Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2006 031234567891011121314151617181920212223242526272829302006 05
HOME > アーカイブ - 2006年04月

今、熊本です

今、熊本の郷土料理を食べてホテルに戻り、
ロビーの無料PCを借りてこれを書いています。

尾道のホテルは急な坂道を登った崖の上にあり、
眺めは最高だったのですが、そこまでの道のりは地獄でした。(苦笑)
その翌日は、曇天の広島を広島城、原爆ドーム、広島平和記念資料館
とブラブラしてから、午後は宮島に向かいました。

宮島の厳島神社の前まで来た時に小雨が降り出し、
電車に乗ってからどんどんひどくなって、
9時過ぎに博多に着いた頃もかなりの降りでした。
しかし、幸い、予約していたホテルは博多駅前でしたので
それほど影響は受けませんでした。


翌日は博多から小倉方面に戻って、大正時代の建物が残る
「門司港レトロ」を観に行きました。
関門海峡は思ったよりずっと狭くて、驚きました。
この時の天候は時折、小雨がパラつく曇天でしたが、
昼に博多に戻って来た頃には、雨は止んでいました。
福岡の街はあまり観光名所もないので、
博多祇園山笠の飾り山笠(山車)が飾ってある「櫛田神社」や
中州、天理、大濠公園(おおほりこうえん)などをブラブラして
過ごしました。定番ですが、お昼には本場の博多長浜ラーメン
を食べましたw。
でも、やはり博多は観光よりもビジネスと夜の街wという感じで
あまり居心地が良くありませんでした。
まあ、滞在中、ずっと曇っていたり、雨が降っていたりしたのと、
旅の疲れか、いくらか風邪気味だったせいもあって
薬を飲んで早めに寝てしまい、結局、
夜の博多の街に一度も出ずに終わってしまったので
なお更、そう感じたのかもしれません…。

翌6日は、早朝に博多を出て、別府経由で湯布院へ。
別府では定番の「地獄めぐり」をしました。
そして湯布院へは、午後に別府駅からバスで入りました。
別府に居た頃は晴天だったのですが、
午後になるにつれ雲が出て来て、湯布院に着いた4時過ぎ頃には
すっかり曇っていました。
ここまではずっとビジネスかカプセルホテルでしたが、
さすがに湯布院では観光ホテルにしました。
値段は倍になりますが、やはり、サービスやお風呂が違いますw。

で、今日は午前10時前に、湯布院から、
阿蘇・熊本観光付の別府・熊本間を走る九州横断バスに乗り、
夕方6時過ぎに熊本のホテルにチェックインしました。
今日は朝から晴天で、満開の桜と由布岳も綺麗に観えましたし、
阿蘇の中岳周辺の観光も最高でした。
なんでも昨日などは、風向きの関係で(火山ガスの危険がある為)
阿蘇山ロープウェーは全面運行停止だったそうです。
つまりピーカンの日に行ったとしても現地(阿蘇中岳)に
着いてみるまで、火口を覗けるのか、分からないという話です。
もちろん、雨の日ですと、霧で何にも見えないそうなので、
僕はとてもラッキーでした。
この阿蘇観光は、今回の旅で一番期待していましたので、
「自称晴れ男」の面目躍如というところですw。

この旅も、残すは、明日から連泊する長崎だけとなりました。
10日の午後2時半に長崎空港から羽田まで空路で戻ります。
家に着くのは午後6時前後でしょうか。

旅に出る前は、こんなに長く旅をして途中で退屈しないかな?
と思っていましたが、この一週間はあっという間でした。
いやぁ~、始まったものは、じきに終わるものですねぇ。


帰宅するまで、もうカキコ出来ないかもしれませんが、
帰ったら、旅の間に撮りためた写真などもご紹介して
旅をふり返りたいと思っております。
それでは、また!
スポンサーサイト



[ 2006/04/07 22:57 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)