルライト・リフレクションズ」と
アイススケートリンクでアイスダンスを踊るミッキーとミニー
が見れる「クリスマスホリデー・イン・ニューヨーク」、
「セイル・アウェイ」のクリスマスバージョンなどを観るのが
主な目的で、アトラクションはおまけ程度に考えていました。
オフ会というよりは、年パスをお持ちのりょうさんのように
ショーを中心にあちこちブラブラして食事するだけの
「年パス保有者の気分を味わう、ちょっと贅沢なTDS観光」
というのが今回のテーマだったわけです。
そんな訳で、舞浜リゾートライン駅に午前10時半に待ち合わせと
ちょっとゆっくりしたインパークになりました。

多少、風があるものの、快晴のTDSは約二年ぶりになります。
最近はいつ行っても曇りか小雨でしたからねぇ。








[ 2007/03/20 20:17 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

2003年11月 関西OFF

2003年11月 関西OFF 2003/11/21 14:57

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

■嵐山・嵯峨野■

初日の11月18日は浜松町のモノレール駅に午前10時に集合。

11時発の全日空便で大阪伊丹空港へ。



伊丹からは空港バスで直接、京都へ向かい、
市バスで四条大宮に出て、京福嵐山線に乗り換えて嵐山に。

午後2時過ぎに嵐山に到着。
渡月橋の辺りは観光シーズンとあって大混雑でしたが、
残念ながらまだ紅葉は5分といったところでした。
今年は少し遅れているそうで1週間ほど早かった印象です。




「天龍寺」→「竹林」→「常寂光寺」→「二尊院」→「祗王寺」
と周って、嵯峨野の仏野念仏寺辺りに来た時は
多くの寺の閉園時間である午後5時になってしまい、
辺りは薄暗く、観光客もまばらになっていました。

[ 2007/03/20 20:15 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第57回カンヌ国際映画祭

第57回カンヌ国際映画祭 2004/05/28 08:54

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

5月12日から開催されていた第57回カンヌ映画祭が
最終日の5月23日に受賞式が行われ閉幕しました。
主な受賞者・作品は以下の通りです。

■パルムドール(最高賞)
 「華氏911」マイケル・ムーア監督(米国)

■グランプリ(審査員特別大賞)
 「オールドボーイ」バク・チャヌク監督(韓国)

■男優賞
 柳楽優弥 「誰も知らない」(日本)

■女優賞
 マギー・チャン(張曼玉)「クリーン」(香港)

■監督賞
 トニー・ガトリフ監督 「エグザイルス」(アルジェリア)

■脚本賞
 アニエス・ジャウィ、ジャンペール・バクリ
 「ルック・アット・ミー」(フランス)
 
■審査員賞
 イルマ・P・ホール「レディ・キラーズ」(米国)、
 アピチャポン・ウェラセタクル「トロピカル・マラディ」(タイ)

■国際批評家連盟賞
 「華氏911」マイケル・ムーア監督(米国)

■カメラドール 新人監督賞
 「Or[Or]」Keren Yeday監督(イスラエル)
[ 2007/03/20 20:11 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第76回アカデミー賞

第76回アカデミー賞 2004/03/01 14:28

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

第76回アカデミー賞
The 76th Annual Academy Awards

ノミネート発表:2004年1月27日
授賞式:2月29日(日本時間3月1日) 会場:ハリウッド コダック・シアター

★印が最優秀賞です



作品賞



「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
(ピーター・ジャクソン監督)
"The Lord of the Rings: The Return of the King" (New Line)
A Wingnut Films Production
Barrie M. Osborne, Peter Jackson and Fran Walsh, Producers

「ロスト・イン・トランスレーション」(ソフィア・コッポラ監督)
"Lost in Translation" (Focus Features)
An American Zoetrope/Elemental Films Production
Ross Katz and Sofia Coppola, Producers

「マスター・アンド・コマンダー」(ピーター・ウィアー監督)
"Master and Commander: The Far Side of the World" (20th Century Fox)
A 20th Century Fox and Universal Pictures and Miramax Films Production
Samuel Goldwyn, Jr., Peter Weir and Duncan Henderson, Producers

「ミスティック・リバー」(クリント・イーストウッド監督)
"Mystic River" (Warner Bros.)
A Warner Bros. Pictures Production
Robert Lorenz, Judie G. Hoyt and Clint Eastwood, Producers

「シービスケット」(ゲイリー・ロス監督)
"Seabiscuit" (Universal/DreamWorks/Spyglass)
A Universal Pictures/DreamWorks Pictures Production
Nominees to be determined
[ 2007/03/20 20:10 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第24回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)

