Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2006 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 11
HOME > アーカイブ - 2006年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10月中に購入したDVD

10月中に購入したDVDをメモしておきます。
今月買ったのはすべて国内盤でした。


アンジェラ ANGEL-A スペシャル・エディション
RENT レント デラックス・コレクターズ・エディション
インサイド・マン
かもめ食堂 (初回限定版)
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
明日の記憶
蘇える金狼
野獣死すべし
白い巨塔 劇場版

※追記※
この記事のUP後に一枚書き忘れていたのに
気付きましたので追加します。



アイス・エイジ2 豪華2枚組特別編
 爆笑どんぐり伝説ディスク付 (初回限定生産)


忘れる程度の作品というわけです。(苦笑)
※追記終了※



「アンジェラ ANGEL-A」は
リュック・ベッソン、久々の監督作で
楽しみにしていました。しかし…。(苦笑)

全編モノクロのパリの映像は綺麗でしたが、
ストーリー上の必然性はさして感じないので
「なぜゆえ白黒?」という感じもしました。
ヴィム・ヴェンダースの「ベルリン・天使の詩」
へのオマージュ(大都会と天使つながり)なのかも
しれませんが、あちらはパートカラーです。
で、展開が同じだとすればラストはカラーになるのかな?
と思っていたら、最後までモノクロでしたw。
それにストーリーテリングで定評のあるベッソンにしては
徹頭徹尾、あまりにもありがちな展開…。
ここ数年、凡作のプロデュースばかりしていて、
才能が涸れたのでしょうか。(苦笑)
そういえば、ヒットしたという話も聞きませんでしたね。


ミュージカル「RENT レント」は
米国盤の発売時に迷った末に買わなかった作品でした。
薬中とエイズ患者による群像劇で
伝説的なブロードウェイ・ミュージカルの映画化
だそうですが、さしてミュージカルに興味が無い僕としては
「へぇ~」てなもんでした。
そんな僕でもオープニングの「シーズンズ・オブ・ラブ」
はさすがに聞き覚えがありました。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 「レント (ミュージカル)」


因みに、僕にとっての歴代ベスト1・ミュージカル映画は、
1986年度版『リトルショップ・オブ・ホラーズ』
(リック・モラニス主演、フランク・オズ監督)でありますw。
音楽監督はマイルス・グッドマンですが、楽曲の作詞作曲は
ハワード・アシュマンとアラン・メンケン!
後にディズニー復活のキッカケとなったミュージカル・アニメ
『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』を作ることになる
ゴールデン・コンビであります。
オープニングの一曲目から鳥肌全開で、
それが「突然シーモアが / Suddenly Seymour」で絶頂を迎えますw。
毎回、号泣しながら観ている、大好きな映画ですw。


続く「インサイドマン」については
こちらへの追記に書いたので省略します。(苦笑)


ここ数年、気になったアメリカ映画は、
基本的にリリースが早く、格安な米国盤で購入し、
鑑賞後に国内盤でも買う価値がある、あるいは
日本語字幕や吹替えでも観たい、と感じれば、
国内盤も買うというパターンがほとんどになっています。
ですから、最近買う国内盤は、どうしても米国映画以外の
邦画とアジア映画が中心になってしまっています。
スポンサーサイト
[ 2006/10/31 12:29 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

AV&ホームシアター大商談会

事実上、発売が延期されている三菱のLVP-HC5000ですが
今朝、アバックのサイトを覗いてみましたら
「2006/10/30 【店舗情報】 GRAND新宿店
MITSUBISHI フルHDプロジェクターLVP-HC5000展示開始!!」
とありました。
やっと店頭で量産機の映像が観れるようです。


アバック会員にはすでに招待状が届いていると思いますが
アバックでは恒例の「AV&ホームシアター大商談会」を
11月25日(土)、26日(日)に、お馴染みの
「池袋サンシャインシティ 文化会館」で行うそうです。
1080pモデルと720pモデルのシュートアウト・デモや
メーカー別デモが予定されているそうなので、
気になるプロジェクタを比較検討したい方には
またとない機会になりそうです。

この大商談会では、二日間限定・参加者限定で、
ソフト、各種AV機器の特価販売がクレジット金利0%で
行われるとのことです。
(内金1万円で大商談会限定特価での予約が可能との事)
僕も可能であれば、初日の25日にでも足を運んでみたい
と思っています。
ハードまでは無理でもDVDの1,050円セールを目当てに。(笑)


