Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2006 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 06
HOME > アーカイブ - 2006年05月

尾道紀行 その三

昨年末にWOWOWが「転校生」をハイビジョン放送し
久々に観ておりましたので、どうしても「転校生」関連の
ロケ地を中心に巡る形になりました。

「転校生」に登場した一夫の通学路

※「転校生」に登場した一夫の通学路

「時をかける少女」に登場した艮(うしとら)神社にある樫の御神木

※「時をかける少女」に登場した艮(うしとら)神社にある
 樫の御神木


「転校生」での印象的なシーンといえば、
主人公の一夫と一美の魂が入れ替わる場面でしょう。
そのキッカケとなった階段は「御袖天満宮」にありました。

「転校生」のロケ地、「御袖天満宮」の鳥居

「転校生」の主人公二人の魂が入れ替わる「御袖天満宮」の階段

人気のない境内では、大木の葉が風にそよぐ音と
吊るされた絵馬が風に煽られて小さくカチカチ鳴る音
だけが響いていて、なかなか不思議な雰囲気がありました。


「尾道は坂の町」とはよく聞きますが、
幅1m程度の坂道がこの町では立派な生活道路になっています。
急な斜面にまで民家が林立しているのですが、
車どころかバイクも通えないような場所に、
どうやって資材を上げて家を建てるのか、
門外漢の僕には見当もつきませんでした。

細い路地と坂道ばかりで、徒歩での移動はとても疲れますし、
土地勘のまったくない僕のような遠来の観光客にとっては、
まるで町自体が迷路のようでした。(苦笑)
スポンサーサイト



[ 2006/05/07 01:14 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

尾道紀行 その二

尾道に着くと、目の前の尾道水道を挟んだすぐ対岸の島
「向島」の「日立造船向島西工場」内に保存され
期間限定で一般公開されている「男たちの大和/YAMATO」
の戦艦大和の実物大ロケセットを見学しに行きました。

尾道観光協会/大和ロケセット
尾道市・大和ロケセット


YAMATO浮上! -ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』-
男たちの大和 / YAMATO(08/04発売・通常版1枚組)
男たちの大和/YAMATO 限定版(08/04発売・3枚組)


当初は、2005年7月17日(日)から2006年3月31日(金)
までの期間での公開予定だったそうですが、あまりの人気に
奇しくも本日、5月7日(日)まで公開が延期されたそうです。
期限が迫ったこのGW中は、あまりの混雑に入場制限がかかり、
なんと4時間持ちの状態なのだとか。
僕が行った時もかなりの混雑で人気の高さが窺えましたが、
それでもさほど待つこともなく、結構スムーズに見て周れました。

駅前の渡し船。バイクと人間専用

まずは駅前の渡し船(渡し賃は100円也)に乗って、
5分程度で「日立造船向島西工場」の入口近くの渡し場まで行き、
入口で500円の入場料を払うと、無料のピストンバスで
大和ロケセットの前まで送迎してもらいました。

菊の御紋が入った大和の船首の前には、
数人のスタッフが待機しており、観光客の手持ちのカメラで
記念写真を撮ってくれるサービスを行っていました。
最もその時、スタッフも自前のデジカメで観光客を撮影し、
あとで希望者に有料記念写真を販売するというカラクリ
になっているのですがw。

実は僕、いまだに「男たちの大和/YAMATO」は未見です。
ただ、実際の半分強の再現とは云え、実物大の戦艦大和は、
やはりなかなかのスケールでした。

大和ロケセット

大和ロケセット
[ 2006/05/07 00:15 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)