第24回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞) 2004/02/29 12:26

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

第24回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)

The 24th The Golden Raspberry Award

ノミネート発表 2004年1月28日
授賞式:2月28日(日本時間2月29日)
開催場所: カリフォルニア州サンタモニカ フォーポインツ・シェラトン・ホテル
★印が最悪賞です。

ハットしてキャットチャーリーズ・エンジェル フルスロットル
FROM JUSTIN TO KELLYGIGLITHE REAL CANCUN


最低映画賞 WORST PICTURE

「GIGLI」 ★
GIGLI (Columbia/Revolution)
「ハットしてキャット」
CAT-IN-THE HAT (Universal/Dreamworks/Imagine)
「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」
CHARLIE'S ANGELS: FULL THROTTLE (Columbia)
「FROM JUSTIN TO KELLY」
FROM JUSTIN TO KELLY (20th Century-Fox)
「THE REAL CANCUN」
THE REAL CANCUN (New Line)
[ 2007/03/20 20:09 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第57回英国アカデミー賞

第57回英国アカデミー賞 2004/02/26 02:56

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

遅くなりましたが、15日に行われた、
英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式の結果を。
[ 2007/03/20 20:07 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第61回ゴールデン・グローブ賞

第61回ゴールデン・グローブ賞 2004/01/26 12:56

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

第61回ゴールデン・グローブ賞
The 61st Annual Golden Globe Awards

授賞式:2004年1月25日(日本時間26日)

●ゴールデン・グローブ賞とは?
1943年の発足以来、ハリウッド外国人記者協会
(HFPA・Hollywood Foreign Press Association)に所属する
約90人の会員投票で選ばれる映画賞。(同時にTVドラマ賞も選出)
この映画賞の大きな特徴は、作品賞、主演男優賞、主演女優賞の
三部門のみ、「ドラマ部門」と「コメディ/ミュージカル部門」
に分けて投票が行われる点。


■映画部門 ノミネーションと最優秀賞(白文字)


【作品賞(ドラマ)】
 ・「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 (ピーター・ジャクソン監督)
 ・「マスター・アンド・コマンダー」 (ピーター・ウィアー監督)
 ・「ミスティック・リバー」 (クリント・イーストウッド監督)
 ・「シービスケット」 (ゲイリー・ロス監督)
 ・「コールド・マウンテン(原題)」 (アンソニー・ミンゲラ監督)


【作品賞(ミュージカル、コメディ)】
 ・「ロスト・イン・トランスレーション」 (ソフィア・コッポラ監督)
 ・「ファインディング・ニモ」 (アンドリュー・スタントン&リー・アンクリッチ監督)
 ・「ベッカムに恋して」 (グリンダ・チャーダ監督)
 ・「ビッグ・フィッシュ(原題)」 (ティム・バートン監督)
 ・「ラブ・アクチュアリー」 (リチャード・カーティス監督)
[ 2007/03/20 20:04 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

2004年1/15現在の主な映画賞の結果とノミネート一覧

現在までに発表された主な映画賞とノミネート 2004/01/15 07:59

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞

全米映画評論委員会(NBRMP・ナショナル・ボード・オブ・レビュー)。
1909年、ニューヨークで創立された映画愛好家による映画評議会。
全カテゴリーに投票できる中心メンバー13名と、
一部のカテゴリーに投票する90名で構成される団体。

発表:2003年12月3日

●作品賞
第1位 「ミスティック・リバー」(クリント・イーストウッド監督)
第2位 「ラスト サムライ」(エドワード・ズウィック監督)
第3位 「The Station Agent」(トーマス・マッカーシー監督)
第4位 「21グラム」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
第5位 「House of Sand and Fog」(Vadim Perelman 監督)
第6位 「ロスト・イン・トランスレーション」(ソフィア・コッポラ監督)
第7位 「Cold Mountain」(アンソニー・ミンゲラ監督)
第8位 「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」(ジム・シェリダン監督)
第9位 「シービスケット」(ゲイリー・ロス監督)
第10位 「マスター・アンド・コマンダー」(ピーター・ウィアー監督)
●外国映画賞:「Les Invasions barbares」(ドゥニ・アルカン監督)
●主演男優賞:ショーン・ペン(「ミスティック・リバー」&「21グラム」)
●主演女優賞:ダイアン・キートン(「サムシング・ガッタ・ギブ」)
●助演男優賞:アレック・ボールドウィン(「The Cooler」)
●助演女優賞:パトリシア・クラークソン(「Pieces of April」&「The Station Agent」)
●アンサンブル演技賞:「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(ピーター・ジャクソン監督)
●ブレイクスルー演技賞(男優):ポール・ジアマッティ(「American Splendor」)
●ブレイクスルー演技賞(女優):シャーリーズ・セロン(「Monster」)
●監督賞:エドワード・ズウィック(「ラスト サムライ」)
●新人監督賞:Vadim Perelman(「House of Sand and Fog」)
●脚色賞:アンソニー・ミンゲラ(「Cold Mountain」)
●オリジナル脚本賞:ジム・シェリダン&ナオミ・シェリダン&カーステン・シェリダン
(「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)
●ドキュメンタリー賞:「The Fog of War」
●アニメーション作品賞:「ファインディング・ニモ」
●生涯功労賞:モーガン・フリーマン
●ビリー・ワイルダー賞:ノーマン・ジュイソン
●映画製作特別賞:ソフィア・コッポラ
●生涯功労賞(映画音楽):ハンス・ジマー
●生涯功労賞(撮影):ジョン・トール