尚、始めにも書きましたが、
このイベントに参加するには、招待状が必要です。
アバック会員でない方で参加を希望される方は、
直接、アバックにお問い合わせ下さい。

●http://www.avac.co.jp/
[ 2006/10/31 08:36 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

BenQ フルHD DLPプロジェクタ『W10000』

ベンキュー・ジャパンは10月24日、
BenQ初のフルHD DLPプロジェクタ『W10000』を
11月上旬に発売すると発表しました。



【W10000の主な仕様】
 1920×1080ピクセル・0.95型「Darkchip3」搭載
 カラーホイール:5倍速/8セグメント
 i/p変換・スケーリング機能:「ファロージャ DCDi」
 10ビットデジタル処理の画像補正技術「Senseye」搭載
 マニュアルフォーカス1.15倍ズームレンズ (F2.4 to 2.8)
 電動レンズシフト(垂直方向のみ)
 輝度:1100ANSIルーメン、コントラスト比:10000:1
 ランプ寿命:ノーマルモード約2,000時間、
       エコノミーモード約3,000時間
 騒音レベル:23dB(エコノミーモード時)
 入力端子:HDMI(Ver1.2)×1、S映像×1、コンポジット×3、
 コンポーネント(RCA3ピンおよびBNC)×各1、RS-232C端子
 対応信号:480i/480p/1080i/720p/1080p
 外形寸法:492x195x392mm(幅×高さ×奥行き)
 重量:約9.5kg

ニュースリリース
『W10000』製品情報
AV Watch:ベンキュー、628,000円のフルHD DLPシアタープロジェクタ
 -0.95型DMD搭載。オートアイリスでコントラスト1万:1

ITmedia +D LifeStyle:
 BenQ、フルHDプロジェクター「W10000」発表

PC Watch:COMPUTEX会場レポート【BenQブース編】
 フルHD対応液晶ディスプレイや液晶TV、プロジェクターが登場

日経パソコン PC Online:【COMPUTEX続報】
 「100インチのフルHD映像を5000米ドル強で」、
 BenQがプロジェクター展示

楽天市場 「W10000」検索結果

『W10000』は、台湾で6月に開催された
「COMPUTEX TAIPEI 2006」で初お披露目され、
2006年末までに日本を含む世界各地で
米5000ドル強で発売される予定と
アナウンスされていました。
注目の希望小売価格は62万8000円と、
100万前後が当たり前のフルHD DLPプロジェクタ
としては、かつてない低価格を実現しています。
[ 2006/10/25 07:22 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

黒澤明vs.ハリウッド

橋本忍氏の『複眼の映像』を読了後、
すぐに、やはり今年出版された田草川 弘氏著の
黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』
その謎のすべて
」(文藝春秋)も購入して、
こちらも一気に読了しました。

まず厚さに驚きましたが、内容についても
黒澤ファンにとっては非常に貴重な資料を
満載した本でした。
あまた存在するクロサワ本の中でも
研究書としての重要度では屈指だと思います。

黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて

●amazon.co.jp 「商品の説明」より転載

内容(「BOOK」データベースより)
 クロサワに編集権はあったのか?
 クロサワは本当に「総監督」だったのか?
 クロサワは本当にノイローゼだったのか?
 クロサワが描きたかった山本五十六の悲劇とは?
 そしてアメリカで発掘された謎解きの鍵とは?
 『虎、虎、虎』最後の真実がいま明かされる。

内容(「MARC」データベースより)
 幻の大作「虎 虎 虎」で黒沢明が描きたかったのは何か?
 その試みは、何故「解任」という無惨な挫折に終わったのか?
 アメリカ側の新資料を整理し、
 「トラ!トラ!トラ!」の謎を解く鍵のかずかずを提供する。


真珠湾攻撃を日米の視点で描いた
20世紀フォックス製作の「トラ・トラ・トラ!」で
黒澤監督は日本側の監督と脚本を依頼されました。
数年に渡る準備(監督、小国英雄、菊島隆三による
共同脚本の執筆、実物大の戦艦赤城、長門のセット製作、
元帝国海軍士官による主要なキャスティング、等)
を行ったにも関わらず、撮影開始からわずか2週間ほどで
「心身共に監督を続けれる状態ではない」という理由で
一方的に解任されてしまいました。
この事件は、当時、マスコミに「黒澤明、
ノイローゼで『トラ・トラ・トラ!』監督を解任」
とセンセーショナルに取り上げられ、
内外に大きな波紋を呼びました。
[ 2006/10/25 02:56 ] 映画 | TB(0) | CM(1)

