Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2006 051234567891011121314151617181920212223242526272829302006 07
HOME > アーカイブ - 2006年06月

部屋の広さとホームシアターの関係

カカクの口コミ掲示板で、
「20畳のリビングで160インチのスクリーンを使っているが
 プロジェクタをXV-Z3000に買い換えたところ色割れが目に付く」
という質問へのレスを書いたのですが、
部屋の広さとホームシアターの関係について
こちらを訪れているAV初心者の方にも参考になる話かな
と思ったので、加筆・修正の上、転載しておきます。

==========================

20畳で160インチですか…。
その程度の部屋でもお一人かご家族数人程度で
ご覧になるのでしたら、やはり100インチから120インチくらいが
最適なサイズではないかと思うのですが…。
と言いますのも、AVという位ですので
ヴィジュアル面だけでなく、オーディオ機器、
その中でもスピーカーとの兼ね合いがありますからね。


160インチと合わせるとなると、フロントの2Chは
少なくともある程度の大きさのフロアスピーカーを
かなりの大音量で鳴らさないと音の中抜けが起こると思います。
※ここで云っている音の中抜けとは、スピーカー間の音場が
 薄くなることを意味しています。
 例えば、3mの間隔で設計されているスピーカーを
 6mの間隔で設置した場合などに起こります。
 特に小音量で聴いている時には顕著になります。
その上、、センタースピーカーは必須ですし、
やはりかなりのサイズとパワーが必要です。
もちろん、それに伴い、アンプ側にもそれなりの高級機が
必要になります。
スポンサーサイト



[ 2006/06/25 19:10 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)