The National Board of Review of Motion Pictures
[ 2007/03/20 20:01 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第56回カンヌ国際映画祭

第56回カンヌ国際映画祭 2003/05/27 09:07

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

14日より南仏の保養地カンヌで開催されていた
第56回カンヌ国際映画祭は、最終日の25日夜(日本時間26日未明)、
最高賞パルムドール(黄金の棕櫚=しゅろ)に
米国のガス・ヴァン・サント監督の「Elephant」(エレファント)
を選んで閉幕しました。
[ 2007/03/20 19:58 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第75回アカデミー賞

第75回アカデミー賞 2003/03/25 08:44

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

イラクでの開戦直後ということで開催の延期なども噂された
「第75回アカデミー賞」が、当初の予定通り、
3月23日(日)午後8時30分(日本時間24日午前10時30分)より
ハリウッド・コダック劇場にて開催されました。
総合司会は、2001年度の「第73回アカデミー賞」でも司会を務め
今回が2度目となるコメディアン俳優スティーブ・マーティンです。
また、毎年、世界中に生中継されるアカデミー賞授賞式ですが、
今年から初めてハイビジョン中継での放送となりました。

テロ対策に国をあげての厳重な警備態勢となり、
道路を含むコダック劇場周辺は立ち入り禁止という異例の授賞式で
プレゼンター、受賞者のスピーチも戦争を反映したものが
大半となりました。
[ 2007/03/20 19:56 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第23回ゴールデン・ラズベリー賞

第23回ゴールデン・ラズベリー賞 2003/03/23 15:38

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

映画ファンの投票によって最低最悪な映画に送られる
「第23回ゴールデン・ラズベリー賞」の授賞式が2002年3月22日、
カリフォルニア州サンタモニカ、フォーポインツの
シェラトンホテルで開催されました。

見事(?)最多8部門でのノミネートに輝いたのは
アメリカの歌姫ブリトニー・スピアーズ主演の
「ノット・ア・ガール」でした。
これに続く7部門でノミネートされたのがマドンナ主演、
旦那のガイ・リッチーが監督した「SWEPT AWAY」です。
この作品はリナ・ウェルトミュラー監督の「流されて・・・」
(1975年公開のイタリア映画)の完全リメイクです。
このスターウォーズを征したのはどちらになったのでしょう???

■ノミネート数

ノット・ア・ガール(ノミネート最多8部門)
スターウォーズ エピソード2(ノミネート7部門)
SWEPT AWAY(ノミネート7部門)
ピノッキオ(ノミネート6部門) 
Mr. ディーズ (ノミネート3部門) 
I SPY (ノミネート3部門) 
ダイ・アナザー・デイ (ノミネート2部門) 
ショータイム (ノミネート2部門)
[ 2007/03/20 19:55 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第60回ゴールデン・グローブ賞

第60回ゴールデン・グローブ賞 2003/01/21 05:55

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

アカデミー賞の前哨戦である「第60回ゴールデン・グローブ賞
(Golden Globe Awards)」の授賞式が1月19日(日本時間20日午後)
ロサンゼルスで行われました。

作品賞ほか、計8個と最多ノミネーションを獲得し注目された
ボブ・フォッシーのブロードウェイ・ミュージカルの映画化である
「シカゴ」(日本公開2003年5月予定)は、
ミュージカル/コメディ部門の作品賞、主演男優賞、主演女優賞
と3冠を獲得しました。