EPSON 『EMP-TW1000』、『EMP-TW700』

10月11日、
「D6/C2FINE」パネルの製造元、エプソンから
噂になっていたフルHDモデル『EMP-TW1000』と
D5パネル搭載の新720pモデル『EMP-TW700』が
同時発表となりました。

EMP-TW1000

【EMP-TW1000の主な仕様】
 マニュアル光学2.1倍ズーム(F2.0~3.17)
 レンズシフト:上下方向・各96%、左右・各47%
 カラープロセス:10bit処理。(入力は最大16bit)
 輝度:1200ANSIルーメン、コントラスト比:12000:1
 騒音レベル:26dB(ランプ低輝度時)
 入力端子:HDMI(Ver1.3)、D5端子、コンポーネント(RCA)、
 S映像、コンポジット、D-Sub15ピン、RS-232C端子
 対応信号:480i/480p/1080i/720p/1080p
 外形寸法:406×310×124mm(幅×奥行き×高さ)
 重量:約5.6kg

ニュースリリース
ドリーミオ|ホームプロジェクター|EMP-TW1000|Opti Focus|エプソン
ドリーミオ|ホームプロジェクター|EMP-TW700|設置性|エプソン
AV Watch:エプソン、実売35万円のフルHD液晶プロジェクタ
  -HDMI 1.3対応。新開発の光学2.1倍ズームレンズ搭載

ITmedia +D LifeStyle:エプソン、実売35万円の
  フルHDプロジェクター「EMP-TW1000」

AV Watch:エプソン、コントラスト1万:1の720p液晶プロジェクタ
  -フルHDモデルと同じ光学2.1倍ズームレンズ搭載


楽天市場 「EMP-TW1000」検索結果
楽天市場 「EMP-TW700」検索結果

[ 2006/10/12 00:50 ] ホームシアター | TB(0) | CM(3)

橋本忍 『複眼の映像 私と黒澤明』

先日、アマゾンで久々に映画本を物色していたところ
日本を代表する映画脚本家・橋本忍の著作を発見しました!
すかさずクリックし、村井淳志氏著の「脚本家・橋本忍の世界」
も一緒に注文して、続けざまに一気に読み終えました。

「複眼の映像」は、齢90歳に届こうという橋本忍氏自身が
今年になって書き上げた、自伝ともシナリオ論とも遺言とも
受け取れる、非常に内容の濃いものでした。

氏には単独で執筆した、『真昼の暗黒』、『張込み』、
『ゼロの焦点』、『切腹』、『霧の旗』、『上意討ち』、
『白い巨塔』、『日本のいちばん長い日』、『日本沈没』
などの名作がありますが、副題に「私と黒澤明」とあるように、
話題の中心は、黒澤明との出逢いから、
「羅生門」、「生きる」、「七人の侍」における
黒澤、小国英雄氏との共同脚本の執筆作業と
その後の黒澤作品の脚本についての考察となっています。
その他のご自分の作品については『砂の器』と『八甲田山』
について少々と、現在ではカルト視されている晩年の失敗作
『幻の湖』についての記述がある程度で、
脚本家・橋本忍の純粋なファンにとっては、
ちょっと物足りない内容かもしれません。
しかし、黒澤好きにとってはかけがえの無い、
貴重な証言集といっていいでしょう。

クロサワ本は腐るほど持っていますので、
黒澤作品における、複数の脚本家の競作による
シナリオ執筆の過程に関しては、黒澤監督自身や
関係者による証言、研究者の評論などを読んで
ある程度の知識は持っていました。
しかし、黒澤組の脚本家の中で最後の生存者となった
橋本氏自身が語るその内情は、目からウロコの連続で
新鮮な驚きと新たな発見がありました。
黒澤ファン、邦画ファンには必読の書だと思います。


脚本家・橋本忍の世界 村井淳志著
複眼の映像 私と黒澤明 橋本忍著
[ 2006/10/09 07:32 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

たまには映画ブログらしく…

ジャンル「映画」に所属するブログでありながら、
最近まったく映画のことを書いていないような気が…。(汗)
買ったDVDはほとんどw観ているのですが、
劇場には『日本沈没』以来、行っていませんしねぇ…。
ホームシアターを始めてからと云うもの
劇場公開の新作はもっぱら輸入盤や国内盤で観る
というスタイルになってしまっています。

という訳で、唐突ですがw、
5月から9月末までに購入した映画DVDを
作品のクオリティ・画質・音質の総合点で
一気に評価してみたいと思います。
★が20点、☆が10点の100点満点で行きます。
[ 2006/10/01 10:31 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。