■ゴールデン・グローブ賞とは?
1943年の発足以来、ハリウッド外国人記者協会
(HFPA・Hollywood Foreign Press Association)に所属する
約90人の会員投票で選ばれる映画賞。
この賞の大きな特徴は、作品賞、主演男優賞、主演女優賞の三部門のみ
「ドラマ部門」と「コメディ/ミュージカル部門」に分けて
投票が行われる点。
(各部門のノミネーションは2002年12月19日に発表)


●映画部門の最優秀賞・リスト
(★印が最優秀賞)
[ 2007/03/20 19:54 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第55回カンヌ国際映画祭 授賞式

第55回カンヌ国際映画祭 授賞式 2002/05/27 11:17

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

第55回カンヌ国際映画祭は26日最終日を迎え、
ロマン・ポランスキー監督の「戦場のピアニスト」(仏)
をパルムドールに選んで閉幕しました。

「戦場のピアニスト」はポーランドのピアニスト、
ウワディスワフ・シュピルマンのベストセラー小説の映画化で
第2次世界大戦中、ゲットーに閉じこめられ、
苦難を強いられながらも生き延びた男の姿を描いた人間ドラマで
年内に国内公開を予定しているそうです。

今年、コンペティション部門(22作品が参加)の
審査委員長はデヴィッド・リンチ監督が務め、
9名の審査委員のメンバーには女優シャロン・ストーンや
ミシェル・ヨーの顔も。

オープニング上映にはウッディ・アレン監督の
「ハリウッド・エンディング」が選ばれ、
同監督は映画祭の開会宣言も行ないました。
また、ウディ・アレン監督には長年の功績を称えて
同映画祭から最高の名誉となる“Palm of Palms”
「パルム・ドールの中のパルム・ドール」賞が送られました。

[ 2007/03/20 19:52 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第22回ゴールデン・ラズベリー(ラジー)賞、発表!

第22回ゴールデン・ラズベリー(ラジー)賞、発表! 2002/03/24 08:38

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

その年の最低映画に贈られる
2001年度(対象年度)第22回ゴールデン・ラズベリー賞の
注目の授賞式は例年通り、アカデミー賞前夜の3月23日(日本時間24日)に
カリフォルニア州サンタモニカ・アブラカダブカ・シアターで
開催されました。(ノミネート発表:2月11日)

ノミネートでの最多賞は堂々8部門で候補に挙がった
トム・グリーン監督・共同脚本・主演の「Freddy Got Fingered」
で、以下、7部門「ドリヴン」、6部門「パール・ハーバー」、
マライヤ・キャリーの「グリッター」と続いておりましたが、
最悪賞ではドリュー・バリモアとスピード離婚したトム・グリーンが
監督・脚本・主演を担当した「Freddy Got Fingered」が
圧倒的な強さを発揮し、5部門受賞で最多となりました。
(★印が最悪賞)

◎22nd Annual Golden Raspberry (‘RAZZIE’) Award
●公式ページ http://www.razzies.com/
Freddy Got Fingered 公式サイト
[ 2007/03/20 19:51 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第54回英国アカデミー賞

第54回英国アカデミー賞 2002/02/26 09:24

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

英国BAFTA(The British Academy of Film & Television Arts)
が主催する本年度(第54回)の英国アカデミー賞授与式
(2002 Orange British Academy Film Awards)
(英語表記に「Orange」という名が冠されているのは、
 携帯電話会社Orange社がスポンサーで開催されるためとの事)
が2月24日に開催されました。

英国アカデミー賞は昨年から授与式日程が早まり、
ゴールデン・グローブ(GG)賞と並び、
米国アカデミー賞の行方を占う前哨戦の意味合いが強まったことで、
例年以上に注目を集めるようになりました。

今回の結果を見ると、注目の最優秀作品賞、最優秀監督賞を始め
最多5部門で受賞した「ロード・オブ・ザ・リング」、
GG賞のドラマ部門と同じ結果になった主演男優賞ラッセル・クロウ、
主演女優賞のジェニファー・コネリーの「ビューティフル・マインド」、
GG賞でも助演男優賞を受賞したジム・ブロードベント他、音楽賞、
音響賞を受賞した「ムーラン・ルージュ!」などが目を引きます。

*ノミネーション発表:2002年1月27日

The British Academy of Film & Television Arts
[ 2007/03/20 19:50 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第53回英国アカデミー賞(BAFTA)

第53回英国アカデミー賞(BAFTA) 2001/02/27 19:33

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

去る25日、ロンドンで第53回英国アカデミー賞(BAFTA)
の授賞式が行われました。

 例年、米国アカデミー賞から数週間後に行われていた
同賞授賞式ですが、今年から日程が繰り上げられ、
ゴールデングローブ賞同様、オスカー前哨戦として、
今後はいままで以上の注目と感心を集めるようになると思われます。


 最優秀作品賞は『グラディエーター』が受賞。
本家アカデミーでも本命視されている『グラディエーター』は、
同賞最多部門の5部門を制覇しました。
これに次いで4部門受賞となったのは、
ゴールデングローブ賞に続きこちらでも最優秀監督賞、
最優秀外国語映画賞などを受賞したアン・リー監督の
『グリーン・デスティニー』でした。

また、最優秀主演男優賞には、並み居るハリウッド・スターを
見事蹴散らして『リトル・ダンサー』の14歳の少年、
ジェイミー・ベルが選ばれ、話題になっています。


主な受賞者は以下の通りです。
[ 2007/03/20 19:48 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第21回ゴールデン・ラズベリー賞授賞式

第21回ゴールデン・ラズベリー賞授賞式 2001/03/25 17:33

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

本日3月25日(米西海岸では24日)、カリフォルニア州サンタモニカ
ラディソンハントリーホテルにて、最低最悪の俳優や作品に送られる
「第21回ゴールデン・ラズベリー賞」授賞式が行われました。

大方の予想通り、ジョン・トラボルタが主演し、最多8部門に
ノミネートされた「バトルフィールド・アース」が、
作品賞や男優賞などに選ばれ、1996年の「ショーガール」と並ぶ、
7部門制覇の記録を作りました。
(ノミネート発表: 2001年2月12日)

[ 2007/03/20 19:47 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

第54回カンヌ国際映画祭

第54回カンヌ国際映画祭 2001/05/22 16:00

2007年2月 BBS閉鎖に伴い転載

第五十四回カンヌ国際映画祭の授賞式が二十日夜
(日本時間二十一日未明)に執り行われました。

パルムドール(グランプリ)は、
息子の死の悲しみを乗り越える家族の姿を描いた
ナンニ・モレッティ監督の「息子の部屋」(伊)が受賞し、
ミハエル・ハネケ監督の「ピアニスト」(仏・オーストリア合作)
が、審査員特別大賞、男優賞(ブノワ・マジメル)、
女優賞(イザベル・ユペール)と、
パルムドール以外の主要三部門を独占しました。
[ 2007/03/20 19:46 ] 王国伝言板ログ | TB(0) | CM(0)

プロジェクタの映写解像度について

カカクのプロジェクタ掲示板を覗いておりましたら、
入力信号の解像度表示を、映写映像の解像度のことだと
勘違いされていた方がいらっしゃいました。
確かにこれは(特にいきなり1080pモデルをお使いの方だと)
勘違いしやすいポイントかもしれません。


そもそも最新の固定素子プロジェクタに限って云えば、
それらが最終的に映写しているのは
パネル解像度のプログレッシブ映像のみです。
これは、入力信号がインターレースだろうが、プログレだろうが、
入力解像度が480だろうが、720だろうが、1080だろうが、
接続がアナログだろうが、デジタルだろうが、関係ありません。
720pモデルなら720p映像ですし、1080pモデルなら1080p映像です。
けっして、入力信号の解像度の違いに連動して、
映写映像の解像度自体が変化するワケではないのです。

HDMI接続で同じDVDソフトを再生した時に、
出力解像度によって、映像の雰囲気や細部が違って見えるのは、
DVDプレイヤーやDVD/HDDレコーダーから、プロジェクター
(のパネル解像度のプログレ映像)に至る過程
(その間に行われる、i/p変換やスケーリング等の映像処理能力
 の精度、回数、等)が違う為です。


例えば、1080pモデルの場合で云いますと
ソースが持つクオリティに対して、
理論上、最も再現性(忠実度)が高くなるのは、
1080p収録のBDやHD DVDをHDMI接続で1080p出力し、
プロジェクタ側でドット・バイ・ドットで表示
させた時です。(↑オーバースキャンをキャンセル)

この組み合わせでは、プロジェクタ側でi/p変換や
スケーリング等の映像処理をする必要がありませんので、
その次世代光ディスクが本来持つ映像クオリティから
劣化したり、変化したりする要因が、最小限に抑えられます。

ただし、実際には、これをこの通り行って
同じタイトルのBDやHD DVDソフトを再生してみても
使う再生機やプロジェクタの性能・仕様、スクリーン等によって
最終的な映写映像は微妙に異なってしまいます。
これがSD放送(480i)、DVD(480p)、ハイビジョン(1080i)
の映写となりますと、ますます複雑怪奇で頭を悩ますことになります。
まあ、それが、AV機器選びの難しさであり、
面白さでもあるワケですが…w。
[ 2007/03/10 09:48 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。